鳳凰単叢と大紅袍

最近でも時々見るのが、
鳳凰単叢が大紅袍と言われ売られている現状。
これは、見た目はかなり似ています。
素人の方が見分けるのは相当難しいです。

見分けることが出来れば、
作っている人も面子がなくなってしまいますが・・・。(^^;)

今でこそわかるようになりましたが、
その技術は素晴らしいです。
本物と飲み比べることでわかりますが、
最初はかなり騙されていました。(^^;)

この微妙な差などは、
文章や写真ではお伝えすることが出来ません。
その為、是非私達の店舗へ!(笑)
予約制・CL中国茶館

私達が出来る部分。
そして伝えなければいけない部分。
それは中国茶の真実。

決して、違う物を販売することではありません!(^^;)

私もまだまだ修行の身ですが、
今後とも中国語でのインプットを怠りません。
そして、中国マーケットでの真実を語ります。

もし、購入したお茶が・・・。
という方は、購入したお店に質問すると良いと思います。
販売するというのは、専門家の知識が必要と思っております。
わかりにくい中国茶ですが、少しずつはっきりさせます!

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  ゴミの中のゴミ


中国茶の貿易  次の記事へ →

詳細情報

2006年9月12日 (13:32) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連中国茶・真実

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/190

コメントする




このページの先頭へ