鳳凰単叢のテイスティング

昨日サウジアラビアのバイヤーの方に、
オーダー頂いた鳳凰単叢のテイスティングの嵐です。
当店では、価格で茶葉を探すことも可能です。
原産地の茶農家から何十種類ものサンプルを頂いています。

サウジアラビアでは、
 ・力強い香り
 ・力強い味
上記の2点が重要視されます。

鳳凰単叢は香りと味のバランスが重要です。
見た目である程度のレベルまでは見分けられます。
そして、1口目の舌に触れた瞬間の苦味と甘み。
これで良し悪しをかなり判断できます。

その中でも、
味わいがぐっと舌に残る中級クラス。
香りが柔らかく舞うこれも中級クラス。
茶葉の形は中の中という感じですね。

この茶葉ともう一種類は、
それよりも高級な茶葉でした。
お茶というのは、二つに分けるとわかりやすいです。
高いお茶とそれほど高くないお茶。

まずは、少しずつお茶に慣れていただく所からですね。
皆さん中国茶の起点が違いますので、
少しずつきちんとした知識を紹介する事が大切です。
この辺もHPできちんと紹介していきたいと思います。

本日は、20種類もの単叢をテイスティングして、
お茶酔いの一歩手前です。(^^;)
2種類に絞れたので良かったです。
このお茶がサウジアラビアで淹れられるのですね。
すごくわくわくしてしまいます。(^^)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  中国茶の貿易


様々な可能性を秘める中国貿易  次の記事へ →

詳細情報

2006年9月16日 (13:40) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/192

コメントする




このページの先頭へ