ゴミの中のゴミ

先月の中国茶雑誌に書いてあった記事について。

雑誌にゴミの中のゴミというタイトルです。
何がゴミの中のゴミかと申しますと、
中国のレストランで使っているお茶です。

広州には、2種類のレストランがあります。
1つは、無料のお茶ですね。(日本と同じ感じです。)
2つ目は、1人いくらというお茶です。
(飲茶に行くときは結構多いと思います。)

どちらのお茶もあまり信用できません。(^^;)
という事を中国茶の雑誌で書いてありました。
私もレストランに行くときには、必ずお茶持参です。
レストランのお茶は・・・。

中国茶の雑誌に書かれてしまったので、
今後、少しは変わるかも知れませんが、
何とも言えない。というのが現状でしょう。

中国では、自分の身は自分で守りましょう!
最後に頼れるのは自分だけです。(^^)
是非皆さんお気を付けて!

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  中国語は難しいですか?


鳳凰単叢と大紅袍  次の記事へ →

詳細情報

2006年9月10日 (10:22) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連中国茶・真実

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/189

コメントする




このページの先頭へ