お気に入りの紫砂壺とお別れパート2。

前回の紫砂壺とのお別れより1週間弱。
またお別れとなってしまいました。(^^;)

本日は、日本からお客様がいらっしゃいました。
そして、鉄観音の講座をさせて頂きました。
本来なら鉄観音のみの話しも良かったのですが、
少し幅を広げて安渓のお茶について語りました。

安渓のお茶4種類のお話と、テイスティング。
その中で多く見つけられた中国茶の魅力。
私もすごく楽しい時間を過ごさせて頂きました。(^^)
日本では、受講出来ない内容だったと思います。(^^;)

かなりマニアックな話しでしたが、
真剣に聞いて頂き、本当に本当に謝謝!

「日本の中国茶が飲めなくなってしまった。」
という悲しくて!?嬉しい感想も頂きました。(^^)

中国茶を何時間で語ること。
これは本当に不可能です。
表面的な語ることが出来ますが・・・。
内部を語りたいので。(^^;)

そして、廬先生の作品をお渡しさせて頂きました。
先週に引き続き素晴らしい一目惚れでした。(^^;)
すごく気に入って頂けたので、私も嬉しいです。<
是非是非、大事に育ててください。(^^)

今年の新茶である秋茶と共に、
半年後には素晴らしい香りに染まることでしょう。
私のお気に入りを気に入った方へお渡しする。
まさしく、以茶會友ですね。(^^)

おいしいお茶。
大好きな紫砂壺。
心で感じる味わい。

他には何もいりません。
他には何も求めません。(^^;)

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  仏山にある工場へ


中国茶は名前じゃない  次の記事へ →

詳細情報

2006年10月12日 (16:42) | コメント(0) / カテゴリ:中国ビジネス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/210

コメントする




このページの先頭へ