仏山にある工場へ

以前から取引がある会社より、
オーダーメイドでチタン管を作りたい。
という依頼を受け、工場調査から色々と下準備をしていました。
そして、絞りに絞った工場へ出陣!(^^;)

初めての取引ですので、
びしっとした格好でサンプルを持ちいざ仏山へ。
予め図面を送り、価格を交渉していたので、
それほど大きな問題はないかなと思っていましたが・・・。

仏山のかなり辺鄙な所。
タクシーには案の定断られ、
いつも使っている運び屋さんへ。
(中国の卸売り市場の近くは自家用車でビジネスをしています。)

車で走ること50分弱。
目的地の工場へ到着しました。
工場を経営されている社長さんは若かったです!
ヨーロッパを始め、国内でも有名な工場だそうです。(凄)

チタン管を専門に扱っていますので、
話しがスムーズでした。
私は専門ではないので、用語がわかりませんでした。
専門用語は、本当に難しいです。(日本語でもわかりません。(^^;)

すごく感じの良い社長さんで良かったです。(^^)
1時間弱でオーダーも無事に終わり、
無事にサンプルが出来上がることを祈りながら広州へ戻りました。

中国貿易には大きな壁が2つあると思います。
言葉の壁。 (意志を伝えることの難しさ。)
価格の壁。 (外国人価格ではそれほど安くないです。)

中国貿易でお困りのお客様は、
私達に出来ることがあればお気軽にメール下さい。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  綺麗な満月見ましたか?


お気に入りの紫砂壺とお別れパート2。  次の記事へ →

詳細情報

2006年10月11日 (16:38) | コメント(0) / カテゴリ:中国ビジネス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/209

コメントする




このページの先頭へ