ジャスミン茶と黄金桂

午前中は、日本へジャスミン茶を発送しました。
毎月60kgほど日本のレストランに卸売りをさせて頂いております。
日本で仕入れてしまうとかなり高いですね。(^^;)
中国茶の卸売りなら当店へおまかせください♪
詳しくは→中国茶卸売り

茶葉を発送した後、
広州在住の日本人のお客様がいらっしゃいました。
いつもお越し頂き中国茶をこよなく愛する方です。
今年の新茶・黄金桂を一緒に楽しみました。

まさしく私が飲みたかった黄金桂。
私は、1年を通しても秋の黄金桂が好きです。
秋にとれる茶葉には「秋香」と呼ばれる香り。
甘く、優しく、薄すぎない香りです。

しかも、飲んだ黄金桂は、
今年の秋茶の中で最も優れた茶葉です。
この茶葉は計35kgしかありません。
卸売りや小売りですぐになってしまいそうです。

黄金桂を飲みながら、専門家向け中国茶講座の一部をお話させて頂きました。
タイトルのみの公開ですが・・・
中国茶は淹れ方で茶葉を操ることが可能。
中国茶に秘められる未知なる力が重要。
中国茶を販売するのと楽しむ違い。
同じ茶葉でもおいしさが3倍。

その後、一緒に食事をさせて頂きました。
私の店舗のすぐ隣にある中華料理のレストランです。
客家料理の専門店です。
客家というのは、広東省の北部にある梅県周辺を指します。

広州には、多くのチェーン店がありますので、
是非是非機会があれば行ってみて下さい♪店舗名は「客家王」。
食べなければならない料理は「清dun鳥」という料理です。
蒸した鳥が1羽まるまる出てきます♪

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  広州へ戻りました。


100回広州交易会に参加  次の記事へ →

詳細情報

2006年10月24日 (17:18) | コメント(0) / カテゴリ:中国ビジネス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/222

コメントする




このページの先頭へ