博覧会を終えて

今年の中国茶博覧会も無事に終えることが出来ました。
今年も非常に収穫がありました。(^^)

今年は、2回の博覧会の中でブースを運営しましたが、
広州でも多くの方が緑茶に興味があり、びっくりしました。
広東人の方は、緑茶を飲む文化がほとんどありません。
その為、中国茶市場に良い緑茶がないというのも現状です。

ここ南方の地では、鉄観音とプーアール茶が飲まれています。
広東省のお茶市場でのメインは上記の2種類です。
ただ私達は、日本や他の国にも茶葉を卸していますので、
大陸の色々な茶葉を取り扱っております。

種類を扱うことほど難しい事はないです。
茶葉の種類を増やすという事は知識も何倍に増やさなければいけません。
中国茶の知識については、機会があればお話させて頂きます。m(_ _)m

博覧会は色々な産地のお茶が集まります。
そして、色々な茶葉の情報を集めることが出来ます。
多くの方と知り合いになる事が出来ます。

確かに中国語が出来ないとちょっと不便ですが、
出来なくても充分に楽しめると思います。(^^)
来年も11月に開催されますので、
時間がある方は是非是非広州へいらして下さい♪

来年も私達はブースを運営します。
既に予約金を払いました。(^^;)

深い深い中国茶の世界。
歴史、文化、研究、努力、人間が創り出す茶葉ですが、
大部分はコントロール出来ません。
そんな自然が私達に提供してくれる中国茶。
私達が責任を持って今後とも紹介させて頂きたく思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  中国茶博覧会2日目


雑誌に掲載!?  次の記事へ →

詳細情報

2006年11月27日 (15:30) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/256

コメントする




このページの先頭へ