4大安渓茶

今日は初めてのお客様がいらっしゃいました。
本日は黄金桂を紹介させて頂きました。

黄金桂はマーケットでは、
鉄観音、毛蟹、本山の4種類の安溪茶の1つになっております。

マーケットでは、なかなか黄金桂と言う名前は出てこないのですが、
それは、やはり消費者の方が知識がそれほどないと、
販売側も真実を語りません。(^^;)
悲しい事ですが、事実です・・・。

鉄観音の味、香りと言うのは決まっていますが、
ただ黄金桂、毛蟹、本山と言うお茶になれば、
それぞれ個性も違いますし、
味や香りも、あと後味も大きく異なります。

鉄観音と言うお茶を知って頂ければ、
黄金桂、毛蟹、本山、他のお茶も少しずつ!?
わかって頂けるのではないかなと思います。

評茶員の所で少しお話しさせて頂いたと思いますが、
こういう部分をなるべくしっかりとお客様にお話しする事、
これが私が中国茶を勉強してきてすごく大切だなと思う部分でもあります。

実際、マーケットでは本音を言う方はすごく少ないです。
そんな中で、少しでも多くの日本人の方に、
多くの知識を付けていただければなと思います。

中国人の方に騙されてしまったとか、
そうは思わないで、前回は勉強をさせて頂いたぐらいの気持ちで、
ドンッと構えて、中国茶を楽しんで頂ければなと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  単叢と単叢と単叢?


太平猴魁が好き  次の記事へ →

詳細情報

2007年1月17日 (15:32) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/300

コメントする




このページの先頭へ