サウジアラビアへ

私達が取り扱っていた黄山毛峰ですが、
この度、特級と一級がすべてサウジアラビアへ。
私自身、毎年黄山まで行き、自分の足で厳選した茶葉。
品質には非常に満足している茶葉です。

非常に高く評価して頂き、嬉しいです。
しかし、「嬉しい」と思うのは間違えかもしれません。
「嬉しい」と感じるのではなく「当然」と感じれるように。(^^;)

茶葉の厳選は、本当に多くの等級をテイスティングして選びます。
何種類からのサンプルの中からという訳ではありません。(^^;)
それでは、厳選と言えないと思っています。
自分への絶対的な圧力があってこそ自信へと繋がると信じています。

自分が販売や卸している茶葉が、
「価格的もしくは品質的に優れていなければ私は存在しない。」
といつも肝に銘じております。

私の一生をかけて中国茶と向き合っていきます。
安易な物は扱えませんし扱う意味もありません。
少しずつですが、中国茶の真実を語ります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  祁門紅茶の実力


別れ別れ別れ  次の記事へ →

詳細情報

2007年2月 8日 (17:55) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/309

コメントする




このページの先頭へ