湖南省で生産量が最も多い安化

初めて安化を訪れました。
今までずっと来たかった街の一つ。

多くの茶葉はこの生産地を起点として作られています。
湖南紅茶・金幣・銀幣・安化松針・安化銀毫・千両茶...etc。

ただ、小さい街とネットが発達していないのか、
ネットで検索しても出てくる情報が少なかった。
多くの方が行くのを辞めた方が良いのでは?
と温かいアドバイスを頂きました。

しかし、
決めたら止められない。
行きたいから行く。
私の個人的な意見で決めました。

中国に来たときのようでした。
多くの方が中国に来ることを否定していました。
私は決められた世界で生きることが難しいのかも知れません。

多くの方がわからないから来るのです。
そこにきっと考えもつかない答えがあるかも知れない。
常にこのような気持ちで動いていますし動いてきました。

わかっていたら行きません。
わからないから行くのです。
このように書いたら自己中に感じますが。(^^;)

私も中国語の書籍を数多く読んでいます。
書籍だけの知識だけで満足出来ない。
本の知識を語るだけで納得出来ない。

少しのインプットで、
語る事は誰でも出来ます・・・。
でもこれで満足出来ないので、
毎年広州を離れ自分の足で歩きながら見ます。

私が販売する中国茶の証明を自分でします。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  君山銀針を求め


安化松針との会話  次の記事へ →

詳細情報

2007年4月 6日 (11:42) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/323

コメントする




このページの先頭へ