安化松針との出会い・・・。

湖南省安化に来て、
安化松針を見なければ来た意味がない。

この思いに間違いはなかったようです。
以前、多くの博覧会で目にしてきた「安化松針」
やっと製茶作業を見ることが出来ました。

湖南省十大銘茶に選ばれた実力。
この目でしっかりと見ることが出来ました。

湖南省内でその多くが消費され、
湖南省外に出ることが少ない茶葉。
生産量が年々減り続ける茶葉の一つ。

それは、
国営企業からの切り離し、
企業として再度立ち上げるようです。
その気持ちと情熱に私も共鳴しました。

小さい所から始める。
非常に難しい・・・。
私も経験者ですので胸が痛いほどわかります。

広州販売店の権利を頂きました。
この本物の安化松針が日本及び世界のお客様へ。
湖南省十大銘茶に選ばれた実力をお届けします。

湖南安化県褒家沖茶場の安化松針の実力。
非常に素晴らしいです。
多くの方にこの素晴らしさを届けたい!

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  安化松針との会話


益陽から株洲へ戻る  次の記事へ →

詳細情報

2007年4月 8日 (11:45) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/325

コメントする




このページの先頭へ