景徳鎮茶器と線

景徳鎮には、
多くの高級工芸美術師がいらっしゃいます。
国に認められた技術を持たれている先生方。

職人さんと比べると、
先生達の「線」の繊細さ、
心で感じる事の出来る優しさ。

この素晴らしさを多くの方に伝えたい。
確かに商品として販売するのですが、
商品での角度ではなく、中身を知って頂きたい。
本当に良い物は中国にもたくさんあります。

中国と言えば「偽物」
という概念をお持ちの方もいらっしゃると思います。
ただ、偽物を見分ける力があれば、
偽物という存在は無いに等しいです。

中国茶でも同じ事です。
仕入れている方がわかっているか?
これは非常に重要な事です。
購入する前に質問攻めをしましょう♪

明日から景徳鎮茶器の工場巡りです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  南昌女子職業学校を去り景徳鎮へ


景徳鎮茶器の芸術化  次の記事へ →

詳細情報

2007年4月19日 (10:57) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅2007中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/345

コメントする




このページの先頭へ