中国茶の旅を終えて

今回も多くの事を学びました。

湖南省 ・株洲 ・岳陽 ・安化 ・益陽
湖北省 ・武漢
江西省 ・九江 ・廬山 ・南昌 ・景徳鎮
安徽省 ・黄山 ・猴杭

訪れた都市は上記に記しました。
その街ごとに特徴があり、
お茶の作り方が違い、
まだまだ勉強不足と実感しました。

少しずつになってしまいますが、
お客様に全てお伝え出来るように頑張ります。
本物を守ること。
旅に出ると多くの方が願っておられます。

私も守りたい一人の日本人です。
本物を作られている方達の気持ち。
これも茶葉に乗せられるように努力します。

旅の途中、
多くの方からメールや電話を頂きました。
返信が遅れてしまっているメールも多々あります。
全てに返信をさせて頂きますのでもう少々お待ち下さい。

今年も無事に旅を終え、
「本物を守り抜く」という気持ちが、
毎年のように強くなっているように感じています。

来年も中国茶の旅へ出ます。
来年もご迷惑をおかけしてしまいますので、
この場を借りて先に謝らせて頂きます。m(_ _)m

皆様の中国茶Lifeに、
本物の茶葉をお届けすることを約束致します。

ChineseLife代表責任者:大高勇気

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  太平猴魁と対面


安徽省緑茶set販売開始  次の記事へ →

詳細情報

2007年4月27日 (11:32) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅2007中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/350

コメントする




このページの先頭へ