2007年9月アーカイブ

思い出を振り返る時間。

毎日慌ただしく生きていますが、
そんな時間の中で振り返る事がなかった。
これが昨晩の私の感想です。

4年振りに以前お世話になって方と食事を!
本当に色々な事があって面白かった過去。
その方と会わなかったら考えませんでした。
機会を与えて頂きありがとうございます。

毎日5時間ほどしか寝ていませんが、
その時間の中で思い出すという事がまったくなかった。
いつの間にか仕事に包まれていて抜け出せない。
中国茶の勉強で押しつぶされる毎日。

好きな事を仕事にしていますので、
まったく疲れたり嫌になったりはしません。
楽しんでこれからも勉強をしていきます。
その中で振り返る事も大切なんだ!と気付きました。

日本で活躍をされているのを聞いて安心しました。
これからも大変だとは思いますが、
是非是非頑張って頂きたく思います♪

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2007年9月19日 (09:58) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

多くの事を心から学ぶ。

本日縁があってお二方と会う機会がありました。
日本で海産物を作られている社長と社長夫人です。
店舗までお越し頂いて一緒にお話をさせて頂き、
景徳鎮茶器と中国茶を購入して頂きました。

話しの内容は非常に濃く勉強になりました。
社長さんが今までどれぐらい苦労してきたか。
一つのブランドを立ち上げるのが大変か。

私が歩もうとしている道を歩いた方の意見。
私からすれば涙が出るほど嬉しい話しでした。
方向性を掴んだ事と将来感がしっかりした事。
まだまだ未熟な点ばかりの自分と戦う。

本当に大切な事。
どれだけ心から笑えるかだと思います。
苦しい事はだれでも溢れるほどあるけど、
その多くを笑えるぐらい素晴らしい人間になりたい。

私の出来るところから一歩一歩しっかりと歩きます。
そして多くの方といつか中国茶を語り合いたい。
これから死ぬほど勉強して先ずは学び、
多くの方達に中国茶を伝えていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2007年9月18日 (09:57) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

実家広州に戻ります。

武漢に戻り、
今晩の便で広州へ戻ります。
昼間は武漢のお茶市場を見て回りました。
香港路にある武漢最大のお茶市場を見ました。

鉄観音を売っているお店が意外と多いです。
ふらふらと歩きながら聞いてみると、
皆さん揃って秋茶と仰っていましたが誤りです。

まだ鉄観音の秋茶は上がりません。
見るからに夏茶というのがわかりました。
知識として知るのと見分けるのは少し差があります。
この時期だからと限定する方法もあります。

ただ時期に頼りすぎるのは良くないです。
評茶というのは理由付けが非常に大切です。
己の知っている事が多ければ多いほど良いです。
その為に偽物も本物もしっかりと飲んでいます。

夏茶というのは摘んだばかりは、
味と香りがしっかりとしていますが、
保管に向かない茶葉ですので当店では扱いません。
更に農薬の危険性も含んでいる事もあります。

色が変わった鉄観音も売っていました。
あれにはちょっとびっくりしました・・・。
内陸では仕方ないのかも知れませんが、
鉄観音種の茶葉は非常に少なく本山が大部分でした。

広州ですとここまで酷くないのですが、
武漢のお茶市場はちょっとあからさますぎました。
これからは少しずつ変わってくるかも知れませんね。
以前の広州も似たような物でしたので・・・。(^^;)

何故か鉄観音講座になっています・・・。(^^;)
緑茶を販売している業者が思ったより多くなかったです。
湖北省は緑茶の宝庫でもあるのですがね・・・。
もっと多くの方に湖北省の茶葉を知って頂きたいのに・・・。

すごく嫌だったのが恩施玉露の偽物が多すぎる・・・。
他の産地でも同じと言われればそれほど差はないですが、
名前が非常に有名な茶葉は偽物もどんどん増えます。
皆さん是非気を付けて下さい。

熱乾面を食べて武漢を去れるので、
非常に嬉しい私です。(^_^)v
近日写真で紹介します!

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2007年9月 7日 (09:56) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

三峡ダムへ

三峡ダムという巨大なダムの見学です。
重慶から宜昌までのクルージングの最終地。
ダムの規模は考えられないほどでした・・・。
巨大な湖と言えるほどの大きさ。

以前は洪水などがありましたが、
このダムが作られてから洪水する回数は激減。
1998年の洪水は200年に一度と言われていました。

ただ悪い面も当然あります。
三峡ダムが崩壊してしまうと、
その下流で生活されている土地の大部分が水に埋まります。
落差が100m以上ありますので恐るべき水量です。

皆さんと一緒に頂く最後の食事です。
9月3日からのわずか3日間でしたが、
すごく多くの思い出が出来ました。
皆様へ心から感謝申し上げます。

皆様へ一言
通訳としてのレベルが低く、
わかりにくい部分もあったと思います。
本当に申し訳ありません。

中国に住んでいるという事に甘えず、
きちんと中国語を勉強します。
そして次回中国でお会いした際には、
レベルが上がった中国語で通訳をさせて頂きます!

お体には気を付けて頂き、
皆様に多くの幸せが舞い降りるように、
心からお祈り申し上げます。

そしてこのような機会を与えて頂き、
本当に本当にありがとうございます。
今後とも全ての事に多大なる努力を致します。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2007年9月 6日 (09:54) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

三国志の土地「荊州」へ

朝早い時間よりバスに乗り、
荊州を目指します。(^^)
荊州はネットで見たのですが、
城壁に囲まれている街だそうです。
ずっと行ってみたい土地でした!

到着すると、
心の中で感動していました。
本当に城壁が残っている・・・。
そして心の中に・・・。

住みたい!!!

今回住みたいと思ったのは私だけだと思います。(笑)
コロコロとそんな事を考えています。m(_ _)m

昼食も素晴らしい郷土料理を頂き、
胸も心も一杯になり博物館見学へ!
その後、綺麗な形の残る、
ミイラを見て・・・ちょっとブルーに・・・。(^^;)

ここまで綺麗なミイラは見たことがなかったです。
ミイラに興味のある方は荊州の博物館へどうぞ♪
きっと素晴らしい出会いがあると思います。(^_^)v

次に宜昌を目指します。
宜昌も行きたかった場所の一つ!
そうなんです。
基本的にどこでも行きたい人間なんです。m(_ _)m

宜昌のレストランでもすごい歓迎を受けます。
今回は湖北省料理協会の皆様に、
多大なる歓迎をして頂き本当に嬉しかったです。
料理を通じての交流は非常に深いです。

日本と中国の友好にも、
多大なる貢献をされている両協会。
表面だけではない心からの交流。
今後も更に良い関係が築けますように。m(_ _)m

今晩が皆様と一緒に出来る食事です。
短い期間でしたが皆さんと色々話しをさせて頂き、
非常に多くの事を学ばせて頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。

特に中国語の重要さを痛感しました。
通訳というのはお互いの言葉ではなく、
気持ちを繋ぐ仕事だと感じる事が出来たからです。
表面的な部分にこだわってきた自分が恥ずかしい。

今後はより自分に厳しく、
何事も勉強することを心に誓います。
私の出来る限界をぐっと上げる努力をします。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2007年9月 5日 (09:52) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

湖北省武漢を散策

本日は観光の一日となります。
午前中に東湖と黄鶴楼を見ました。
東湖は都市の中にある湖では最も大きいそうです。
東湖公園の中はゆったりとした時間が流れていました。

中国の公園を見ると、
共通して思うのですが、
非常にゆったりとした時間が流れ、
心がすーっと落ち着く間隔を覚えます。

黄鶴楼は初めて行きましたが、
伝説が非常に良いですね。(^^)
鶴に乗る仙人というので問題が解けました。

建物は一番上が工事中でちょっと残念でしたが、
作りは岳陽楼よりも良かったと思います。(^^;)
伝統や歴史はしっかりと守って頂きたいですね。

昼は廬先生のレストランで食事をしました。
中国でも十人の中の一人に数えられる大師です。
貴重な湖北料理を頂きました。
味がしっかりとしていておいしかったです。

午後からは赤壁に行きました。
三国志で深くその名を刻んだ赤壁ですが、
見てその当時の事を想像するとゾクッとしました。
多くの方の命がなくなった戦ですので・・・。

夕食の時間が少し遅れてしまい、
9時頃にスタートとなってしまいました。
皆さんお疲れ様でした。m(_ _)m

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2007年9月 4日 (09:50) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

湖北省武漢天河空港に到着!

お昼のフライトで湖北省武漢へ。
初めて乗る超ミニの飛行機。
1列の座席数が3人です。
雰囲気はミニバスみたいな感じです。(^^;)

ちょっと不安でしたが、
離陸した時には全然大丈夫と実感。
無事に湖北省武漢に到着しました。
バスで市内まで移動しました。

ホテルに到着すると、
4月に武漢から廬山に移動するバス乗り場の目の前。(^^;)
これには正直びっくりしました。

武漢は水の多い街。
これが前回の感想でしたが、
飛行機に乗って更に実感しました。
水の多い場所にはおいしいお茶が採れます。(^^;)
※武漢ではお茶は作られていません。m(_ _)m

すぐにお茶の事を考えるクセが・・・。
職業病のようになっていますが、
中国茶は大好きですのでお許しを。m(_ _)m

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2007年9月 3日 (15:16) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

スペインチームと対戦

今回は日本人サッカーチーム始まって以来の、
ヨーロッパチームとの対戦でした。
スペインチームですが強いチームでした。

まずは体格が違います。
背の高さと足の長さがズルイです。(^^;)
いつもの雰囲気で蹴っていると、
簡単にカットされてしまいます。

今までサッカーをしてきて、
ここまで身長差を感じた事がなかったです。
相手に合わせる戦い方が重要な事を実感しました。

スペインチームは、
個人技とロングシュートが得意なチームでした。
ドリブルでどんどん勝負してくる男らしいサッカー。

これから日本人サッカーチームも、
チームプレーを増やして強いチームにも勝てるように、
頑張っていこうと思いました。
試合は同点でした。(^^)

明日から湖北省武漢です。日本中国料理協会の研修視察旅行に私も参加します。
個人的に大好きな街「武漢」を楽しんできます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2007年9月 2日 (15:09) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

このページの先頭へ