三国志の土地「荊州」へ

朝早い時間よりバスに乗り、
荊州を目指します。(^^)
荊州はネットで見たのですが、
城壁に囲まれている街だそうです。
ずっと行ってみたい土地でした!

到着すると、
心の中で感動していました。
本当に城壁が残っている・・・。
そして心の中に・・・。

住みたい!!!

今回住みたいと思ったのは私だけだと思います。(笑)
コロコロとそんな事を考えています。m(_ _)m

昼食も素晴らしい郷土料理を頂き、
胸も心も一杯になり博物館見学へ!
その後、綺麗な形の残る、
ミイラを見て・・・ちょっとブルーに・・・。(^^;)

ここまで綺麗なミイラは見たことがなかったです。
ミイラに興味のある方は荊州の博物館へどうぞ♪
きっと素晴らしい出会いがあると思います。(^_^)v

次に宜昌を目指します。
宜昌も行きたかった場所の一つ!
そうなんです。
基本的にどこでも行きたい人間なんです。m(_ _)m

宜昌のレストランでもすごい歓迎を受けます。
今回は湖北省料理協会の皆様に、
多大なる歓迎をして頂き本当に嬉しかったです。
料理を通じての交流は非常に深いです。

日本と中国の友好にも、
多大なる貢献をされている両協会。
表面だけではない心からの交流。
今後も更に良い関係が築けますように。m(_ _)m

今晩が皆様と一緒に出来る食事です。
短い期間でしたが皆さんと色々話しをさせて頂き、
非常に多くの事を学ばせて頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。

特に中国語の重要さを痛感しました。
通訳というのはお互いの言葉ではなく、
気持ちを繋ぐ仕事だと感じる事が出来たからです。
表面的な部分にこだわってきた自分が恥ずかしい。

今後はより自分に厳しく、
何事も勉強することを心に誓います。
私の出来る限界をぐっと上げる努力をします。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  湖北省武漢を散策


三峡ダムへ  次の記事へ →

詳細情報

2007年9月 5日 (09:52) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/368

コメントする




このページの先頭へ