実家広州に戻ります。

武漢に戻り、
今晩の便で広州へ戻ります。
昼間は武漢のお茶市場を見て回りました。
香港路にある武漢最大のお茶市場を見ました。

鉄観音を売っているお店が意外と多いです。
ふらふらと歩きながら聞いてみると、
皆さん揃って秋茶と仰っていましたが誤りです。

まだ鉄観音の秋茶は上がりません。
見るからに夏茶というのがわかりました。
知識として知るのと見分けるのは少し差があります。
この時期だからと限定する方法もあります。

ただ時期に頼りすぎるのは良くないです。
評茶というのは理由付けが非常に大切です。
己の知っている事が多ければ多いほど良いです。
その為に偽物も本物もしっかりと飲んでいます。

夏茶というのは摘んだばかりは、
味と香りがしっかりとしていますが、
保管に向かない茶葉ですので当店では扱いません。
更に農薬の危険性も含んでいる事もあります。

色が変わった鉄観音も売っていました。
あれにはちょっとびっくりしました・・・。
内陸では仕方ないのかも知れませんが、
鉄観音種の茶葉は非常に少なく本山が大部分でした。

広州ですとここまで酷くないのですが、
武漢のお茶市場はちょっとあからさますぎました。
これからは少しずつ変わってくるかも知れませんね。
以前の広州も似たような物でしたので・・・。(^^;)

何故か鉄観音講座になっています・・・。(^^;)
緑茶を販売している業者が思ったより多くなかったです。
湖北省は緑茶の宝庫でもあるのですがね・・・。
もっと多くの方に湖北省の茶葉を知って頂きたいのに・・・。

すごく嫌だったのが恩施玉露の偽物が多すぎる・・・。
他の産地でも同じと言われればそれほど差はないですが、
名前が非常に有名な茶葉は偽物もどんどん増えます。
皆さん是非気を付けて下さい。

熱乾面を食べて武漢を去れるので、
非常に嬉しい私です。(^_^)v
近日写真で紹介します!

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  三峡ダムへ


多くの事を心から学ぶ。  次の記事へ →

詳細情報

2007年9月 7日 (09:56) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/370

コメントする




このページの先頭へ