中国でも勝負できるセンス。

以前、李先生と一緒にいらっしゃった、
林先生という方がいらっしゃいます。
広州で最高級の場所に住み、
莫大な量の骨董と紫砂壺を持たれている方です。

中国茶の事で相談があると電話があり、
夜な夜な店舗にいらっしゃいました。
重要な事と聞きどきどきしていたのですが、
かなり予想外の事でした。(^^;)

2008年に広州市内4ヶ所で、
お茶屋を展開するそうです。
すでに場所も決まったそうです。
やることが大胆で格好良いですね。(^^)

中国茶文化と歴史を伝えたいと、
仰っていたので(以前から)話しを聞くのは大好きだったのですが、
話しの流れがどんどんと私のほうに流れてきました。(^^;)

林先生は鉄観音の淹れ方などを熟知していて、
私も多くの事を学ばせて頂き尊敬しております。
やっと切り出してきた本題はなんと・・・。


店舗管理、スタッフ教育の2点。
(4店舗全てのです・・・。)

現段階でも、
3つの連載、店舗の管理、HPの管理、卸売りの管理、
教科書の翻訳・制作、書類の作成、サンプルの試飲。

更に、
仕事を背負ったら・・・寝れません。(^^;)
丁重にお断りさせて頂きましたが、
「中国でも勝負できるセンス」と褒めて頂きました。
そのセンスをより磨くために今後も頑張ります!

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  動画を違う形でupしました


仕事に潰され・・・。  次の記事へ →

詳細情報

2007年12月29日 (10:45) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/393

コメントする




このページの先頭へ