開幕式

朝食後、会場に移動するバスに乗り、
第十回国際茶文化研討会の開幕式の会場へ。
今回は有名な先生方が参加している大きな催しですので、
貴重な話などが多く聞けるのでは?と期待しています。

盛大な開幕式が終わり、
陳文華教授が出演された「中国茶謡」を見ました。
中国茶文化をこのような芝居形式で行った初めての作品。
見ている方も全体的にわかりやすい内容だったと思います。

中国でこのような芝居が流行すると、
中国茶にとっては素晴らしい事だと思いますが、
かなり大掛かりな内容なのでちょっと難しいかも・・・。
ただ中国茶にとっては必要な事だと思います。

その後、食事をホテルでとり、
午後は陸羽閣の開幕式に行きました。
素晴らしい建物が建っていてびっくりしました。(^^;)
有名な先生方が挨拶を行った後、見学をしました。

見た目が立派ですが、中身はもっと立派でした。
今まで多くの産地や博物館や名所を訪れていますが、
中国で最も欠けている物。「実感出来ない。」
話や写真だけでどのようにつくられるかというのはわからない。

今回のこの陸羽閣はその工程が全てわかるようになっている。
これを考案された方達は中国茶を理解していると思います。
中国茶を作るというのは簡単ではないという事もわかり、
本当の意味を伝える事が出来ると思います。

立地的には少し不便な所にありますが、
もし機会があれば訪れていただければと思います。

夜は中国茶の映画が初公開されました。
中国茶聖「陸羽」をテーマにした映画ですが、
わかりやすい内容で幅広く楽しめる映画でした。
中国茶の突破口を開いてくれると嬉しいです。

その後、日本で頑張られている方と話をさせて頂きました。
日本では色々と苦労もあり四苦八苦していましたが、
少しずつ良くなっていると聞き、ホッとしました。
中国に入り浸りなので日本の情報を入手しました。
中国茶がより多くの方に飲んで頂けるように頑張りたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  浙江省長興に到着しました。


中国国際茶文化研究会設立15周年  次の記事へ →

詳細情報

2008年5月28日 (11:48) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/411

コメントする




このページの先頭へ