紫砂壺の真髄

紫砂壺を作る全行程を見せて頂きました。
安い紫砂壺は型に流して作りますが、
良い紫砂壺は必ず全て手作りとなります。
その全てを見させて頂きました。

紫砂壺の工程をしっかりと紹介する為、
朝から万全の準備を整えて撮影に挑みました。
作業は順調に進み、昼食で少し休憩しましたが、
その後すぐに作業を始めて頂き6時間ほどで完成。

思ったより早い出来映えで良かったです。
夕方の飛行機で湖南省に移動しますので、
少し時間に余裕がありましたので先生に全てオーダーしました。
私達のオリジナルとなりますので紫砂壺の底に「竹清堂」と入ります。

もう一人の鄒先生とも話をさせて頂き、
オーダーの内容は完璧です!
後は出来上がりを待つのみとなりました。
店舗では先生の魂が込められた作品を飾ります。

劉先生と鄒先生に空港まで送って頂きました。
先生に質問した最後の内容を下記に記載します。

劉先生が最も嬉しい瞬間は?
「窯から自分の理想通りの紫砂壺が焼けた達成感」
劉先生の紫砂壺作りの信念とも言えるほどの言葉です。
これから先生の紫砂壺を多くの方に紹介させて頂きます!

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  紫砂壺の「窯」見学


ビザの申請で一路湖南省へ  次の記事へ →

詳細情報

2008年6月 1日 (12:01) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/416

コメントする




このページの先頭へ