広州茶博覧会

本日早朝に以前お世話になった先生から、
電話があり今日は博覧会に参加するから来ないか?
という電話を頂き、顔を出さなければならないという使命感。(^^;)
スタッフと共にビデオとカメラを持ちながら会場へ。

会場には9時過ぎに到着しましたが、
まだそれほど人が来ていませんでした。
そして茶藝表演の試合会場に行くと9時から始まっていました。
少し出遅れた感じはしましたが、すぐにビデオをセット。

その後、声をかけて頂いた先生と近況などを話し、
茶藝講座の事や茶藝師試験の事も色々と話し合いました。
しっかり茶藝師という国家資格が守られる事を願っています。
だからこそ教材や練習などに拘り続けてきました。
そしてこれからも変わらず拘っていくと思います。

その後、色々な場所を写真を撮りながら、ふらふらと歩いていると、今回は色々な場所から招待しています。
四川省や台湾や潮州や広東省など場所毎に分かれているのが印象的。
このように広州では見かけない茶葉というのは面白いですね。
台湾茶のコーナーで本物の台湾茶は質も良いですが価格も良い。(^^;)

参加されている方達が値段交渉をしながら、
茶葉を選んでいるのを隣で見ていたのですが、
中国の方達もそれほど知識がないようで少し押され気味でした。
ただ価格が値札の1/5ぐらいになっていたことに驚きました。(^^;)

ほとんどのブースを見て、お昼に店舗に戻りました。
来年機会があればChineseLifeも参加したいな・・・。
という野望を持ち、講師の二人に聞いてみたいと・・・。(^^;)
来年はChineseLifeで茶藝コンクールを企画したいと思います。

来週末の茶藝師試験に向けて最後の準備を完璧にします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  日本代表チームが世界大会で闘う


キッズサッカーで感じた事  次の記事へ →

詳細情報

2008年11月22日 (14:26) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/439

コメントする




このページの先頭へ