2008年12月アーカイブ

試験と復習のフォトギャラリー完成vol.2



12月6日・復習。7日・試験の方々のフォトギャラリー完成
復習の日と試験の日の2枚を作成しました。
プライベートな部分が多々含まれますので、
受験生の方達のみにアドレスとパスワードを送りました。
中国広州CL中国茶館右のメニューです。

前回よりもスムーズに進行出来たと思います。
各自の仕事をきちんと書き出し落とすことも非常に重要ですね。
次回はよりスムーズに進むように努力いたします!

受験者の方々は雄姿をご覧下さい!
次回よりもはっきりとした写真を2枚公開します。
私が教えられることは何でも教えます!(^^)

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2008年12月 9日 (14:55) | コメント(0) / カテゴリ:カテゴリ

第二期の受験生の試験

私が二回目なので少しずつ慣れてきました。(^^;)
受験生の方達は試験というのは非常に緊張していましたが、
1回目の方達よりも緊張している感じがしませんでした。

試験官の先生は現在の中国茶藝界でも有名な先生。
茶藝へのセンスが溢れんばかりの印象を与える先生。
茶藝というのは一つの芸術であり、
動作が出来れば合格というような機械的な物ではない。
動作や表情に「感覚」がなければ試験では高く評価されない。

動作は誰でも練習すれば出来ます。
どれぐらい綺麗か?というのは、
ただ練習するだけでは決して出来ないと思います。
きちんとした講師が的確にアドバイスをする事が重要でしょう。

試験官の先生からの評価、
・先週と今週の表演を見ているが非常に綺麗ですね。
・養成施設で何日かの授業をした学生とは基礎が違う。
・表情が固いが動きや全体の流れを良く把握している。
・こんなに綺麗な表演が出来るのだから自信を持とう。
・時間をかけてじっくりという授業スタイルがプラス。

マイナスの評価、
・表情が固い。
・自信がない。

プラス評価の断然に多くて嬉しいChineseLifeスタッフ。
今後は二つのマイナス評価をプラスに変えるのが私達の使命。
授業中に私が急に参加するなどの方法を採用する可能性大。(^^;)
もっともっと楽しみながら茶藝を行いましょう♪

今回の受験生の方達お疲れ様でした。m(_ _)m
復習をする良い機会だったと思います。
これからも是非是非是非練習して下さい!

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2008年12月 7日 (14:53) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

第二期の受験生の復習授業

前回は午前:実技、午後:学科という予定でしたが、
今回は午前:学科、午後:実技という予定に変更しました。
一度通して表演を行いますので、講師の時間調整が手配出来ました。
私と試験官の先生が細かい部分を注意するという形です。

試験官の方や私が色々な注意をしていたのですが、
多くの方から授業と違うというイメージを与えてしまったかも知れません。
初級茶藝師の試験では言葉と動きが重要視されています。
これは今後ビデオでお伝えしようかなと思っています。

私と試験官の先生の希望が込められたアドバイスです。
初級ではどちらでも良いという表現が多々あります。
これは曖昧という訳ではございません。
茶藝は生きていて固定された物を勉強する訳ではございません。

もし茶道具が一つ欠けていたら「出来ない」と仰る方が多いと思いますが、
表演というのは与えられた条件下で行うのも試験では重要視されます。
茶器を取り忘れてしまったらどうしよう?という事も能力の一つです。
全ては臨機応変に行うという事が大前提である事をご理解下さい。

茶葉の大きさによってお茶の淹れ方が変わります。
茶葉を見分ける力があるか?
茶器を選ぶ力があるか?
淹れたお茶の味わいが良いか?

試験官が見ているポイントというのは非常に多いのです。
形が出来ていれば良いというのは初級の考え方であり、
中級、高級と進むに連れ「美観」というのが問われます。
同じ動作でもより綺麗にというのが要求となります。

その為、復習の時により良い方法を紹介しています。
より綺麗な動作を知って頂き、上を目指して頂きたいという願い。
この願いが受験生の誤解を招いてしまう事になったかも知れない。
しかし私達の強い願いがいや強すぎる願いが口を動かしています。
ChineseLifeで行う事は中途半端では決して満足しないという決意。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2008年12月 6日 (14:51) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

久しぶりの再会

かつてお世話になった先生と、
同期の高級評茶員の友達が店舗にいらっしゃり、
近況などを色々と話していました。
みんな元気なようで良かったです。

一人の友達の家に行くことになり、
久しぶりの外出となります。(^^;)
家に到着次第お茶の道具を用意してお茶会開始。
家には山のように大紅袍、プーアル茶がありました。

私達以外は3人の社長と1人の取締役。
話の内容もビジネスに傾くのは当然かも知れません。(^^;)
お茶の値段をどんどんと評価していくサバイバル評茶会。
皆さん産地を歩いているので細かい部分まで話すのが面白い。

それぞれ道は全然違いますが、
お茶と付き合う姿勢というのは同じであり、
中国茶への思いを聞くのが非常に面白かったです。
今年は集まれないけど来年また一緒にお茶を飲もうと。

その場で決めた事が2つ。
・大高勇気的中国茶講座を開く事。
・来年の私の目標は古琴を学ぶことを決めました。
 中国の文化を理解する上では必要な事と決心。

今年最後の目標として、
大高勇気的中国茶分享会を開講します!
案内は中国広州CL中国茶館メルマガで送ります。
必要な方は登録して頂ければと思います。
登録は→中国広州CL中国茶館メルマガ←こちらから!

中国茶を知る人間が中から話す中国茶。
きっと色々な発見があると思います!
中身のある内容を皆さんと分かち合いたいと考えていますので、
定員の設定が最大で8名とさせて頂きます。

中国茶のビジネスをしている人間が話したがらない事、
私が伝えなければならない事も多々あると感じております。
一人の総経理としてまた一人の茶人として講座を行います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2008年12月 5日 (14:50) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

試験と復習のフォトギャラリー完成vol.1



ずっとこつこつと作成していたフォトギャラリー。
復習の日と試験の日の2枚を作成しました。
プライベートな部分が多々含まれますので、
受験生の方達のみにアドレスとパスワードを送りました。
中国広州CL中国茶館右のメニューです。

ChineseLifeも初めての事でしたので、
至らない点もありご迷惑をおかけしました。
今後はよりスムーズな運営が出来るように努力します。

試験を受験された方達はご自分の雄姿をご覧下さい!(^^)
受験者の方以外の方達は見ることが出来ません。
私が話をしている写真を2枚ほど貼り付けます。
雰囲気だけでもわかって頂ければと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2008年12月 4日 (14:48) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

このページの先頭へ