2009年2月アーカイブ

初級茶藝師試験・補講

本日は明日行われる試験の補講になります。
実際授業中にお話し出来なかった部分や、
もう少し詳しい部分までお話しするのが補講になります。
茶藝師の試験ですので偏った知識はいけません。

基本的には初級茶藝師であれば、
初級の知識の内容、初級で求められる表演の綺麗さ、
手法、表現の仕方など、確実に学びます。

多くの方達と共有させて頂き非常に勉強になります。
やはり授業と試験は差があり、その差をどのように埋めて行くか、
試験の時にどのような表現をすればベストなのか、
具体的にこの土曜日の補講でお伝えしております。

講座と試験では求められているものが違います。
今回、午前中に学科、午後に実技の講習を行わせて頂きましたが、
みなさん素晴らしい出来映えで私がびっくりしました。
その中で少しだけ出来ていない部分や、
もう少し改善すればよりよくなるという点も少しございました。

このような点というのは順序を覚えるのと、
表演を綺麗に見せるのと2つの概念となります。
話したい気持ちと話せない気持ちが行き来します。
明日の試験、みなさん頑張って下さい。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年2月21日 (15:09) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

紅茶の大高勇気的中国茶分享会

今日は中国紅茶の私の講座がございました。
2つの等級をこちらで用意させていただき、
それをテイスティングする形で、
よいものはどういう味がするのか、
少しランクが落ちるものがどういう味がするのか。
を飲み比べて頂き、実際に感じて頂く事を重要視しています。

私がどんなに口で、
これがいいんです。
あれがいいんです。
これはだめなんです。
と言っても飲まないと実感として残りません。

そのため分享会では飲むということを重要視しながら、
多くの方と素晴らしいお茶を共有出来ればなと思います。
中国の中でも紅茶は色々な等級があり、
その中でいろいろな歴史や文化がございます。

こういうものも分享会を通して多くの方々に伝えて行ければなと思います。
これからもいろいろなお茶についての講座をしていきますので、
よろしければご参加下さい。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


詳細情報

2009年2月20日 (15:07) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

このページの先頭へ