二〇〇九年中国茶之旅:浙江省・虎pao泉に辿り着く

杭州に夜中の1時に到着しました。
市内へのバスがまだありましたので、
バスに乗り市内へ移動しました。
夜中の移動は初めてでしたので少し不安。

そんな不安が的中してしまいました。
今日は金曜日の夜。ホテルが空いていない・・・。
まったく考えていなかった問題にぶつかり悩む。
でも何とかなるだろうとタクシーに乗りホテル回り。

聞いたホテルだけでも30件は越えると思います。
それでも空いている所がないので、
タクシーのドライバーが友達に聞いてみると・・・。
少し値段は高いですが、空いていたので仕方なく泊まる事に。

何時間かしか寝ないのだけど・・・。
寝るところがなければ寝れないので仕方ないですね。
そして朝から連載の記事を書いています。
実は締切間近でかなり・・・。担当者の方申し訳ございません。

そして宿泊先へまず移動します。
半年ぶりの杭州です。いつもバタバタなのですが、
今回は少し色々な場所を見れるかな?と考えています。
ホテルは虎pao泉のすぐ側にあります。

市内ではなく山の中で泊まりたかったので・・・。(^^;)
そして虎pao泉を見に行きました。
自然に覆われた場所にある素晴らしい環境。
天下第三泉に指定された中国でも有名な泉です。

中には建物がたくさんあり観光も出来ます。
弘一法師が出家したお寺でもありますので、
記念館などがあり多くの事を学ばせて頂きました。
そして虎pao泉に辿り着きました。

井戸を密封している為、中に水滴があり見えにくいです。
よ〜く見ると、しっかりボコボコと湧いているのが見えます。
その横には虎pao泉の水が用意されていて、
コインが浮かぶかを試すことが出来ます。(中級講座とほぼ同じ)

その横にお茶を楽しむスペースがあります。
虎pao泉の水で飲める唯一の喫茶スペースです。
建物と雰囲気が非常に良く「羨ましい」という気持ちで一杯。
この環境で茶藝館が出来たら本望である。と独り言。

中国では観光地では色々な販売を行います。
お茶やカップや記念品などを大声で売ります。
話している内容が虎pao泉の由来や長所や楽しみ方・・・
などだったらどれだけの観光客を魅了出来る事か・・・悲しい。 私があまりにも理想的な考え方なのかも知れませんが、
きっと中国はこの問題ぶつかると思っています。
中国が歩む道は悠久な歴史と育まれた文化なのです。
今はビジネスが優先され何も見えていない現状。

重い話をエニーさんに話しました。(^^;)
中国は日本の大先輩であるという事を理解して頂きたい。

そして「雷峯塔」に向かいます。
いつもお茶の産地ばかりで行きたい所が行けないのですが、
今回は念願が叶い行くことが出来ました。(^^)v

「やはり素晴らしい。」
感想は一行しか書きません。いや書きたくないです。
これは行って頂き、実際に見て頂きたいからです。
これが私のイメージしていた杭州です。最高です!(^^)

食事をしてホテルに戻りました。
そして締切が過ぎた!?連載をもくもくもくと書きます。
書くのに1週間以上かかってしまいまだまだ慣れません。
修行が足りないという事です。はい。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  二〇〇九年中国茶之旅:四川省・成都を楽しむ


二〇〇九年中国茶之旅:浙江省・中国茶葉博物館  次の記事へ →

詳細情報

2009年3月29日 (15:20) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/463

コメントする




このページの先頭へ