二〇〇九年中国茶之旅:四川省・成都に到着

早朝8時の便で四川省の成都へ。
今回の成都は茶文化の発祥地とされる蒙山(蒙頂山)。
歴史的に有名な蒙頂甘露と蒙頂黄芽を見に行きます。
それと成都の蓋碗茶という文化を体験します。

滞在時間は4日を予定しています。
期間が短いので要所要所の時間は短いので、
あらゆる手段を使って吸収できるようにします。
今日は成都のお茶市場を見に行きました。

成都のお茶市場は北部に位置する場所にあり、
色々な市場が集まる場所にありました。
お茶市場の大きさはそこそこ大きかったです。
全国のお茶市場で見れる光景が・・・。

鉄観音とプーアル茶の店舗がずらーっと。
中国でもプーアル茶は数年前に流行り内部でも飲みます。
プーアル茶のブランドは会社の規模が大きく、
体力的にもかなりあるので全国展開が早いです。

現地のブランドはそこまでの体力がないので、
店舗の構えや内装にはかなりの差があります。
多くの店舗の茶葉を見ましたが偽物も多い現状。
茶葉というのは偽れません。

お茶市場で市場の状態など色々な角度から把握して、
夕食は私の大好きな「陳麻婆豆腐」のお店に。
日本でも有名な麻婆豆腐を作ったお店です。
やはりおいしかったです・・・。(^^)

日本で食べられている麻婆豆腐は、
山椒をだいぶ控えていますが、ここは本場。
唇からびりびりするほどの力があり圧倒される。
でもこのビリビリがなければ本場ではないと闘う。

四川料理を満喫して、
夜は成都の有名な順興老茶館に行きました。
ここでは夜8時からの表演が行われています。
成都に来た際には是非見ましょう♪

現地の文化などがしっかりと織り込まれていました。
他の地を訪れるということはこの地の文化を楽しむ。
という事を念頭においています。
由来であったり歴史であったりを知ることが面白い。

蒙山のツアーを組むことが出来れば、
必ず見なければならないのがこのショーです。(^^)

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  多くの方がいらっしゃいました。


二〇〇九年中国茶之旅:四川省・蒙頂山に到着  次の記事へ →

詳細情報

2009年3月24日 (15:13) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/458

コメントする




このページの先頭へ