二〇〇九年中国茶之旅:浙江省・西湖龍井作り

朝ホテルをチェックアウトして、
すぐに霊隠寺を見に行きました。
午前中にお茶作りをしなければならないので、
急ぎ足で見学した後、すぐに西湖龍井の農家へ。

摘み終わった後の茶葉を一緒に作りました。
龍井茶は最初の工程を機械で行う農家がほとんどです。
新鮮な茶葉を鍋で炒るときに最初は高温で行います。
この高温の作業を機械化しています。

温度が高い状態で炒ると、
私の手は確実に水膨れが出来ます。
農家の方が毎年お茶を作っていてもぎりぎりの感じです。
炒り終わった後の手は、手が赤く非常に熱いです。

もう一点はコスト面です。
手作りですと非常に高いです。
最初から手で作るよりも人件費がかなり少なくなりました。
農家の方からコストダウンして良くなりました。

ただ販売単価が下がらないのは「なぜ!?」
といつも思うのですが仕方ないですね・・・。
農家の方と一緒に西湖龍井を作り、
次の目的地である蘇州を目指します。

杭州北バスターミナルから、
蘇州南バスターミナルまでのバスに乗りましたが、
途中で何故か下道を走りましたので、
予定よりもかなり遅れて蘇州へ到着しました。

明日は蘇州東山(洞庭山)に向かいます。
夜は蘇州の街で少し買い物をして戻りました。
朝方まで連載の記事を書いていました。
すでに締切が過ぎていて申し訳ないです・・・。
もう少しで終わりそうだったのですが充電切れに。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  二〇〇九年中国茶之旅:浙江省・中国茶葉博物館


二〇〇九年中国茶之旅:江蘇省・蘇州東山  次の記事へ →

詳細情報

2009年3月31日 (15:25) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/465

コメントする




このページの先頭へ