二〇〇九年中国茶之旅:江西省・景徳鎮の工場で

朝から市場視察に来ています。
絵柄が出回っているかを見ています。
見ている中でも多くの事を学びました。
景徳鎮や潮州のプリント物がすごく増えました。

以前のプリントはすぐにわかりましたが、
最近はレベルアップしていてわかりにくいです。
気にして見なければ私も見落としそうになりました。
このような技術が発展することはあまり嬉しくないです。

消費者の方に知識がなければすぐに購入してしまうでしょう。
実際今日も広東の方が手描きだと思って購入していました。
隣で広東語を聞いていて悲しくなってしまいました。
絵のレベルというのは非常に難しいです。

多くの事を知らなければ判断出来ません。
私も更に多くを学びレベルを上げたいと思います。

形や絵柄がコピーされていましたが、
中国においてコントロールする事は非常に難しいです。
新しい方法なども色々と考えないといけないですね。
やっと方向性が見えたような気がしました。

午後に工場に戻り、
昨日の整理した点を社員と話しました。
芸術の仕事ですので、普通の仕事とは違いますが、
品質の安定と仕事量のバランスを話しました。
考えて頂きそこからしっかりと答えを出して頂きました。

小規模な会社において、
社員との交流や目標設定が重要だと思います。
「この企業で頑張ろう」と思わないと頑張れません。
その為の要素は経営者が与える物が大部分だと思います。

まだまだ経営者と言えるほどではないですが、
私の方向性や考え方を理解して頂くこと。
社員の夢や目標をしっかりと受け止めること。
お互いが良くならなければならないと考えます。

工場長との話し合いにおいて、
問題点なども多々ありましたが、
今回のミスで彼も多くの事を感じたでしょう。
思考や行動はなかなか調整できないですね。

今日は夜の11時半まで工場で話をしていました。
明日は色付けとデザインの整理と修正を行います。
伝わらなかった部分をしっかりと話し合います。
根本的な部分から理解して頂くように頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  二〇〇九年中国茶之旅:江西省・景徳鎮に到着


二〇〇九年中国茶之旅:江西省・新たなデザイン  次の記事へ →

詳細情報

2009年4月17日 (10:09) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/484

コメントする




このページの先頭へ