二〇〇九年中国茶之旅:江西省・ホテルのドアが・・・

昨晩は深夜3時過ぎまで書類を整理していました。
朝7時半に起きると部屋のドアが開いていました。
「おかしい」と感じて、
部屋の中を全てチェックすると「やはり・・・」

カメラ2つと現金2000元ほど盗まれていました。
ホテルの部屋だからと安心していました・・・。
「ピピッ」と反応してからロックが解除されるのですが、
何故か開いていました。

朝から警察に通報して、
派出所に行き事情聴取をしていたのですが、
事情聴取の間に会議が入ってしまい2時間ほど待ちました。
すぐに対応すれば何かしらの手掛かりが掴めたかも・・・。

相手は警察ですので何も言えませんが、
ホテルで物が盗まれるというのは初めての事です。
発売日に購入して今まで大事に使っていたカメラが、
思いもしないところで盗まれてしまいました。

中国を甘く見ていたと実感しました。
最初の頃はドアの所に荷物を置いたりしていたのですが、
去年から大丈夫だろうと思いドアの所には置いていませんでした。
1週間分の写真も一緒になくなってしまいました。

今回は祁門紅茶の全プロセスを撮ったのですが、
このような形で使えなくなるとは思いもしませんでした。
盗まれるというのはやり場のない怒りが胸の中にあります。
パソコンが盗られなかっただけ良かったと考えます。
「備えあれば憂いなし」ですね。

午後からは工場で仕事をしていました。
夜、ホテルに戻る時にもう一度派出所へ。
ドアが壊れていない事などを事情聴取してもらいたいと伝え、
明日もう一度ホテルに来てもらいたいと言われました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  二〇〇九年中国茶之旅:江西省・ついに完成


二〇〇九年中国茶之旅:江西省・警察の対応  次の記事へ →

詳細情報

2009年4月20日 (10:15) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/488

コメントする




このページの先頭へ