6月度第一週目:茶藝師試験・補講

初級茶藝師の補講がありました。
みなさんすごく真剣にされていて、
いつも私達は刺激を受けています。
今回3回目の試験を通じて感じた事が、
回を重ねるごとに他の方から情報を得られていて、
以前よりも緊張していない感じがします。

1回目と2回目は緊張している方が非常に多くて、
私も一緒に緊張していたのですが、
今回はみなさん意外と笑顔で補講を受けられていて、
少しずつ慣れてきたのかなと感じました。

午後の実技においても、
みなさんの動作が非常にきれいで
私としてはすごく嬉しかったです。
きちんとみなさんが出来る事は、
簡単なように見えて非常に難しい事だと思います。

その中で私達がしてきた事、まだ出来ていませんが、
より素晴らしいものが出来るようにするのは、
あたりまえなのですが、
現状でもすごくきちんと出来ている事に幸せを感じております。
表演というのは人に見てもらう事を想定してお茶を淹れています。
それをいかに綺麗に見せるかというのが重要になってきます。

動作だけの流れを覚えるのだけではなく、
より綺麗な方法というのも午後の時間にお話させて頂きましたが、
みなさんすぐに吸収されて動作に反映されていたので、
素晴らしいなと思いました。

明日はみなさんドキドキしている試験となります。
私個人的には非常に楽しみです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  二〇〇九年中国茶之旅:感想


6月度第一週目:茶藝師試験  次の記事へ →

詳細情報

2009年5月30日 (10:32) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/493

コメントする




このページの先頭へ