2009年10月アーカイブ

オフィスが決まりました

10月の武夷山お茶の旅の前に引っ越しを行いました。
そして1ヶ月だけ隣の塔にオフィスを移したのですが、
どうしても物を運ぶのであったり、スタッフの移動も時間がかかり、
店舗とオフィスを同じ塔に置きたいなという考えをもったまま、
1ヶ月こちらに引っ越しました。

今日、店舗の下にオフィスを探す事が出来ました。
先月は物件がまったくなく、すごい苦労したのですが、
今回は良い場所がございましたので、
ここで本日正式に契約をしました。

オフィスが良い状態でないと、
業務が捗るスピードが遅くなるという事を今回学びました。
落ち着いた環境というのは重要なんだ!と再確認しました。
実際、夜遅くまで店舗にいて、オフィスにいる時間が減っていました。
意識してはいなかったのですが、
感覚的に居心地の良い所に私は長くいるんだなというのを感じました。
そのため、次に引っ越す時はきちんといい環境を整えようと思います。
引っ越しの準備でまたもやばたばたですが待ち遠しい状態です。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月31日 (11:15) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

チャイニーズライフ勉強会

本日はチャイニーズライフの勉強会を行いました。
今回の勉強会は先日参加した和僑会について、
社員および、他の会社の方も1名いらっしゃいました。
和僑会という会ですが、私は非常に良いと思っています。

自分が今まで学んできた事などをシェアしたり、
情報交換などもあり、少しずつ勉強する機会を与える場であったり、
という事なのですが、私も今まで多くの事を学ばせて頂いています。

本当に和僑会の講演会がなければ、
今の自分というのはいなかったと思います。
考え方であったり、見方というのは偏ってしまいがちだと思うので、
その中でも多くの気付きがあり、思考の転換があり、
私にとっても非常に重要な存在でした。

今回勉強会では、私が感じた事、学んだ事、足りなかった事、
などを踏まえて、お話しました。
どうしても日頃社長と社員というような関係になってしまいますので、
そうではなくて、私もまだまだ足りない所もたくさんあります。
そういうのを社員には見て頂く機会ではないかなと思い、
今回足りなかった事も踏まえて、お話しさせて頂きました。

今後、チャイニーズライフでは月に2回の勉強会を行います。
社員のレベルアップであったり、スキルアップであったり、
私自身も勉強会を行う事によって学ぶ事もたくさんあります。
今後も止まる事なく、一歩一歩着実に進んでいきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月30日 (10:58) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

アジア和僑会







本日は、朝からアジア和僑会が開かれました。
今回は、トータル17カ所の場所から和僑会に属している方達が
シンセンにお集まり頂き事務局ミーティングがありました。
私は広州和僑会の事務局長を勤めさせて頂いてるので、
今回はミーティングから出席させて頂きました。

今回、ファシリテーターとしてがんばれ!社長の武沢先生。
その他素晴らしい方々が出席されていました。

午前中は事務局ミーティングという名の会議があり、
和僑会の使命と理念を統一するべきであるというお話と、
今後の和僑会の発展、および管理などさまざまな議題がございました。
非常に中身の濃い有意義なミーティングになったと思います。

和僑というのが、一番最初に華僑から出来ていたのですが、
現在において、和僑という独自の言葉になっていると思います。
そのような話もあり、理解を深める事が出来ました。
企業家を目指す方、企業でリーダーを目指す方、
そういう方たちが対象になり、今後発展していくでしょう!
広州もこれから着実に頑張って行きたいと思います♪


午前中のミーティングが予定よりもだいぶずれ込んでしまい、
食事の時間も少し後ろに引き延ばされてしまいました。
全体的にはすごくまとまり有意義なものになったと感じております。
そしてそのあと皆様と一緒に食事をさせて頂きました。

午後は展示会がありました。
みなさんどのようなビジネスをしていて、
どのような物を取り扱っているのか見る機会であったのですが、
私にとって非常に面白かったです。

あの方はこんな物を取り扱っているのだという新しい発見と、
他のお客様が私の事を知っていただいた事、
非常に意味のある展示会でした。

そして、夕方の講演会が行われました。
講演会では、アジア和僑会で決まった内容をメインにお話しさせて頂き、
素晴らしい先生方からのお話がございました。
各和僑会の代表者、事務局長が一番前に出て、
皆さんの前で各和僑会がどのような事をしてるのかというのを
お話しさせていただきました。

今回参加者の方が非常に多く160名くらいいらっしゃいました。
緊張して、話すのがぎこちなかったですが、素晴らしい経験をさせて頂きました。
まだまだ経験が少ないので、今後このような和僑会および、自分のビジネスを通して、
より緊張しないような自分が出来るようにするべきだなと課題も見つかりました。
そして、食事会では、多くの方とお話しする機会がございました。

最後に武沢先生に手帳を持ってきて頂きましたので、
感謝の言葉と出来れば来年広州和僑会でがんばれ!社長の武沢先生をお招きして、
セミナーを行いたいですと宣言してしまいました。
まだまだしなければならない事ばかりなのですが、
今後も一歩一歩着実にステップアップしていけるように
頑張りたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月24日 (10:35) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

広州で一番安い中国語講座

今まで多くの事を講師に教えさせて頂いたのですが、
ようやく、完成しそうです。
来月11月中旬を目処に本格的に始めたいと考えています。

中国語講座を紹介させていただきます。
値段とその他出張費なども踏まえて
紹介させていただきます。

価格は50分30元という価格設定にします。
私個人的な意見かもしれませんが、
広州での中国語講座というのは非常に高いと感じております。
そのため、チャイニーズライフではみなさまの感謝を込めまして、
広州で一番安い講座を開きます。

その為に設定した価格が50分30元になります。
教室がすぐに埋まってしまう可能性も踏まえてもう1つ考えている事が、
徒歩10分以内なら家庭教師としてご自宅まで行かせていただきます。

その際1回20元の出張費がかかります。
例えば、1時間授業した場合は30元。
1コマ受講した場合30元+20元=50元になります
2コマ受講した場合30元×2コマ+20元で計80元になります。
なるべくコストを抑えてクオリティーの高い講座にしたいと思います。

まずは、価格で感じて頂ければと思います。
中国語というのは回数をこなさなければ上達はしません。
その上で価格を落とす事、これが非常に重要だと感じております。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月23日 (10:17) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

教育の大切さ

今まで自分の角度で考えて来た中で
教育というのは非常に大事だと思います。

私は子供の頃からサッカーばかりしていて、
勉強はあまりしなかったのですが、
サッカーの先生が非常に優れた先生で
多くの事を学ばせて頂きました。

もし、サッカーがなければ
自分も人として大きくはなれなかったと思います。
今現在、人としての大きさはまだまだですが・・・。(^^;)

そして今、その事に感謝の気持ちを込めて
子供達にサッカーを教えています。
これは、多くの方が私に教えてくれた事を、
現状の私が教えられる範囲の事を頑張って教えさせて頂こうと思います。
私も時間が許す限り教育をしていきたいと思います。

今、いろいろな角度から子供が批判されているケースを見かけますが、
そうではなくて、もっともっと、子供にウエイトをおいて、
よりよい環境が出来るように、そして子供達がより良い環境に置かれる事を、
大人が努力しなければならないのでは?と心から感じています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月22日 (10:11) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

素晴らしい景徳鎮が届きました。

本日午前中に景徳鎮の茶器が到着しました。
ずっとお待たせしていたお客様の茶器になります。

すごく長い時間お待ち頂き、
非常に申し訳ないという気持ちもありましたが、
本日この茶器を見て、その気持ちもすごく減ってしまいました。
それは、茶器の出来映えがあまりにも素晴らしかったからです。

今まで景徳鎮で窯を持っていて、
一番嬉しかった瞬間かもしれません。
出来上がった茶器の発色、色使い、全体的なバランス共に、
非常に素晴らしい品質に焼き上がりました。

今までで既に5ヶ月以上この茶器に挑戦していたのですが、
今回でやっと結果を出すことができました。
すごく良いものを見るというのは、人の心であったり、
芸術性であったり、感性というのを高めます。

今後も感性を大事にして、
より良いものを作り出せるような努力をしていきたいと思います。
今回は非常に満足がいく茶缶が出来て、非常に嬉しいです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月20日 (15:28) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

中国茶文化之旅in武夷山 3日目

武夷山最終日になります。
今日は朝から気合いを入れて山登りになります。
武夷山で一番景色のきれいな山、天遊峰に登ります。
朝から小雨が降っていました。

雨が降っていると山登りは滑ったりするので、
かなり心配をしていたのですが、天候ばかりは願うしかありません。
天遊峰の麓まで移動する時は雨が降っていたのですが、
私の願いが武夷山の天候を変化させました。(笑)
登る時には雨が止みました。(^^)v

茶洞という所でみなさんと一緒に写真を撮ったのですが、
これが非常に上手く撮れていて、個人的には今回のベストショット!
こちらのブログにも小さくして添付させて頂きます。
旅行参加者の方へはDVDで私の写真を全てプレゼントします。

その後、天遊峰の山頂を目指して登っていたのですが、
その間に休むようなところもあり写真を撮りながら、
楽しく山登りをすることができました。

最後の方になると、山の階段の段差が一気に高くなり、
グッと体的にもしんどくなるのですが、
それを少し乗り越えるとゴールなので、
ちょうどいい距離だったと思います。

そして山頂で、みなさんと一緒に写真を撮りました。
僕としては非常に達成感がある写真になりました。
皆さんと一緒に1つの事をやる遂げるという事は
すごく大切な事で、すごく面白い事だと思います。
武夷山の一番景色が良いところで写真が撮れたのは、
今後ChineseLifeの宝物です!

そして横断幕を持って色々な所で写真を撮っているのですが、
武夷山を制覇してきたなと思います。
メインの所はほぼ横断幕を持って写真を撮っています。
山頂からの景色は本当に綺麗で素晴らしいと言うしかないような景色です。

登るときは辛いのですが、
登った後の達成感と、皆さんの笑顔で私達も心がすーっと、
この山の空気のように研ぎすまされました。

行きはかなり辛いと仰っていた方もいらっしゃいましたが、
登るにつれてゴールもだんだん近づいてくるので
ほどよい距離ではなかったかなと思います。

そして、裏から山を降りて一番下まで行き、
九曲の所でもばっちり写真を撮りました。
その後、お昼ご飯を食べたのですが、
それまでの料理は肉が結構多かったのですが、
この日の昼食を社長にお願いして、
野菜をメインにしていただき、肉は減らしていただいたので、
すごくおいしかったと思います。

そして昼食を終えて、天心永楽禅寺に行きました。
大紅袍の原木を所持していたお寺です。
新しいお寺から古いお寺まで全て見学をさせて頂き、
皆さんと一緒に記念写真を撮りました。
その後、お茶の工場に戻り、さらにテイスティングをして、
すごく良いお茶を飲ませて頂き、帰りの飛行機に向かいました。

今回トータルで9種類の素晴らしいお茶を飲んでいます。
社長達も素晴らしいお茶ばかりを提供して頂き、
私も心から感謝しています。

このような機会というのは支援してくれる方がいないと、
出来ない事であると強く認識しています。深く感謝申し上げます。
その後、武夷山からアモイに行く飛行機が少し遅れましたが、
アモイに到着後、アモイに滞在される方達とお別れをして、
広州組はチェックインを済ませて、各自帰宅しました。

非常におもしろい旅で多くの経験を積ませて頂きました。
今後、このような旅を定期的に開催出来るように
これからも頑張っていきたいと思います。
みなさんお疲れ様でした。

是非、良い思い出を胸に刻んで下さい。
おつかれさまです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月14日 (15:26) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

中国茶文化之旅in武夷山 2日目

今日は朝から6時50分にモーニングコールがなり、
7時30分にみなさんと一緒に朝食を食べ、
8時に出発をしました。

まず行った場所は、水簾洞と言う場所なのですが、
非常に綺麗な所で、武夷山でも私が大好きな観光スポットです。
以前は水がすごいあり滝のようになっていたのですが、
今は水が少なくなっているので、
ちょろちょろちょろと水が流れていました。

この後は茶博園と言って、お茶を紹介している所に行きました。
この場所は新しいですが文化や歴史が込められていて
非常に良い場所でした。
皆さんと一緒に何枚も記念写真を撮って、
良い思い出になりました。

やはり、多くの方と一緒に来ると、
いつも自分たちが歩いているペースとは違うのですが、
それはそれで非常に心が落ち着くと言うか、
温かくなるのを感じる良い機会になったと思います。


非常に良い時間を過ごしました。

そしてお昼ご飯は、
武夷山の昔からあるレストランに行きました。
ここは味も非常に良く、非常においしかったです。
特に鳥のスープが絶品でしたね!10杯ぐらい飲みました。(^^;)

その後、大紅袍を見に来て、
うちの取引先の社長と奥さんと一緒に大紅袍の木を見て、
その大紅袍の更に奥の所にお茶畑があり、みんなで歩きました。
山道というのは、観光地になっていないので非常に歩きづらく、
階段の幅が狭かったり、歩きにくい場所になります。
歩いている時間は、30分くらいだと思うのですが、
非常に道のりが長く、みなさんバテバテでした。

到着後、社長が私を連れて行きたい所があるという事で出発。
道のりが非常に険しくて、上ったり、下がったりみたいな場所で、
社長は普通に歩かず、少し小走りみたいな感じで行くので、
追いつくのに精一杯でした。
普段のサッカーとは違う筋肉を使っていました。

そして、会社の名前が彫ってある場所を見させて頂きました。
風水に優れた良い場所だなと思いました。
中国で金元宝というお金を象徴する物があるのですが、
それを逆さまにしたような場所に会社の名前を刻んでいたので、
お金が入ってくるという縁起が良い岩がありました。

その後、水仙と肉桂の樹を見に行き、
非常に古くて、大きくて、場所も優れた場所にあり、
ここで作られたお茶は絶対美味しいだろうなと確信しました。
今晩飲む約束をしたので、夜飲ませて頂きます。
(ちなみに一番最初に飲んだ肉桂がこのお茶です。)

その後、戻ってみなさんとお茶摘みをしました。
皆さんのスピードが早くて、たくさんの茶葉が取れていたので
私も、社長もびっくりました。
社長は冗談で、隣の山も摘んでいいんだよと言っていたのですが、
それはかなり厳しいです・・・。
みなさんと楽しみながらお茶摘みをして、
茶葉を持って山を降りました。

帰りに大紅袍の所を見て、帰る途中で社長にごちそうして頂いた、
茶叶卵という卵があるのですが、非常においしかったです。
社長もガイドさんもここの茶叶卵が一番美味しいと言ってました。

お茶工場に行き、みんなと一緒にzuo青をしました。
涼青と揺青という行程が含まれていますが、
大変な作業というのが皆様身をもって解られたと思います。
お茶というのは見たり、飲んだりするのは簡単ですが、
作るのは非常に重労働になります。

これはお茶を勉強されている方であったり、
好きな方は是非体験していただきたいなと思っております。
お茶というのは見た目では簡単なのですが、
実際は簡単ではないというのが本音です。
農家の方が何故機械化になってきているのかと言うのは、
労働作業があまりにもキツいというのも含まれています。

多くの方が今回の旅のようなお茶作りを通して体験して頂く事を
チャイニーズライフは大事にしていきたいと思います。
やはり、本当にいいものというのは、
いい人たちがすごく頑張って作っています。
その為価値があるものになります。

この価値をみなさんがより理解していただく事により、
お茶への考え方であったり、
茶農家への感謝であったり、
変わってくるのではないかなと思います。

今中国もそうなのですが、
どんどん綺麗なパッケージに流れていき、
お茶の値段がどんどん引き上がっています。
一つのブランディングといえばブランディングなのですが、
そうではなくて、本当に価値のあるお茶、
本当に体に有益な物を含んだお茶というのが
重要視されるべきではないのかなと思います。

素晴らしい茶葉を作っている人たちがもっともっと注目を浴びて、
みんなでいいお茶を作れたり、新たなお茶の世界を創りだしたいです。

今一番苦労されてる茶農家の方々が、
全くスポットを浴びない環境になっています。
これは非常に悲しいなと思います。

私もお茶作りを色々な所で体験してきてるので、
茶農家の方の大変さというのは非常に理解しているつもりです。
今後もこのような機会があればいいなと思います。

そして、お茶を涼青をしている間に、
皆さん待望のお茶をテイスティングしました。
社長も社長夫人もすごく良いお茶をどんどん出してくれて、
僕は後ろでお茶を飲んでいたのですが、
お茶を飲んで笑ってしまいました。

あまりにもいいお茶なので・・・。
それをお客様に見つかってしまって少し恥ずかしかったのですが、
非常に良いお茶を頂きました。

この岩茶の中でも確実にトップクラスのみです。
それも非常にきちんを伝統的な作り方を守っているので、
昔ながらの伝統的な味を感じて頂けたのではないかなと思います。

白鶏冠というお茶に関しては、皆さん絶句だったと思います。
非常に良いもので、僕も飲んで一口目に笑顔がこぼれてしまうような
素晴らしいお茶をいただきました。

今回購入された方もいらっしゃいましたが、
絶対に大事に飲んでください。素晴らしいお茶です。
そして、社長と社長夫人と記念写真を撮り、
夕食を食べ、またお茶工場に戻りお茶を作り、
長かった二日目が終了しました。

今日の皆さんとの経験が今後お茶を飲むときに
少しでも思い出してくれたら、
武夷山の社長も社長夫人も喜ぶと思います。
当然、私も嬉しいです。(^^)v

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月13日 (15:24) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

中国茶文化之旅in武夷山 1日目

今日はみなさんと一緒に行く武夷山という事で
非常に楽しみにしていました。

ただ、会社内の事で少しバタバタしていたので、
当日まで準備をする事が出来ないままの参加になりましたが、
準備は万全でしたので大丈夫でした。

広州白雲空港に向かい、広州からアモイまで飛び、
アモイから武夷山まで飛びました。
着いてから、岩茶の工場の社長と奥さんが歓迎してくれました。
荷物を乗せた後、筏下りに行きました。

筏下りは合計1時間30ほどゆっくりゆっくり下っていたのですが、
いつもと違うリズムになり、
体が心からリラックスしている感じになりました。

景色もすごく良く、空気も素晴らしく、
水も透明で、この世の楽園と呼ばれている武夷山ですが、
体で感じる事が出来ました。

その後、皆さんで茶芸表演を見に行きました。
その前には武夷山で非常に高い茶葉「白鶏冠」の茶樹。
写真も添付してるのでご覧下さい♪
表演もなかなか良かったと思います。

学ばれているのとは違い、
非常に良かったと思います。
動きが表演用に大きく動いていましたが、
これは見せる為の動作になります!

その後、皆さんとホテルで食事をしました。
食事も武夷山の料理が多かったです。
蛇のスープ、筍、淡水魚、茸料理など
非常においしくて、みなさんとお話しをしながら
楽しい時間を過ごしました。

今回初めての事なので、
いろいろ手配などが行き届かない所もだいぶあるだろうなと思ったのですが、
思っていた以上に上手くいき、非常に良い一日目を終える事が出来た
のではないかなと思います。
明日から2日目ですが、気合いを入れて頑張って行きたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月12日 (13:07) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

理念と信念の中国語

今日はチャイニーズライフの理念と信念の中国語を完成しました。
日本語では完成していたのですが、
中国語に翻訳するのにいろいろな人に翻訳して頂いた中で
一番いいものをチョイスしようと決めていました。

今英語版も作っているのですが、
ただ英語はちょっと時間がかかりそうです。
まずは中国語から作りました。
もしよろしければ御覧ください。

やはり、中国の方に見せても
ほぉこんな事がしたかったんだという方が非常に多かったのかというのが
今回印象に強かったです。

やはり、しているという事を文字にして伝えるという事の難しさ、
それに対しての気持ちなども、なんとなくは分かっているけど
どれくらいなんだろうという所の差が
この文字によって埋まったのではないかなと思います。

やはり、アウトプットの量が少なかったので、
これからはアウトプットしていくべきだと痛感しました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月 6日 (12:57) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

ChineseLifeの歩み

今日きちんとチャイニーズライフの歩みという物を作りました。
今まで、必要だな必要だなと思っていたのですが、
忙しいという言い訳をして、
作らなかったものを作る事が出来ました。

店舗にいらっしゃったお客様は是非御覧ください。
チャイニーズライフはこのように発展してきて、
今後何がしたいのか、どういう企業にしたいのか、
全て書いてあります。

やはり、私達もまだまだ力不足な部分というものはたくさんありますが、
信念、思いというのはすごくはっきりして、
目指しているものはいくつもありません。
おそらく大きく分けたら2つしかないと思います。

この中国のために私達がどういう事が出来るのか、
どういう事が守れるのか、
そして、どれだけ多くの方々に伝えて行けるのかだと思います。
もう一つは、世界の貧困の子供たちというのは
まだまだたくさんいます。

それは中国も当然ですし、東南アジアでもたくさんいます。
そういう子たちに私達がなにか出来るような企業に
なればいいなと思う気持ちです。
やはり、他の人の為に出来る事を常に考えて、
これからも努力していきます。

そして一歩ずつ一歩ずつ多くの人達に理解して頂き、
共に大きくなれれば私としては非常に嬉しく思います。


今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月 3日 (12:55) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

読書をしました。

本日は「闇の子供たち」という本を読みました。
全部は読んでないのですが、
パラパラパラっと、内容を見ましたが、
非常に考えさせられる内容だなと思います。

現代と過去の違いと言うか、
経済成長における問題なども含まれています。
是非機会があれば、読んでみてください。
ただ、内容が残酷に書いてあるので、
苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、
非常に考えさせられる本でした。

最後に作者の方の考えをまとめた部分があるのですが、
ここに非常に納得させられました。
やはり、かつてはお金持ちというのは
少し後ろめたいような気持ちを持っている方が多かったと思うのですが、
今は決してそういうのはなく、
むしろお金持ちがスポットライトをあびる時代だと思います。

その後ろにはこの本のような事があったりします。
現代に生きる人間として、
しなければならない事がたくさんあるのではないかなと思います。
チャイニーズライフは、
このような方たちを救えるような企業になります。


今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年10月 2日 (12:54) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

このページの先頭へ