初級茶藝師試験補講

本日朝から初級茶藝師試験の補講を行いました。
主な内容としては、学科、実技の二項目の補講を行ったのですが、
午前中はいつものように学科を行いました。

学科では茶藝師として、知らなければならない基礎知識を
メインにお話しさせて頂いています。
その中で、少しずつ中国茶の知識でしたり、
考え方などを理解していただきます。

それが午前中の学科の主な目的になります。
午後の実技は、三種類の茶器の基本的な使い方をメインに勉強するのですが、
当然動作の柔らかさ、滑らかさも含まれます。

見た目は非常に簡単そうなのですが、
難しいのが見ていても分かりました。
今回皆様がすごく練習をされて来ていたので、
動作の流れとしては、全然問題なかったです。

動作はスムーズに終わったのですが、
やはりスマイルという部分が足りなかったです。
少し微笑むような感じでしていただくのが、
やはり出来ていませんでした。

お茶というのは、ブスっと淹れても、美味しくはありません。
そのプロセスを楽しみながら、
当然茶藝師ですので、柔らかい動作で行います。
それが茶藝師の主な仕事になります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  キッズサッカーのビデオが完成しました。


初級茶藝師試験開催  次の記事へ →

詳細情報

2010年1月16日 (13:32) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/592

コメントする




このページの先頭へ