2010年3月アーカイブ

雲南省プーアル市到着 2010中国茶之旅 1日目







朝7時40分の飛行機で広州から昆明まで飛びました。
昆明の飛行場に着いたのは、約10時くらいになります。
その後、長距離バス乗り場に移動して、
プーアル市に移動します。

これは、ベッドのバスで行きましたが、
非常に良くない道を走りますので、
体力的に大分疲れました。

そして、プーアル市に着いてから、
ホテルにチェックインをして食事に行きました。
今晩は、ホテルの近くでパッと食べて、戻ると決めていました。

過橋米線と言い、雲南省の最も有名な麺料理を頂きました。
味も香りもすごく良く、歯ごたえも良い過橋米線を頂き、
満足して、ホテルに戻りました。

先日から引いている風邪が悪化していくのが、
非常に良くわかり、おそらく今日ピークに達しております。
体調が良くない時にバスに乗ってしまったというのもあると思いますが、
頭痛がすごくします。

風邪を引かない人間なのですが、
今回はかなり酷いです・・・。(^^;)
明日や明後日からお酒で攻められるので何とか治したい・・・。

明日から、少し気合いを入れていかなければ!
体調管理を十分注意をしましょう。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月31日 (11:09) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

中国茶市場の分析 vol.11

本物と偽物の差がどこにあるか
という確信に迫る話を
したいと思います。


本物と偽物とは
育つ環境が違います。



中国語では水と土がありますが、
この水と土が異なる場所で作られると、

当然異なる香りと味がします。

これが本物と偽物の
大きな差だと思います。

これはほとんどの植物に
言えることだと思いますが、
果物でも全く同じだと思います。



当然、今まで良いとされた場所で作られた物と
違う場所で作られた物と、

形はほとんど同じような物が出来ます。
樹の種類などを同じにすれば可能です。

ただ、中身に含まれている味、香りというのは
全く同じように作るのはできません。


これは「水、土、環境」だと、
私は思っています。

そのため、
原産地で育った本物と言う茶葉を
私は取り扱うと決めております。
続く・・・

詳細情報

2010年3月30日 (13:27) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

1日店舗にいました

中国茶の旅のスケジュールと、
全ての段取りを行っておりました。

いろいろな方に電話でアポを取り、
今年の予定や状況などを聞かせて頂きました。

雲南省は、すごくひどい被害だそうですが、
これからのお茶は全て大丈夫だというお話を聞きました。
今回は雲南省に行きますので、
このような実態も自分の目で確かめてきたいと思います。

本日午後、よくいらっしゃるお客様が、
私と同じmacのパソコンを購入されて、
macのお話をさせて頂きました。

macを使われている方とお話しする機会がないので、
非常に嬉しかったです。
私はずっとmac信者ですので、
同じパソコンを使っている事に非常に嬉しく思います。

そして、本日エニーさんと私の感動名刺を作りました。
私の感動名刺は、自分が今まで思ってきた事や、
考えてきた事、それをアウトプットする、まずは名刺からになりますが、
初めてのアウトプットになります。

ご来店頂いた方には、是非名刺をお取り頂きたく思います。
大高勇気がどのような人間なのか分かると思います。
今後もこのような形で色々な事を進めて行きたいと思います。
まだまだ至らない部分もありますが今後ともよろしくお願い致します。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月28日 (11:07) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

ChineseLife進路

本日は、午前中オフィスにいました。
オフィスで、社内の整理、チャイニーズライフの構図、
仕事の細分化、明確化などをより細かく行っておりました。
現在、会社ではスタッフを育てる事を一番大切な事と定義しております。

スタッフがどのような形で自分の同僚、
部下を育てて行くのかと言う事を重要視しております。
ただ中国ですので、人を育てる事が難しいと一般的に言われていますが、
私自身これは、方法だと思います。

ただ方法と言うと、会社側からの一方的な見方なので、
言葉は良くないかもしれませんが、
会社を安定させた状態での発展という観点で見れば非常に大切な事です。
優秀なスタッフが増えれば増える程、安定すると思います。

その中できちんとした方向や考え方などが重要だと思います。
これは経営計画書など殆どの会社であると思いますが、
経営計画書に沿って行っていきます。

そして、その方向とスタッフの架け橋になる事、
これが社長ではないかなと、私は思います。
社長がどのようにしていきたい、
もしくはこのようにするべきだというのが重要だと思います。

その中で、社員の事をどれだけ考えて上げられるかと言うのも、
一つのポイントではないかなと思います。
弊社のスタッフでは、これから部下を持ち、
上司になれるスタッフが既に3人います。

まだ実際12月から始めた中国語なので、
それほど人数は居ませんが、これから上司と部下という形で、
より強固に基礎を固めた発展をしていこうと思います。
きちんとした基礎がなければ中身は作れません。

スタッフの事を考え行動する事。
スタッフが成長をするレールを引く事。
私も力不足ですが不屈の精神で作り続けます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月27日 (11:04) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

感動名刺!





本日は午前中オフィスで日本の業務を整理しておりました。
その後、私が作りたい名刺を形にさせて頂きました。
「感動名刺」という名前を付けております。
(店舗に置きますので是非ご覧下さい!きっと意味がわかります。(^^;)

今日、この感動名刺を作り上げ、
その後、夕方5時くらいに店舗に行き、
すごく良くして頂いているお客様がいらっしゃったので、
感動名刺についてアドバイスを頂きました。

僕が感じている物と、
お客様が感じる事で少しギャップの差がありましたので、
すごく良い状態に訂正して頂きました。
本当にありがとうございます。

そして、お話をしている中で、
お二方共に4月末くらいに広州を離れてしまいますので、
以前、一度だけ開催させて頂いた、
大高勇気的泡茶塾を開催させて頂く運びになりました。

これは30日の午後に行います。
31日に広州を離れますので、
ギリギリになってしまいましたが、
このタイミングで、行わさせて頂けるのは、
私にとって非常に意義のある事だと思います。

これからも、きちんとお客様の事を考え、
きちんとした足取りで一歩一歩着実に歩む事を
行うように努力していきたいと思います。
感動名刺は明後日オーダーして30日引き渡しです。楽しみ(^^)!!

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月26日 (11:03) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

感動しました

本日朝から新店舗に居ました。
新店舗では連日10組程お客様がいらっしゃっております。
以前の店舗より来やすくなったと仰って頂いております。
ジャスコの帰りにもすぐ寄れる距離だと思います。

その中で接客をしている時に電話がなりました。
そして、その電話が以前チャイニーズライフの
茶藝講座を一人で受講して頂いた方からのお電話でした。
本日午後僕が時間があるのでもしお時間があればいかがですかと
先週僕の妻がお話をさせて頂き、本日夕方に電話を頂きました。

どうしても用事があるので行けないというお電話と
中国茶の事を本当に色々な角度で教えて頂き
ありがとうございました。というお礼のお電話でした。
私個人としてはすごく感動しました。

他の方からこんなにも思われているんだなと言う事に
改めて感動したと共に、もっと気を引き締めなければ
ならないなと思いました。

今あるものが完璧ではないといつも社員にも言っていますが、
これは自分に対してもまったく同じ考え方です。
今後、より良い物を作るために、
今何が出来るのかと言う事を考えながら毎日一歩一歩歩んでいます。

今後もこのチャイニーズライフを通して多くの方達が
中国茶を理解して頂き、
中国茶を愛して頂き、
中国茶に酔いしれて頂ければ
これ以上の幸せはございません。

今回、本帰国となりお忙しい中、本当にありがとうございます。
すごく嬉しいお電話を頂き、誠にありがとうございます。

日本に戻られてしまうと距離があるので
店舗にすぐ来るというのは難しいと思いますが、
また機会があれば是非広州に遊びに来てください。
今後も中国茶を多くの方に紹介し続ける事を
チャイニーズライフの代表として誓います。
これがChineseLifeの進むべき道である。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月25日 (11:00) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

ついに、最後の引っ越しをしました。





以前の店舗である天誉花園2702の部屋を引き払いました。

朝、9時半から引っ越しを始め、
終わったのが午後5時過ぎになりました。
1日中引っ越しをしていたのですが、
今日は一番大きな6メートルの車で2回運びました。

引っ越しの業者さんも驚いていましたが、
私も引っ越しをしてかなりの荷物の量だと気付きました。(遅)
後は、細かい物が多い為、大きな箱に入れられず、
少し小さい箱のまま運んでいたので、
体積が大きくなっていたというのがあると思います。

流石に丸一日引っ越しをしていたのでバテバテです。
今日はゆっくりと休みたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月21日 (10:43) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

引っ越しの最終調整

今までの店舗で使用していた天誉花園二期2702号室は、
明後日21日に引き払います。
その為、全ての物を整理をして21日に引っ越しを行います。
今日は朝からずっと整理をしていた為、午後店舗に行きました。

今日は、中国の友達が店舗にいらっしゃり話をしていました。
彼は、建築関係の材料を販売しているので、
内装などにも非常に詳しい方だったので、
店舗の内装についていろいろなアドバイスをもらいました。

やはり!さすが!プロ!という鋭いアドバイスでした。
色々な角度から物を見る事が出来るんだなというのが
一つ大切な事を学ばせて頂きました。

ケースバイケースという言葉がありますが、
その状況に応じて色々な事が出来る事、
もしくは、考えつくというのは素晴らしい事だと思います。

そして、いろいろなアドバイスを頂きましたので、
今後はもう少しよくなるかなと思っています。
それにしても形の無い物を立体で見るという「力」。
デザイナーや設計などの仕事はクリエイティブですね!
センスが無いので、努力でカバー出来るように頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月19日 (10:40) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

原田式経営哲学勉強会に参加しました







本日は、午前10時過ぎに店舗を出て、
東芫という隣の都市に行きました。

バスを1時間程乗り、
そこからタクシーで10分弱で会場まで着きました。
比較的分かりやすい所だなと僕は思いました。
実際もっと分かりにくい所なのかなと思っていたので。

今日の講座の内容は、
亡くなられた原田さんの語録や考え方、
社員教育についてのお話でした。

私も常に社員教育をしてきていますが、
今日お話を聞いて、完璧だなと思いました。

チームワークが良い会社を作れているなと言うのが私の正直な感想です。
ここまでの物を作り上げるというのはものすごい大変な事ですし、
いろいろなご苦労があったと思います。
本当に素晴らしいです。

今回のように講座に参加させて頂いて、
原田さんの考えに少し触れるだけでも、
多くのアイディア、考え方、思考、思想が生まれてきました。
これは、講座の最高の特典だと思います。

今後は、経営者として人を育てるという事に、
もっともっとフォーカスして行くべきだなと思います。
並びに、広州でもこのような会を作りたいなという気もございます。
多くの方の考え方や意見を聞くと本当にいろいろな事を知る事が出来ると思います。

非常に参考になる講演でした。
私自身、原田さんがいらっしゃる時に工場に行けなかったのが
広州で最も悔やんでいる事の一つとも言えるでしょう。
「理想工場」と呼ばれ多くの人に尊敬され愛された工場。

今回は、クオリティマインドの林様に、
このような会を作って頂き本当にありがとうございます。
心から感謝申し上げます。
今回学ばせて頂いた事を、自分の中で整理をして、
落とし込んで行きたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月13日 (10:34) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

香港より戻りました





本日香港から戻ってきました。
今回は多くの先生方といろいろなお話をさせて頂き、
本当にたくさんの事を学ばせて頂きました。

やはり、皆様料理に関係される仕事をされていますので、
苦労という意識が非常に高く感じました。

その中で料理を食べていると、
これはなんだろう、これは何入れているのだろう、
これは何の味だろうなど、
すごく研究熱心な態度はすごいなと思いました。

こだわりや、考え方というのは
いつまで経っても本当に大切な物だなと感じております。
そして、午後、広州に戻って来ました。

お客様が店舗に来られ、お話をしながらお茶を飲みました。
その時にすごく感じたのですが、
店舗の雰囲気や、スペースというのは非常にいいなと思いました。

これは自己満足ではあると思うのですが、
すごく心に染みるようなスペースになってきているなと思います。
たかが中国茶ですが、されど中国茶だと思います。

今後この場所から世界に発信する事の大切さや、
多くの方達にいろいろな物をお伝えしてきたいなと思います。
まだまだ足りない所ですが、
これからも頑張っていきたいと思います。

今学期最後のキッズサッカーがありました。
今回で、最後になってしまう子が3名いました。
彼達も非常に頑張ってついてきた子供達でした。

最初は挨拶も感謝も殆ど出来なかったのですが、
時間を重ねるごとに挨拶や感謝も出来るようになり、
人格のレベルが高くなってきたなと思いました。

その全てが彼らの努力です。
今後は日本に帰っても、
是非是非頑張ってもらいたいと思います。

きっと、良い物を持っている大人になれるように願っています。
これから、人数が減り、8人となってしまいますが、
その中でもきちんと頑張っていきたいなと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月11日 (10:30) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

香港研修視察旅行 三日目

本日は朝地下鉄に乗り香港島にある、
蓮香楼の本店に行きました。

本店ではお客様が満員でものすごく活気がありました。
料理もいろんなものが出てきますし、
現地の方と一緒に飲茶を楽しみましたが、
色々な点心がどんどんと出てきてカートで歩いています。

色々な角度から見ていたのですが、
「パワー」があるのが一番の印象です。
中国にいて、パワーがある所に居るのにも関わらず
もっとパワーがあるなとこのパワーの違いを今回感じ取りました。

そして、使っている茶葉を見ましたが、
レストランでこれだけ大衆の方が飲まれているので、
この程度のお茶だろうなというレベルではありました。
ちょっと危ない感じはありましたが・・・。(^^;)

その後、香港島にある乾物街に行きました。
日本の蚫と海鼠や貝柱などたくさんの物がありました。

その後、お昼は客家料理を頂きました。
広東省にある梅県が故郷と言われていますが、
現在では中国の至る所にいらっしゃいます。
伝統的な客家料理は全て堪能させて頂きました。

その後、自由行動になりましたので、
私は香港公園にある茶器博物館に行きました。
茶器博物館では、色々な茶器は当たり前なのですが、
お茶の淹れ方や作り方、楽しみ方などを色々な角度から紹介していました。

ちょうど紫砂壺の博覧会をしていた事もあり、
宜興の紫砂壺が最初からきちんと紹介してありました。

今までの有名な形をから歴史まで分かりやすく、
すごくハイクオリティーな物を作られていました。
流石は香港!だなと実感しました。

そしてその後は上環のレストランに行きました。
今晩の食事が最後となるのですごく期待しておりました。
やはりというかさすがというぐらいの、
クオリティーの高さ学ばせて頂きました。

どれも、殆ど外れがないと言って良い程素晴らしいと思いました。
特に、豚の焼き物、海老、牡蠣、海老の揚げ物、フカヒレスープ、
非常に安定していて良い料理を提供するお店だなと思いました。

そして、
今晩はこの後皆さんと少し飲みに行って、
最終日の夜を終えました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月10日 (17:35) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

香港研修視察旅行 二日目

朝からみなさんと一緒に近くのお粥屋さんに行きました。
ここではピータンのお粥や、カエルのお粥などいろいろなお粥と
麺(細くて固い)を食べました。
味付けも非常に美味しくて、
お粥の煮込み具合も素晴らしかったです。

そして、その後少し自由時間がございましたので、
その時に私は少しパソコンを使って仕事をしていました。
新店舗移転と教室移転など全ての準備に追われてしまい、
まったく時間が取れていない状態です。申し訳ございません。

お昼前に集合になり、お昼は鳩のものすごく有名なレストランに行きました。
ここの鳩料理は、今まで色々な所で食べたことがありますが、
その中でもダントツで一番美味しかったです。

現在は色々な交通の条件などにより、
少しずつお客さんが遠のいてしまい、
少しずつ落ちてきてしまっているそうです。
是非機会があれば、ここは行っていただきたいなと思う程
鳩料理が美味しかったです。
ただ、それ以外の料理は今ひとつという感じでした・・・。

そして、午後から香港ジョッキークラブの厨房を見させて頂きました。
ジョッキークラブの厨房はハセップと言い、
世界基準で衛生管理の高い厨房になっています。
必ず全員が白衣と帽子をつけなければなりません。

手洗いの作業もすごく細かく指導されていました。
野菜の搬入、掃除、肉、その他の料理の厨房を全て見ましたが、
ものすごいレベルの高い厨房でした。

今までここまで近代的な厨房は見たことがありません。
そして、ジョッキークラブの食事の席の所に出ると、
競馬場が全て見渡せる造りになっている事に「絶句」でした。

この環境で競馬を見て、食事を楽しむというのは非常に優雅な楽しみ方、
もしくはライフスタイルだなと思いました。
勝った時の喜びは半端ではないと思いますが、
負けた時はやはり寂しいですよね・・・。(^^;)

そして李錦記の工場に訪れました。
李錦記のあらすじや、どのように作っているか、
デモストレーションや、紹介のビデオなど
たくさんのプログラムを組んでいただきました。

個人的にすごく勉強になったのが、
一つのブランドがどのように立ち上がってきたか、
立ち上げてきたプロセス、以前使っていたもの、
そういう物をきちんと残しているというのが非常に良いなと思いました。

これで会社の歴史や、今までの経過を見ることが出来ると思います。
あと、会社内にキッチンスペースがあり、
そこでデモストレーションや、使い方の講座なども行っているそうです。

ものすごく設備のいいキッチンになっていました。
その後、皆様と海鮮を食べに行ったのですが、
今までこれほど大きい海鮮を見たことがないというくらい大きかったです。
ロブスターも人の顔より大きいものもございました。

あと蝦蛄も広州では見たことのない大きさの物なども居て、
すごいなと唖然にとられました。全てが巨大化していました。
そして、料理も全てが海鮮メインだったのですが、
どれも新鮮で味付けも良く、レベルの高い料理を提供して頂きました。
非常に美味しかったです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月 9日 (17:11) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

研修視察旅行に参加















本日から4日間、研修視察旅行に参加します。
今回は、広州からすごく近い香港なので、
非常に行くのは簡単です。

今回、飛行機の時間が違うので、
お出迎えに香港空港に行く事になりました。
深圳までは和階号に乗り、そこから1つMTRに乗り、
上水で降りて、43番のバスに乗り、
香港空港に向かいました。

香港空港では、
関空と名古屋出発のお出迎えをしていました。
そして、その後ホテルに移動して、
換金をしに行った後に、
食事に移りました。

食事は「太子」にある鳳城酒家でした。
オーナーシェフのタンさんが切り盛りされている
若者にも人気のおいしいレストランです。
料理人の故郷「順徳」出身のシェフです。

料理は非常に美味しくて、
すごく安定した料理が出てきたのが私の感想です。
香港で、美味しい広東(順徳)料理を食べられるのであれば、
是非是非オススメします。

その後、女人街に行き少し色々な物を見た後に、
屋台に場所を移してお酒を飲みながらお話をして、
長い一日が終わりました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月 8日 (17:09) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

すごい方達とお話をしました

本日の夕方店舗にお越し頂いた、
お二人の方と一緒に食事をさせて頂きました。
今回は、自分が見た事のない世界でのお話でしたので、
非常に学ぶ事が多かったです。

プロとして、オーナー社長をされている実力や、
悩み、考え方、方向性、価値観、本当に違うなと思いました。
私はまだまだ未熟者で、
これから多くの事を学ばなければいけないと思っております。

そのプロセスにいるのだなと自分では思っているのですが、
今後どのようになっていくかというのを
見つめ直す良い機会だったなと思います。

常に、走り続けている状態が続いているのですが、
週に1回だけでも1時間でもいいので
自分を調整する時間というのを
皆様すごい大切にしていました。

確かに、私は全然出来ていないなと思いながら
お話を聞かせて頂きました・・・。
今後、何か自分を調整するような時間を
設ける必要があるなと思いました。

ただ、自分の中ではサッカーや、子供にコーチをしているのが、
自分の中では調整かなと思っています。
ただ、読みたい本が読めなかったり、
学びたい事が出来なかったりというのは確かにたくさんございます。

そういう意味でももう少し仕事を減らしながら効率良くしていく事。
これを考えるべきだなと思いました。

そして自分がするべき事、
見なければならない本などをもっと見れるようにしていきたいと思います。
今回は貴重なお話を聞かせて頂きありがとうございます。
また、機会があれば是非是非お話をさせて頂きたいなと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月 3日 (17:08) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

日本から煎茶の先生がいらっしゃいました

朝、日本から煎茶の先生がいらっしゃいました。
今回も非常に多くの事を学ばせて頂きました。

その中で玉露の淹れ方、お茶の注ぎ方というのは
間違いなく中国から行っていると確信しました。
お茶の注ぎ方であったり、動作というのは、
殆どの部分が共通しています。

そして、今回重要だったのが、
お抹茶をいただいたのですが、
京都や、奈良で飲んだ時は、
ふーんという感じでしたが、(^^;)

今回飲むと非常にまろやかで美味しくて、
最後にほんの少し甘みがあるというお抹茶を頂きましたが、
やはり、文化や歴史、もしくはお茶というのは
触れれば触れる程面白くなると思います。

そのおもしろさが自分でどれだけ感じ取れるか、
もしくはどれだけ楽しめるかを踏まえて
今後多くの事を学ばなければならないと思いました。

今後も、いろいろな形で日本の煎茶や、
お抹茶を勉強していく機会を
自分でも作らないといけないなと思っています。

まだまだ知らない事がたくさんあり、
今日も本当に多くの事を教えて頂きました。
これからも日々、学ぶ事を怠りません。
今日はどうもありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2010年3月 2日 (16:58) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

このページの先頭へ