日本から煎茶の先生がいらっしゃいました

朝、日本から煎茶の先生がいらっしゃいました。
今回も非常に多くの事を学ばせて頂きました。

その中で玉露の淹れ方、お茶の注ぎ方というのは
間違いなく中国から行っていると確信しました。
お茶の注ぎ方であったり、動作というのは、
殆どの部分が共通しています。

そして、今回重要だったのが、
お抹茶をいただいたのですが、
京都や、奈良で飲んだ時は、
ふーんという感じでしたが、(^^;)

今回飲むと非常にまろやかで美味しくて、
最後にほんの少し甘みがあるというお抹茶を頂きましたが、
やはり、文化や歴史、もしくはお茶というのは
触れれば触れる程面白くなると思います。

そのおもしろさが自分でどれだけ感じ取れるか、
もしくはどれだけ楽しめるかを踏まえて
今後多くの事を学ばなければならないと思いました。

今後も、いろいろな形で日本の煎茶や、
お抹茶を勉強していく機会を
自分でも作らないといけないなと思っています。

まだまだ知らない事がたくさんあり、
今日も本当に多くの事を教えて頂きました。
これからも日々、学ぶ事を怠りません。
今日はどうもありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  やっと白い壁になってきました


すごい方達とお話をしました  次の記事へ →

詳細情報

2010年3月 2日 (16:58) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/621

コメントする




このページの先頭へ