香港研修視察旅行 三日目

本日は朝地下鉄に乗り香港島にある、
蓮香楼の本店に行きました。

本店ではお客様が満員でものすごく活気がありました。
料理もいろんなものが出てきますし、
現地の方と一緒に飲茶を楽しみましたが、
色々な点心がどんどんと出てきてカートで歩いています。

色々な角度から見ていたのですが、
「パワー」があるのが一番の印象です。
中国にいて、パワーがある所に居るのにも関わらず
もっとパワーがあるなとこのパワーの違いを今回感じ取りました。

そして、使っている茶葉を見ましたが、
レストランでこれだけ大衆の方が飲まれているので、
この程度のお茶だろうなというレベルではありました。
ちょっと危ない感じはありましたが・・・。(^^;)

その後、香港島にある乾物街に行きました。
日本の蚫と海鼠や貝柱などたくさんの物がありました。

その後、お昼は客家料理を頂きました。
広東省にある梅県が故郷と言われていますが、
現在では中国の至る所にいらっしゃいます。
伝統的な客家料理は全て堪能させて頂きました。

その後、自由行動になりましたので、
私は香港公園にある茶器博物館に行きました。
茶器博物館では、色々な茶器は当たり前なのですが、
お茶の淹れ方や作り方、楽しみ方などを色々な角度から紹介していました。

ちょうど紫砂壺の博覧会をしていた事もあり、
宜興の紫砂壺が最初からきちんと紹介してありました。

今までの有名な形をから歴史まで分かりやすく、
すごくハイクオリティーな物を作られていました。
流石は香港!だなと実感しました。

そしてその後は上環のレストランに行きました。
今晩の食事が最後となるのですごく期待しておりました。
やはりというかさすがというぐらいの、
クオリティーの高さ学ばせて頂きました。

どれも、殆ど外れがないと言って良い程素晴らしいと思いました。
特に、豚の焼き物、海老、牡蠣、海老の揚げ物、フカヒレスープ、
非常に安定していて良い料理を提供するお店だなと思いました。

そして、
今晩はこの後皆さんと少し飲みに行って、
最終日の夜を終えました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  香港研修視察旅行 二日目


香港より戻りました  次の記事へ →

詳細情報

2010年3月10日 (17:35) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/625

コメントする




このページの先頭へ