黄山新聞社の取材  2010中国茶之旅 16日目



















本日、黄山の地元新聞社の方と話をしながら取材を受けました。
中国茶の旅をこの方も知っているのですが、
今回で2回目になりますが、取材をして頂きました。

お茶に対する考え方、黄山に対しての考え方など、
中国茶の方向性など、色々な角度からお話をさせて頂きました。
記事にして頂けるというお話でしたので嬉しいです。(^^)

午後からは、黄山市日本語学校に行かせて頂きました。
現在、チャイニーズライフで中国語の講師を募集をしているのですが、
もし機会があれば是非この学校から来て頂く事も考えています。

そして、日本語の授業に参加させて頂きました。
学生は日本語の試験ですと、2級くらいの実力ですが、
話すのはすごく上手だなというのがありました。
今回、日本人の講師とお話をさせて頂いたのですが、
試験に受かっても、実際日本語を使えない子達が
多いというのが現実だと思います。

ChineseLifeでも、講師や面接に来る人達と話をしても、
日本語の聞き取りや話す能力というのは・・・。
実際書くのとは大分大きな差があるなと私は思っていたのですが、
こちらの先生も僕と同じ事を感じられていました。

その為、会話を中心にしたような授業を行なっているようです。
参加させて頂いたのですが非常に良い授業でした。
このようにしていけば、話す環境づくりというのがきちんと出来ると思うので、
少しずつ上手になって行くと思います。

その後、私たちの会社の紹介をみんなの前で少しさせて頂き、
校長先生からも学生にお話をして頂き、
最後に学生の皆さんにお話をさせて頂いたのですが、
夢がありますか?というお話をさせて頂きました。

上を目指して頑張る時に、何か目標があったり、
夢があるとすごく頑張れると思います。
その為私はずっと夢や目標、目的などを明確にしなさいというお話をしています。
その中で、多くの事を、自分も学んできました。

この学んだ事をみんなに話させて頂ければなと思いました。
授業後、校長先生と主任の先生と食事をさせて頂いたのですが、
11月くらいに黄山の学校に来て、
みんなにお話をして頂けませんかとオファーを頂きました。

僕はお話は好きなので、
皆さんの役に立つような内容をチョイスして、
簡単なセミナーもいいかなと思っています。

ただ、11月に時間が作れるかという問題がありますが、
もし時間が作れれば、是非中国の将来を学生に
お話しさせて頂きたいと思います。
夜中の列車で景徳鎮まで移動しました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  祁門のお茶市場に行きました  2010中国茶之旅 15日目


景徳鎮の市場 2010中国茶之旅 17日目  次の記事へ →

詳細情報

2010年4月15日 (13:46) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/649

コメントする




このページの先頭へ