株洲最終日 2010中国茶之旅 25日目























本日、夕方の列車で帰るので、
午前中親戚回りをして、
その後、お母さんと色々なお話をしていました。

ビジネスも含めて、色々話をしていたのですが、
私達がしている事をすごく手伝ってくれています。
中国が、本当にあるべき姿であったり、
本当に良い物を守ると言う事を
私と妻でしてきていますが、
これがもっと多くの方が知る事によって、
中国がどんどん変わってくると思います。

それも含めて、いろいろな角度から
今回の旅の話などもしました。
良い物もたくさんありましたが、
それに比例して、悪い物もあるというのが現状になります。

ただ、消費者の方がこの良い物と悪いものを判断出来るかというと、
非常に難しいのではないかなと思います。
そして、話をしながら市場に買い出しに行ったのですが、
一つ、湖南省ならではの写真を添付します。

これは唐辛子の写真なのですが、
すごい数の種類がございます。

薄い赤から、濃い赤まで、
約15種類から20種類程ございます。
この店で取り扱っているのがこれだけなのですが、
他の所も合わせれば、おそらく何百種類も唐辛子があります。

これを品種の違う唐辛子をブレンドしたり、
引いたりして料理に使う技術はさすが湖南省!

夕方、株洲西という列車乗り場に着きました。
ここは新しく開発されていて、
株洲の列車乗り場からバスで行きました。
バスに乗る事約30分程で新しい駅に着きました。

ここは、周りが何もない辺鄙な所です。
そうでなければ、駅が作れなかったのかもしれませんが、
町からかなり離れていて、
交通にはあまり便利ではないかなというのが正直な感想です。



株洲の駅の中も非常に綺麗です。
飛行場と同じくらい綺麗な内装ですし、
新幹線も日本と同じようなサービスを提供していました。

2時間で広州北に着きました。
そこから列車を降りて、家に戻ったのですが、
ここは、非常に不満でした。

広州北駅の場所は花都になります。
花都から、広州東駅行きのバスが7時になくなってしまいます。
私達が着いた時間が10時前に着いたのですが、
広州駅行きの最終のバスがありましたので、それに乗りました。

広州長距離バス乗り場のターミナルに着きました。
今回は非常に不満です。

列車の出口を出た所にタクシーの客引きがものすごいたくさんいます。
これは、田舎では当たり前の光景ではあるのですが、
広州という場所で、まだまだこういう状況があるのは、
僕は正直どうかなと思います。

中国でも、すごく発展している都市の一つに数えられる広州で、
このような事はどうなのかなと思います。
あと広州北駅から、色々な所に行くのがすごく不便で、
花都長距離バスターミナルも、出口から歩いて大体10分ほどです。

新しく出来た駅でこのクオリティは・・・。
一刻も早く整備される事を願います。
更に何の看板もなく、
初めての方は迷われてしまうと思います。

場所を文字で紹介させて頂きます。写真はありません。(^^;)
出口を出て、すぐ道路がありますので、
それを右に曲がります。
すぐに十字路がありますので、
それを左に曲がって頂き、
右斜め前に花都長距離バスターミナルがあります。

そちらを利用して頂けると、一番便利だと思いますが、
バスがなくなる時間が早いので、気を付けた方が良いです。
急いでいる時などはタクシーしかないと思います。

今回、列車には大満足だったのですが、
降りてからはすごく不満を持ちました。

もっと、きちんとした形で作れればいいのになと、
非常に残念な気持ちになりました。
そして、家に着いたのが、12時過ぎになっていました。
予定よりも少し早く広州に戻りました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  故郷で親戚周り 2010中国茶之旅 24日目


中国茶之旅を終えて  次の記事へ →

詳細情報

2010年4月24日 (10:18) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/853

コメントする




このページの先頭へ