お茶市場の倉庫の棚卸し















本日は、朝からお茶市場に行っていました。
お茶市場の倉庫に新茶が届いているので、
整理と棚卸しに行きました。

どこのお茶市場でもそれほど変わる事はないのですが、
広州のお茶市場でも茶葉を並べて販売しているという
光景がまだまだたくさんございます。

写真を掲載させて頂きますが、
このようにお茶を販売しているのは、
プロという視点から見れば完全にNGです。
衛生的に良いとは言い切れません。

風が吹いて埃が入ったり、
雨が降って湿気を吸ってしまったりする事によって、
お茶というのは変化します。
悪い変化をわざとさせるようにしてる人達も
たくさんいるのが現実ですが、
このような所では買わない方が良いと思います。

パッケージになってしまったお茶が、
かつてこのような状況で売られていたケースも多々ございます。
今回の中国茶之旅で、いろいろな産地を訪れたのですが、
飲ませて頂いたお茶にも、これは騙されてるなとか、
これは高く買ってるなというものがたくさんございます。

中国の方だからきちんと中国茶を買えるわけではございません。
日本の方の意識としては強いかも知れませんが・・・。
私が日本茶の買い方がわからないのと同じです。

知識であったり、経験の差によって、全然異なります。
知識というものを蓄えて、
その中で、良い物をきちんと選んで行く
というのが大切ではないかなと思います。

新しく水槽をオーダーメイドしたのですが、
飼う錦鯉を買いに行きました。
ここは芳村の花鳥魚市場と言います。

錦鯉と濾過する機械やえさなどを調達して帰ってきました。
ここも、かつてはボロボロだったのですが、
今回行くと、すごく綺麗に整備されていました。
このようにして、少しずつマーケットが良くなったり
するのは良い事だと思います。

そして倉庫の整理をしてオフィスに戻ったのが、
11時を過ぎていました。

そこから店舗に行き、水槽の水を綺麗にしたり、
今日買ってきたものを洗ったりして、
最終的に魚を入れて、店舗を出たのが、夜中1時過ぎになります。
魚を見てると、心が癒されます。
お店にいらっしゃった際はご覧下さい。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  中国茶之旅を終えて


お茶市場の倉庫の棚卸し  次の記事へ →

詳細情報

2010年4月26日 (10:21) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/855

コメントする




このページの先頭へ