中国茶を語る理由

私が中国茶を語る理由は
非常に簡単です。

それは中国茶の真実を皆さんに
知って頂きたいという事です。


色々な方がお茶を取り扱い、
お茶を学び、お茶を教え
お茶を楽しんでいます。

当然多くの方が違う角度や
形でお茶を表現していきますので、
私はすごく良い事だと思っています。


しかし、全ての事は
きちんとした知識の上で、
もしくは正確な情報の上で、

情報がシェアされる事が
一番大切だと私は思っております。


その為、
私は中国茶の産地を歩き、
茶農家の方達と交流して、

そして、
どのようにこのお茶を紹介するか?
どのようにこのお茶が作られるのか?
茶農家の方達がどのような気持ちで作っているのか?

という事を常に考えています。


中国茶がこれから
色々な形で発展を遂げ、
多くの方達に飲まれると思います。

飲まれるというのは、
すごく良い事なのですが、

きちんとした知識がない場合は
この楽しみ方が半減してしまうの
ではないかと思っております。


その為、私は色々な角度で
色々な切り口で中国茶の事を
これから書き続きたいと思います。

自分で決めている事は
一日三つの記事を書くと決めております。

2011年12月31日までには
必ず三つの記事を書き続きます。

それだけの事をしなければならないという
自分へのプレッシャーでもあると思います。

中国茶がどんなに好きと言っても
きちんとしたアウトプットが出来なければ
それはまだまだ足りないと思います。

そのような自分にプレッシャーをかけて
背水の陣でこの事に挑みたいと思います。

決めた事は実行する。

有言実行という角度でこの中国茶を
これからもずっと語り続けます。

これは私達にとって大切な事で、
中国茶を普及させるのに
必要な活動のだと思っております。

正確な知識を持って頂き、
その知識の元で中国茶が普及する事を
私は心から望んでおります。

急速に理解されたり、
急速に広まったりしてしまうと

どうしてもきちんとした知識が
ない事もたくさんあります。

私は知識や情報をしっかりと意識して、
自分の出来る事を一歩ずつ前進します。

これからも皆様の楽しい
中国茶時間及び中国茶ライフを

サポート出来るようにChineseLife社員一同
頑張ってまいりたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  茶藝学校の訪問 2010中国茶之旅 11日目


四川省から江西省へ 2010中国茶之旅 12日目  次の記事へ →

詳細情報

2010年4月10日 (14:57) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1064

コメントする




このページの先頭へ