東洋文化の神秘







朝から中国語講師の面接を行ないました。
最近かなりの方を面接しているのですが、
その中で、非常に重要な事は、
自分の能力と、したい事の差が激しい方が
多いなというのが自分の感想です。

ただ、本日の面接は非常に良い印象を持ちました。
その後、スタッフと話していたのですが、
東洋文化、西洋文化の違い。
中国茶の神秘、魅力などのテーマで話をしました。

個人的に感じる事が東洋人として、
どれだけ東洋文化を知っているのか、理解しているのか、
これは重要な事ではないかなと思います。

自分も、全てを理解している訳ではないので、
まだまだ勉強しなければなりませんが、
少し知って頂くだけで大分変わると思います。
こういう物を私自身感じました。

そして、午後からお茶市場に行きました。
お茶市場の倉庫を見るのと、
新しい店舗を他の方と一緒に出そうかという話が今ございまして、
それも兼ねて新しく出来るお茶市場の店舗を見ました。

結果的にはあまり良くないかなというのが私の本音です。
非常に良い話ではあると思うのですが、
もうちょっと良い方になるのでは?と思います。
今回のこの話は、一応流そうと思っています。

そして、棚をオーダーしてきました。
新しい店舗に引越して3ヶ月くらいが経ちますが、
まだまだ出来ていない部分というのがたくさんございます。

現状、店舗の内装というのは非常に重要だと思うのですが、
中々時間が取れず、進んでいなかった状況ですので、
今回やっとオーダーする事が出来て、
大きな悩みが解決しました。

店舗に帰り夜な夜な、祁門紅茶を飲んだのですが、
祁門紅茶は、置けば置く程美味しくなります。
味がまろやかになり、甘みも増します。
このような甘みや、旨味、楽しめるお茶を飲みながら
仕事をするのもいいなと思いました。(^^;)

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  悲しい事件


駐在の楽しさと怖さ  次の記事へ →

詳細情報

2010年5月21日 (17:20) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/682

コメントする




このページの先頭へ