お香

以前からお香を勉強していましたが、
お香というのは非常に歴史が深く、
文化にも携わっている素晴らしい物だと思います。

お香によって心を落ち着けたり、
空気に含まれている悪いものを取ったりしていたと言われています。
すごく大切な事ではないかなと私自身思います。

本日、日本から中国茶の講師をされている方がいらっしゃいました。
お話をしていたのですが、
非常に綺麗な心を持たれた方だなというのが私の印象です。

良い物も悪い物も中国茶の中にはありますが、
良い物は全て良いというのは当たり前だと思いますが、
悪い物は全て悪いという表現は、私自身どうかなと思います。

物というのは作られるプロセスにおいて、
どのようにされているか、どのように管理されているか、
どのように手を加えられているか、

手が加われば加わる程、
価値というのは上がると思います。
良いお茶というのは必ず大切に作られています。
心を込めてしっかりと作るもの、
これが良いお茶の最低条件じゃないかなと私自身感じております。

色々なお茶をテイスティングして、
10種類近くテイスティングされたと思います。
その後、一緒に食事もさせて頂いて、
お茶の話や、ビジネスのお話などお話しさせて頂きました。

そして、より多くの事を学ばせて頂きました。
私自身お茶を取り扱う人間として、
どのように考えていくか、
どのようにしていくべきか、
本当に大切な物ってそんなに多くはないと思うのですが、
その大切なポイントをしっかり抑えられている方で、
お話をしていても、楽しかったです。

お茶に対する思いであったり、
情熱というのは、
どれくらいの知識があるか、
どれくらいお茶に詳しいか、なども重要な時もありますが、
決してそれだけではないのではないかなと思います。

今後、もっともっとお茶の世界が良い状態で広まる事を心から願っています。
このようになるように、私も頑張らなければいけないと感じています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  悲しい事件


交流会に参加しました  次の記事へ →

詳細情報

2010年5月 3日 (10:37) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/862

コメントする




このページの先頭へ