深圳和僑会の熨斗さんがご来店

午前中、熨斗さんが新店舗にいらっしゃいました。
熨斗さんは、深圳で蘇生水を作られている方で、
チャイニーズライフも蘇生水のお水を使わせて頂いております。

ホームページにも書いてありますが、
何十種類もテイスティングした中での1番が、
この蘇生水になります。

水の細かさが非常に細かいので、
お茶の味や甘みというのが非常に綺麗に出ます。
その為、美味しくお茶を淹れられると思います。
料理にもすごく合います。
広東省で飲む事の出来る一番おいしいお水

そして色々なお話の中で、
今回私が参加するドリプラの話もさせて頂きました。
すごく僕は面白いと思い、参加させて頂いているのですが、
これからどのようにして行きたいのかというのを
自分の中でよりブラッシュアップする事が出来たと思います。
他は中国に携わるお話が非常に多かったです。

そして、夕食をご一緒させて頂いたのですが、
今回初めてお会いしたインドのサニーさんと話に火が付きました。

インドというと、
仏教の生まれた場所で非常に大切な意味があり、
お茶ともすごく深く関係があります。

その中で、お茶に対しての考え方、
思想などを今回初めてシェア出来た感じがします。
お茶も深い部分まで話すと非常に深いのですが、
一般的には表面的な話で終わっているのが現状です。

サニーさんは非常に多くの知識を持っていて、
私が考えている事、感じている事をすごく理解して頂きました。
お茶を取り扱わせているという角度で私は常に考えています。
お茶を取り扱える事、これがすごく光栄な事だと私自身感じております。

これからより自分の知識を増やして、
他の方が受け入れられやすい状態でお伝えする事、
これが私の義務だと感じております。
これからも、非常に良い物を作り出せるように頑張りたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  太平猴魁の水出し


セミナーに参加  次の記事へ →

詳細情報

2010年5月14日 (11:03) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/870

コメントする




このページの先頭へ