中国で奮闘

午前中、ドリプラの資料を作っていました。
この資料作りは、どのように自分の思いや魂を出すかなど
非常に重要になってくるのではないかなと思います。
そして、最後の部分でどのようにお話をさせて頂いて
理解とアピールをするのか踏まえながら考えていました。

お昼にお客様がいらっしゃり、
色々なお話をさせて頂いた中で、
いくつかヒントがありました。

一人で考える事、これは非常に大切だと思いますが、
どうしても見えなくなってしまうものがあるのかなと思います。
日頃から視野を広げようと思っているのですが、
何かに打ち込んだりすると、視野は一気に狭くなります今日感想です。

午後お客様とお話をさせて頂いたのですが、
中国で非常に大変な思いをされていました。
中国でお金を払ってから後ほど発送してもらう際に、
かなり酷い手段だなと思いました。

その方はすごくその後から配送して頂いて、
その物が悪いので、交換してくれというと、
それはそういう物ですと、明らかに違うものなのですが、
押し通そうとしてたそうです。

かつての中国はこのような光景が多かったです。
最近はかなりレベルが上がってきていますので、
すごく少なくなっていると思っていたのですが・・・。

このような事があると理解に苦しむとは思うのですが、
しっかりと理解して対応する事も大切だと思います。
ただ、あまりにも考えてしまって、行き詰まってしまうと
良い物やいい仕事は出来ないと思います。

そのバランスが中国では重要ではないかなと思います。
中国では自分の状態をいかに良い状態で保つか。
これが非常に重要だと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  広州和僑会セミナー


中国はダメじゃない  次の記事へ →

詳細情報

2010年6月25日 (16:19) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/710

コメントする




このページの先頭へ