ドリプラ当日

昨晩、ホテルの椅子に座りながら作業していて、
30分も寝ていない状態ですがやる気満々です。
そして、9時にシャングリラの会場に集合して、
皆さんと一緒にリハーサルや会場の流れなど確認しました。

これは、非常に勉強になりました。
どのように演出したり、どのようにするのかというのを、
練習しなければきちんとしたものは出来ないという
形の無い物を学ぶ良い機会になりました。

実はリハーサルの時はまだ完全に出来ていませんでした。(^^;)
それなのでリハーサルをしながらちょこちょこパソコンをいじり、
最終調整を必死でしていました。
ドリプラの最終資料が完成したのが12時半頃でした。

会場のスタートが1時より始まり、
そこからドリプラin深センが開始しました。
私の尊敬する鶴岡さんと福島先生の対談がございました。
ドリプラを通じてどんな事をしたいのか、
どのように考えているのかというのを中心にお話頂きました。

非常にいいお話だなと思いました。
私は、今回プレゼンターとして参加させて頂きますが、
今後、福島先生の思想、これを多くの方に伝えていきたいと思います。

そして、
プレゼンターの方が順番に次々と発表していきます。
着実に自分の出番が近づいてきています。
心拍数も比例しながら上がります。(苦笑)

自分の登場シーンの前にはいい意味で吹っ切れていました。
当然緊張もしましたが、
それ以上に自分の中でこの10分にかける思いや、
かけてきたものをどれだけ良い状態でアウトプット
出来るかが挑戦だと感じていました。

舞台に上がり、
発表が始まったときに、
感じたのですが、
緊張は殆どしていませんでした。

きちんと五つのパートに分かれていたのですが、
一つ一つ自分の魂を吹きこんでプレゼンさせて頂きました。
今までこれほど多くの方達の前でプレゼンをしたことがございません。
初めての挑戦にわくわくしながら挑みました。

プレゼンが終わり、
審査員の先生達がいらっしゃっていたのですが、
その方達とお話をした時に自分の中に込み上げてくるものがあり、
話が出来ないほど感情が高まっていました。

この為に1ヶ月間死ぬほど自分の夢をブラッシュアップしました。
資料も何度も作り替えました。
このドリプラに取り組むというので、
普段の仕事を他のスタッフがカバーしてくれた事、
支援してくれた事、本当に多くの方の励ましや応援がありました。

それを心で感じたときに言葉にはならなかった。
これが私がドリプラを終えたときの素直な感想です。
本当に清々しい思いで、自分で発表して良かったと心から思いました。
多くの方にメッセージを頂きました。

これは私にとって本当に本当に本当に大切な思い出となりました。
これは是非店舗に何らかの形で残したいなと多くの方達に
見て頂きたく思います。

その後、食事会の最後に、
ドリプラの裏話という事で話させて頂きましたが、
良い内容のお話ができたと自分で感じております。
本当に自分がしたい事、全力で他の方に語るというのは簡単に見えて
すごく難しい事だと心の底より理解出来ました。

今回の機会に心から感謝しております。
来年も開催されるようであれば是非応援したいですし、
もう一度、プレゼンターとして参加したいと思います。
本当に最高の思い出になりました。

産まれて来て人生最大の日になったと思います。
帰りの電車で泣きながら応援メッセージを読ませて頂きました。
本当に皆様ありがとうございました。
これからも一生歩き続けます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  ドリプラ準備最終日


ドリプラを終えて・・・。  次の記事へ →

詳細情報

2010年7月 4日 (16:48) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/714

コメントする




このページの先頭へ