中級高級茶芸師補講



午前中私が中級の補講を担当させた頂きました。午前中の補講では主に知識的な内容が多かったです。歴史的な背景や、その言葉がどのように使われているのか、もしくはこれはどのようにして作られたかなどをさせて頂きました。

それは経験と確かな知識が重要ですので、細かく説明させて頂きました。中級茶芸師など非常に色々なことを学ばなければなりません。その為、少しずつポイントを絞ってお話をさせて頂きました。

そして印刷会社に委託して作成していたものが出来上がって来たのですが、こちらの送った物が間違えてしまいました。そのためもう一つ作って頂きました。急いで作って頂きました。

これは非常に素晴らしいなぁと思っているのですが、五階の518と519の教室のところにプレートがあり、そこに貼付ける物です。非常に良いものが出来たと思います。

ChineseLifeで講座を受講されている方は是非ご覧ください。そして、午後は実技の補講を行いましたが、この試験が受かる受からないということは当然大切ですが、それ以上にこのような機会にきちんと教えさせて頂けることを教えさせて頂きたいというのが私個人的な意見です。

どのようにして良いものを教えさせて頂き、よりきれいな動作でお茶を淹れて頂きたく思います。そのため、中級の補講では細かい事も話しています。きっと今後皆様のためになると私は信じております。

そしてですね、夕方お客様がいらっしゃり、お茶を紹介させて頂いた後に、久しぶりに社会人サッカーに参加しました。最近ずっとばたばたしていてですね、サッカーもきちんとできていない状態だったのですが、これからきちんと参加したいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  オフィスでの奮闘


中級茶芸師試験  次の記事へ →

詳細情報

2010年7月17日 (10:06) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/728

コメントする




このページの先頭へ