教える事は教えられる事





本日も朝一時間、うちのオフィスを整理しました。そして茶芸講師とお茶を飲みながら話をしました。そのときのお茶を淹れる技術であったり、茶葉をどのように理解するか、もしくは茶葉はの立場に立って、お茶を淹れるということは非常に大切だという話をさせて頂きました。

お茶は淹れたときに運命が決まると思っています。その為しっかり淹れることが非常に大切だと思います。茶芸の講師茶芸をいかに綺麗に淹れる かというのも当然重要なのですが、それ以上にどのようにいれるのか、もしくはお茶をどのように理解するのかといるのも大切だと思います。

午後スタッフの一人と話をしていたのですが、この子は農村出身。家庭の環境がそれほど良くないそうです。中国で頑張っている子のほとんどはこうした環境の子だと正直思います。

冬の寒い中、両親が夜中勤務するときもあるらしくすごく大変なんです。そういう話をしているときに彼女は自分の中で込み上げて泣いてしまいました。

本当に両親を思っていて、涙が出てくることは本当に素晴らしいと思います。簡単に出来る事って、たくさんあると思うのですが、心から出来る事は少ないと思います。

きちんと話が出来るという事は非常に素晴らしく、成長しているのがわかります。これから年を重ねていってこの気持ちというのを忘れずにして頂きたいなぁと思います。

店舗の扇風機が壊れてしまい、交換しに行きました。中国ではレシートを持って行かないと交換しないとか色々あるるのですが、今回はレシート書いてないようなところで扇風機を買ったのですが、すぐに交換してくれました。

優しいといえば優しいと思うのですが、曖昧と言えば曖昧かなと思います。このような文化を学ぶために私は中国にいるのだなぁと思います。そして夕方、上司の会議を開きました。ここで今年の下半期の目標と、来年の目標を発表しました。

私自身三年の目標というのを必ず立てています。そこでどのように会社を大きくしていくかを決めていています。明確化すればするほど僕は良い物だと思っています。

スタッフと一緒に見てですね、どのように頑張っていくのかを踏まえてお話をさせて頂きました。非常に優秀なスタッフが育ってきています。私としても非常にうれしく思います。

まだまだこれから伸びるスタッフなので、是非頑張って頂きたいと思います、これからもずっと頑張りたいと思います。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  香港でも中国茶を販売


忙しい一日  次の記事へ →

詳細情報

2010年7月23日 (10:35) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/735

コメントする




このページの先頭へ