素晴らしい出会い













朝早くに広州からシンセンに向かいました。そして今日は世界各地で活躍されている方とお会いしました。私達もこの方と何か機会がないかなと思いまして、本日シンセンまで行きました。そしてお話をしていると、初めてお会いしたのですが、非常に物腰の柔らかい方でした。

物凄く良いビジョンを持たれている方だと思いました。当然今までたくさん苦労されていて、その中で多くのことを見出されたのだと思います。中国とは三十年ほどの付き合いで、中国の多くのことにも凄く貢献された方でした。

そのような素晴らしいお話を朝から聞かせて頂き、私もモチベーションが非常に高くなりました。良い話というのは凄く人を持ち上げると思います。しかも今まで積み上げた物が非常に多い方ですので、当然私も学ぶ事がたくさんありました。その中でこれから何か一緒にできないかなと思っています。

方向性というのは意外と速い段階で見えましたので、凄くチャンスがあると思います。その社長さんが使われている商材はこれから中国でも当然見直されると思いますし、これからどんどん必要になってくる物だと思います。ぜひチャンスを頂けないかなと正直思います。

そして一緒に飲茶を食べながらお話をさせて頂き、お昼から用事があるということで、短い間でしたが、非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。ちょくちょく中国にいらっしゃているようですので、お時間がある時、ぜひお会いして色々なお話をさせて頂きたいと思います。

その後シンセンを少し歩きながら見た後、足マッサージに行きました。足マッサージは価格は二十元と書いてあって、広州よりも全然安いと思いました。そしてマッサージを終わった後にチップが必要という事を言われまして、なるほどなと思いました。そのお店に払うお金とチップと別々になっているので、広州よりも安い値段だとわかりました。

広州ではチップを一回も払ったことはありませんので、非常に勉強になりました。その後シンセンのお茶市場である茶葉世界を見に行きました。Annieさんと一人のお客様と一緒に今回来ているのですが、是非見てみようという話で行きました。当然お茶のプロだと私自身認識しておりますので、見ればすぐに分かります。

良い物を扱っているか扱っていないか、どれぐらいの力があるかというのもすぐ見えてしまいます。これは一種の職業病なのかもしれませんが、いいお茶を扱っているところというのは、グルッと全部茶葉世界を見ましたが、ないと思います。

当然観光に来た方やお土産を求めている方達に販売するので、その必要性がないのはわかるのですが、ここまで酷い物を販売すると中国茶の世界も当然崩れて行きます。当然お茶として良い物は輸出されるという暗黙の了解みたいな世界ですが、これはよくないのではないかなと正直思いました。

その後シンセンの駅の上にあるラーメン屋さんに行きました。以前シンセン和僑会の時にお話を聞いてそこそこ美味しいという話を聞いていましたので、是非食べてみたいなと思っていた場所です。凄く美味しいと僕自身思います、広州でも色々なところでラーメンを食べていますが、日本のラーメンがそのまま食べられるなと思います。

値段も安くてこの値段でこの味だったら、中国でも凄くチャンスがあるのではないかなと思いました。そして広州に戻り、店舗で少しスタッフと話しました。火曜日は私の休みの日なのですが、どうしても店舗に行きたくなってしまうという会社から離れられない社長です。

皆の凄く頑張っている姿を見て非常に幸せな気分になります。そのためにももっともっと社長としての力をつけて世界の方々に発信していきたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  膝は大丈夫でした


ブログは文字起こし  次の記事へ →

詳細情報

2010年8月31日 (12:04) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/790

コメントする




このページの先頭へ