2010年9月アーカイブ

明日から国慶節





本日は朝からオフィスの整理をしていました。雲南省から戻って来てまだバタバタしております。茶芸部の新入社員と話をしまして、今お茶の業界がどのようにあるか、どのような知識を得るべきか、どのような見方をするべきかなど色々な角度で話をしました。きっと良いスタッフになるのではないかと期待しております。そして仕事も振り分けかた、後は整理などを行いまして、九月が終わりますので、十月の準備も含めて話をしました。

そして十月の十四日に武沢先生のセミナーのバナーを作らせて頂きました。そしてホームページ、ブログあとは店舗にて紹介させて頂いております。中国は国慶節になりますので、一日、二日、三日とスタッフがいません。その準備を今日終えました。そして午後キッズサッカーのお母さん達がいらっしゃいました。そして新しくできたユニホームを頂きました。非常に格好良いユニホームでした。これからキッズサッカーのほうも少しずつ盛り上げて行きたいと思っております。

その後茶芸教室で棚を全て移動しまして、新しく作った棚や整理をしました。やっと茶芸教室が良い状態になったと思います。今まで実はあまり満足出来ていなかったのですが、今回新しい棚を作りまして、凄く良い状態になったと思います。その後ITの上司と茶芸の上司と二人に話をしました。上司に必要な方法というのは私は入社してから五日間というのは非常に重要だと思っています。この五日間でどれだけの物を教えられるか、もしくはどれだけの宿題を出せるかというのがポイントになって来るのではないと思います。

そして午後キッズサッカーがありまして、僕も久しぶりに体を動かす機会を与えて頂きました。膝があまり良くないので、それほど練習に交ることができないのですが、少しずつ筋トレをしながら一歩一歩良くしていきたいと思います。そしてオフィスに戻って今日で九月最終日となります。十月の目標は今日きちんと整理をしまして、明日から素晴らしい十月を迎えられるように頑張りたいと思います。

詳細情報

2010年9月30日 (15:33) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

ChineseLife表演会











朝、商工会の名簿の管理をしました。そして整理をして、メールを送信させて頂きました。本来、もう少し早く送らなければならなかったのですが、今回、送るのが遅れてしまいました。前回中秋節を、Chinese Lifeは店舗閉店させて頂いたのですが、その際にも多くの方からお電話を頂きました。大変申し訳ございません。今後、長期休暇や閉店なとの知らせは、きちんとお伝えさせて頂きたいと思います。

そして午前中オフィスにて整理を行っていました。今回、雲南省に行って来た間はメールを見る事ができませんでした。これは思っても見なかったのですが、ただ昨晩ほぼ寝ずにメールを見ていまして、着たメールは四千通を超えていました。これにはさすかにびっくりしましたが、午前中にほとんど片付けました。そして、すぐに519の「表演会」の会場に行きまして、カーテンを設置しました。そして準備を完璧にした後に、ChineseLifeの「表演会」を開催させて頂きました。

今回は「潮汕功夫茶」と「新娘茶」の二種類を行いました。詳細は老師のブログで、私も書きたいと思います。その後、お客様と一緒に店舗におりまして、今回雲南省で私が奪い取ってきた、老班章のプーアル茶を飲みました。非常に甘くて、柔らかい味わいという印象をおきました。さすが最高級と言わんばかりの味わいでした。その後、日本からのお客様もいらっしゃり、一緒にプーアル茶の最高級のものを飲みました。

やはり最高級と呼ばれるだけの価値や味わいがあると思いました。今後このような本当にマーケットに出ないようなお茶も私の手元に少量ながらございます。こういうものも販売させて頂きマーケットでの最高級なども知って頂けるように頑張りたいと思います。やはり最高級のものを飲むということは、お茶を理解したり学ぶ上で重要なことだと思います。今後、少しずつ考えていきたいと思います。

その後、「晚会」の時、国慶節ほとんどのスタッフが休みますが、それに当たってどれように時間を使うべきかとかです、どのように対処して考えるか。後は自分が会社の代表になっているつもりで頑張りなさいというような色々な視点でお話をしました。その後、上司クラスのスタッフと日本からお越し頂いたお客様と一緒に食事をさせて頂きました。

今回は、スタッフとお客様は初めてなのですが、今までスタッフと一緒に食事をしたことがありません。今、スタッフも段々と力をつけて、優秀になって来ています。今後、このような場にもスタッフを連れて行きたいと思います。少しずつ社会勉強をさせてあげたいと思っております。ただその大前提に、自分が凄く努力をするということがあると思います。

そして、お酒も楽しみながら中国のことやビジネスの考え方、思考、会社の流れも、お客様とお話をさせて頂きました。きっと何か、良いヒントになったと思います。人間で凄く大切なことはヒントだと思います。良いヒントを得られるか得られないかによって、気付くことが違います。気付いた方はかなりの確率で上にいくと思いますが、気付けない人たちというのは、その場に停滞してしまうと思います。そういう意味でも私が色々なものを、多くの方たちに伝えること。これが重要だと感じております。これからもぜひ色々の方たちと色々な交流を深めたいと思います。

詳細情報

2010年9月29日 (15:31) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

故郷の広州へ!









本日朝八時半のフライトに乗るために六時に起床して、六時二十分に出発しました。飛行場に着いた時間は七時前でしたので、まだ時間があり今回持ってきていた簡単な茶器で今回一緒に同じ飛行機に乗られる方にお茶を振舞っていました。今回は祁門紅茶を持っていましたので、祁門紅茶を朝から飲んで、すごく幸せな気分になって、フライトに乗らせて頂きました。その後、昆明に到着。その後、11時55分のフライトで広州に飛びますので、すこし時間がありましたので、朝食も兼ねてケンタッキーに行こうということで、朝食を食べました。

そして他の方達はマージャンをしに行くと言って、隣のマージャンコーナーに行かれたのですが、一人杭州からいらっしゃった女性の方がまだ若い二十二歳の女性でしたが、雇われ店長をしていました。その店を任されている女の子で非常に良い考え方をしていると思いました。当然その前に色々な辛いことがあったのだろうと思います。なかなかこの年でここまでの考え方になる人は少ないのではないかと思いました。そしてその子にせっかくの機会ですので色々お話をしました。店舗を管理するにはどうするか、どのようにして自分のブランドを作り出すとかビジネスの話を少ししました。そうするとその子も今まで誰も教えてくれなかったと言ってすごく喜んで頂きましたので、私的には非常に良かったと思います。また何かあればメール下さいと言いましたので、今後もこのようにして中国の方達が少しずつ良くなることを私がしなければならないと思います。

当然人間ですので完璧な人というのはいません。皆さんどこか欠点がありそれと同じかもしくはそれ以上に長所というのはございます。そのバランスを見ながらきちんとしたアドバイスをして、その方達の能力を伸ばすことを私はして行きたいと思います。そのため社員にも色々な角度で色々な話をします。それは彼女達が将来もっともっと素晴らしい人材になり、地域や社会に貢献して頂きたいという気持ちです。 一番良いのは国と国を繋ぐ国際的な交流がより円滑になる ように働いてくれたら嬉しく思いますし、誇りに思います。

その後、飛行機で昆明から広州で飛行場から中信のところにバスで移動しまして、戻ってからすぐに明日の表演会の準備を行いました。準備は今回茶芸部のスタッフが完璧と言えるほどしていましたので、さすがに成長してきていると思いました。言った仕事がきちんとこなせる事は、一見当たり前のように見えますが、実は難しいことだと私は思っています。その中でスタッフが成長すればするほどきちんと出来るようになります。こう言うものをきちんと評価してあげることが私は上司や社長として大切なことだと思います。

そして準備がすべて整いまして、商工会の方達にメールをさせて頂きました。前回中秋節のときに休ませて頂いたのですが、皆様に告知していませんでしたので、店舗にいらっしゃった方が大勢いらっしゃいました。今後はお休みなどのときに事前に連絡したいと思います。 大変申し訳ございませんでした。

詳細情報

2010年9月28日 (15:28) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

プーアル茶交流会雲南省6日目















六時過ぎに起きまして、外で日記を書きながら資料を整理していました。今回学んだことは非常に多くて、当然多く方達と話す中で学ぶことや感じることもたくさんあります。今回すごく良かったなと私自身思っています。それをすべて朝の時に纏めまして、少し時間がしてからホテルに向かいました。本日は「景迈」と言ってプーアル茶の中でも非常に有名な産地に行きました。この「景迈」に行く時間が約一時間半ほどかかりますので早い出発をしようと話をして、朝六時過ぎに起きた訳なのですが、早朝から問題が発生してしまいまして、車が二台故障してしまいました。そのため車の段取りをしたり、他の社長さんから車を借りたりと、朝から違う意味で忙しかったです。

そして、ホテルを出発したのは九時半を回っていました。ホテルの前で約二時間ほど待っていたのですが、その間色々な方とお話をしながらプーアル茶の思いであったり、知識であったり、考え方などの話をしていました。そして、茶畑に付いたのが十一時半頃になります。そこから歩いて、午前中はお茶摘みを予定していたのですが、朝の車が壊れてしまい、一時間半ほど遅れての出発でしたのでお茶摘みの時間が少なかったです・・・。

「はい!スタート」と言ってから、バーっとお茶摘みを始めて、大体五分後ぐらいで「はい!終了」と言ってお茶摘みを終えたのですが、いくらも摘めずに終わりました。本来、自分の摘んだお茶を皆で一緒に炒りながら、お茶を作ろうと企画だったのですが、今回は機会に恵まれず作りませんでした。その摘んだお茶を持って帰り、ご飯を食べながら、色々な話をしていました。この時も私が日本人であることから、すごく多くの方に声をかけて頂ました。

私が感じているお茶の世界、皆さんが感じているお茶の世界、世界観を話すことが非常に面白かったです。ほとんどの方がお茶のビジネスをされている方ですので、色々な意味で勉強になります。当然私的には好きな話ではないですが、たとえば、百元の物を五千元で売ったとか、四千元で売ったみたいなお話もされる方もたくさんいらっしゃいます。ただこれは中国では騙されたほうが悪いと言います。この視点で見れば百元の物を五千元で買ってしまった人が悪いということになりますので、売ったほうは賢かったり、どちらかと言うと褒められるほうになります。
 
中国の方ですと騙すのも少し難しいので、外人を騙してる方が非常に多いです。その中で私が受け止めながら、話をしていたのですが、この考え方というのはほとんど変わらないと思いました。これは少し悲しいですが、現状では仕方ないかなと思います。

食事を終えて、今回この地域の方が集まったテーブルに呼んで頂き、見事に捉まってしまいました。昼間から、少数民族の方たちが作られたお酒を約二百五十ミリリットルほど飲まされてしまいました。コップにして二杯ぐらいになります。ただお酒を飲みながら、少数民族の文化であったり、私達のお話であったりという、交流をしながらでしたので、非常に愉快な時間を楽しまして頂きました。これはこれで当然感謝しなければならないことだと思います。その後、テイスティングのゲームをしようということで、千年以上の木から作られたお茶と何歳もしくは何十歳という木で作られたお茶の二種類を飲んでテイスティングするという企画だったのですが、お酒を大分飲まされてしまい、味覚も少し自信がない状態で挑んだのですが、きちんと当てることができました。

皆さん私が日本人で外人だからプーアル茶も分からないだろうと思われていたのですが、そういうことではなくて、お茶を理解している人が分かるということをきちんと証明出来ましたので、私的にはよかったです。これは飲んで行けばすっと分かります。今回日本人の面目を保てたのではないかと思います。そして、お茶を作るところまで戻りまして一緒にお茶を作っていました。その後、お茶を作った後に、戻るまでに時間がかかりますので、早めに夕食を済ませて戻りました。以上です。
 

詳細情報

2010年9月27日 (15:24) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

プーアル茶交流会雲南省5日目



















本日は朝早く起きて、外で日記を書いていました。そして学んだ事も全て整理をしました。ホテルで朝食を済ませた後に、すぐに用意をしました。ホテルを出発して、目的地に行くまでに、一つ急な坂があるのですが、昨日の夜少しだけ雨が降ってしまい、その坂が濡れていました。そして、スッート坂を上っていたのですが、タイヤがスリップしてしまい、全然前に進む事が出来ませんでした。それなので、皆さん車を降りて、車を押そうという事になりまして、皆で車を押したのですが、かなり坂の厳しい所なので、押してある程度まで行ったのですが、半分まで行かずに、諦めてしまいました。

結構長い時間押していたのですが、三十分ぐらい皆でかけ声をかけながら、やっていたのですが、力及ばずという形で最後は諦めました。そのため 何台かのジープに行き来して頂き、時間が凄くかかりました。その後、お茶の作る工場に着き、そこで皆でお茶を飲みました。そこ邦盆という場所になります。昼ご飯はビュッフェスタイルで皆さん好きな物を食べるという形で色々スパイシーな料理もありました。全て美味しく頂きました。私は結構色々な所に行っていますので、スパイシーな物には結構慣れています。

お昼ご飯を食べた後に、すぐ移動開始しまして、老班章という産地に行きました。老班章はプーアル茶の中でも最も知名度の高い生産地と呼ばれていまして、その生産地でのお話やテイスティングなどもさせて頂きました。今回最高級の茶葉を五百グラムだけ分けて頂きました。これは店舗に戻って何かあった時に皆さんと一緒に飲もうと思います。そして、老班章からお茶工場に戻りまして、皆とお茶を作りました。

最初お茶作りの時、皆さんバッーと集まって、私もやる、私もやるという形で言っていたのですが、凄い熱い作業になります。温度は約二百八十度から三百度ぐらいなっていると思います。その熱い窯の上で茶葉を煎るのですが、最初何回かやると、もうOKという形で皆さんやめてしまい、一つの鍋 で約八から十分ほど煎るのですが、その作業だけでも一回の鍋で皆さんやめてしまいました。その後、作っている方達は笑いながら少し体験したら、それで良いんですという形でお話をされていましたので、ちょうどガラガラになった事もあり、私がずっとお茶を作っていました。作る事一時間半ぐらいその方達と一緒にお茶を作りました。お前は良くやるなという形で褒めて頂いたのですが、それは皆様に対する感謝ですと言いました。

皆さんが頑張って良いお茶を作るから、私達が飲めるのであって、それに対する感謝を僕は代表して伝えました。そうすると農家達にも凄く喜んで頂きました。日頃、本当に肉体労働をされている農家の方達にもっともっと多くの方達が感謝する機会がないかと思っています。そして、皆さん会社に戻りまして、会社で夜ご飯を頂き、その後で、最後のイベントということで、小学校作るということをここの社長さんがしたいのですが、これは以前私も話しを聞いていまして、少しずつ準備しているという段階です。

今回社長が四十二枚のプーアル茶、その学校のために寄付をしました。その寄付したプーアル茶を皆さんでオークションにかけました。私も一枚、千元のお金を使って、一枚のプーアル茶を買いました。これはお金ではないと私は思っています。そのような社会貢献を考えられている中国の方というのは本当に少ないです。今まで多くの産地に行っていますが、多くの社長達が話すのはコストであったり、人件費の問題などです。その中で、小学校のために自分のお茶を寄付するという考え方、その姿勢に志を感じました。

すごく良い話を聞かせて頂き、良い志を見させて頂きました。私は人間として必要な物は志だと思っています。志なくして大きなことは出来ないと私は思っています。それなので自分の中でその志をずっとずっと大切にすると言うことも私にとって非常に大切なことになります。その志がこの社長と一緒に響いて今回このような素晴らしい企画に呼んで頂きましたので、これからこの素晴らしいプーアル茶が私達の手によって全世界に広げて行きたいと思います。

詳細情報

2010年9月26日 (15:22) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

プーアル茶交流会雲南省4日目



















本日7時前に起床して、朝食を済ませました。朝食は卵と肉饅、あと野菜饅がありました。 美味しく頂きました。そして直ぐに孟混という場所にあります。お茶を作る工場に行きました。道程はずっと高速道路でしたので直に着きました。時間にして二十分ちょっとだと思います。ここでお茶をどのように加工するか、作るのかというのを見せて頂きました。設備が整っているというのが私の個人的な感想です。色々な所のお茶農家を見てきていますが、小さい所ではここまでの設備はまずないでしょう。

その後、布朗山の頂上に向けて出発しました。途中道が凄く悪くて、ガタガタガタガタ、このようにして走っています。このガタガタというのがまだ良い方だと正直思いました。今回初めていらっしゃる方も沢山いまして、その方達は"お~、こんな道は大丈夫か"と言っていましたが実際まだまだ悪い処はあります。そして山頂に到着して、その後皆さんと一緒にお茶をテイスティングしていました。

お茶の樹の写真も沢山撮らせて頂き、その後皆さんと一緒に色々なお茶をテイスティングしました。時間にして二時間くらいずっとテイスティングをしながら、今まで何をして来たとか、何をしてるとか、今後はどのようにビジネスをするかとか、広東省の方達と一緒にお茶を飲んでいましたので、凄くお茶に詳しいです。特に産地と、そのお茶はどのような味がするとか、どの様な味は好まれるとか嫌われるとか、凄く詰めたお話でしたので、個人的には大好きな話でした。

その後一緒に皆さんで少数民族の料理を楽しみました。料理も非常に沢山作って頂き、糯米、普通の米、後は黒米など、お米だけでも三種類も用意して頂き、更に料理はこの村の特色のある料理を作って頂きました。当然辛い物が多かったですが、これも非常に良い辛さかなと思います。個人的に一番美味しかったのは筍になります。筍が凄く好きな人間ですので、筍が一番美味しかったです。そして広州の隣の中山市から来ているお客様がいらっしゃったのですが、この方の経営理念や信念や考え方と感じ方など、非常に勉強になりました。

以前国営の会社にいまして、そこから個人の企業に就職して、その後独立されて、今年で12年と仰っていました。その中で、感じてきた事や学んできた事、経験してきた事を非常に多くの事があったと思います。凄く良い物の見方をされる方だと思いました。経営者として非常に重要な事を沢山学ばれたと思います。今後きちんと来年から広州和僑会をしたいと思うのですが、その時に講師としてお招きする方としても素晴らしいなと僕は思っています。実力のある中国の社長は今どんどん増えています。その方達の話を聞く事によって、中国の現況であったり、これから中国はどのように変わっていくかというのを感じているかなど色々な面で見る事ができると思います。お招き出来たら、面白い方だなと思いました。

そして午後、少数民族のショーを見させて頂きました。今回は傣族と拉祜族という二つの民族の踊りを見させて頂きました。踊りながら歌い、そして皆で笑いながら楽しんでいました。二つの少数民族の大きな違いを感じ取る事が出来ました。傣族は凄く表現力があり、どちらかというと人慣れしているという感じです。逆に、拉祜族は凄く恥ずかしがり屋の民族で、人ともあまり交流しないそうです。その差が綺麗に出ているなというダンスでした。最後も終わった後は恥ずかしくて走って戻るみたいな、それが凄く可愛らしく映りました。

その後、総経理の奥様とお子さんがいらっしゃっていたのですが、一緒にお話をさせて頂きました。お子さんは脳に障害がありまして、一人で歩く事も儘ならない方です。可哀そうというのは、きっと語弊があると思うですが、私達は五体満足な体を持っていますので、そのような方達を見ると、少し可哀そうに見えてしまいます。私の妹にも脳に障害を持った妹がいました。その妹とその子がリンクして、きちんとお話は出来るのですが、お話をしている時は涙が出て来てしまいました。それくらい私の中で何か響く物があるんだなと思いました。その妹は既に他界してしまいましたが、その妹から学んだ事も沢山ありました。自分の中で話したかった事や、教えたかった事など、他には逆に言えば教えてもらいたかった物などもきっと教えて頂けたと思います。凄く良い時間を過ごさせて頂きました。

その後一緒に夕食を食べさせて頂きまして、孟海のホテルに戻りました。そして社長はすぐに人を迎いに行くという事で、是非私ももう一回連れてってくれませんかと話すと、社長が驚いた顔で、"なんで"と聞かれたのですが、私は社長ともっともっと深い部分を話したいと思っていました。是非一緒に話をしながら迎いに行きましょうと言いました。一瞬変わった人間だなと思われたと思うですが、凄くお話がしたかったのでお願いをしました。

そしてプーアル茶の現状や起こっている問題、後はしなければならないこと、あとはマーケットなど、色々な流れなどを話し合いました。本当にお茶の事を思ってやってる人は、僕も正直言って少ないのが現実です。基本的に何のためにやっているかというのが重要だと思うのですが、それが大部分の方は、お金の為にされている方が殆どだと思います。お金の為にされている方達のお茶と、お茶の為にお茶をされてる方達のお茶というのは全く違います。

出来た物は確かにお茶という一つの物かもしれませんが、その中に含まれている物は全然違います。そのような熱い部分までお話をして頂き、非常に感謝しております。これからもきちんとした態度で、きちんとした心構えでお茶を取扱っていきたいと思います。再確認させて頂き、感謝しております。中国にも高い志を持たれている方はいらっしゃいます。

詳細情報

2010年9月25日 (15:21) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

プーアル茶交流会雲南省3日目

















本日は昨日の夜行った、表演のボリュームが余りにも大き過ぎて、耳が痛くて起きました。昨日から耳がずっと聞こえ難い感じになってしまいました。昨日から少しお腹の具合が宜しくないので、お茶を飲みながら日記や学んた事を整理していました。私はお腹の調子が良くないと、食事を取りません。そして少し濃い目のお茶を飲みます。そうすると、大体一食開けた時には良くなっているというのが私の体です。何事もそうだと思うのですが、上手に付き合うというのが非常に重要ではないかと思います。私は私の体を凄く理解していると思います。

そして昆明で用意して頂いた物をきちんとした木の箱に入れて頂き、発送して頂きました。その後、一人の知り合いの方と話をしながら、お茶を飲んでいました。そしてお昼のフライトで西双版纳に行きますので、それに間に合わせるように少し速めにタクシーに乗りました。そして荷物を預けて、飛行機を待ってる時間はずっとパソコンを触っていました。今回も多くの方達とお話をさせて頂き、その中で多くの事を学ばさせて頂きました。人間謙虚になるというのは非常に重要だと実感し、すごく収穫のあった二日間でした。

そして飛行場に着いて、すぐに南糯山にある臻味號の会社に着きました。ここで皆さん一度集まり、一緒にお茶を飲んだり、お茶の工場を見学しました。その後、夕食まで少し時間がありましたので一緒にこのお茶の会社の後ろを1周歩きました。ここは布郎山という地区になりまして、自然が多い場所です。古树と呼ばれる何百年も経ったお茶の樹が沢山あります。その後、皆さんと一緒に歩いてこの地区で一番古いと言われている八百年のお茶の樹を見ました。その樹は非常に形が良くて、お茶の樹というのはスッと上に行ってしまう物が多いのですが、その樹は一度良い高さで横に広がり、そこから上に伸びていました。 お茶もすごく摘みやすい形になっていました。そのお茶の樹を見ながら,自然を体験して、凄く良い時間を過ごしました。

マイナスイオンをたっぷり吸って、体に非常に優しい状態で、沢山の良い空気を吸い、沢山の良いプーアル茶を見て、プーアル茶を満喫できた一日だと思います。その後、会社の评茶室に戻り、皆さんと一緒にお茶を飲み続けていました。色々なお茶の味がございますし、産地によって味が違います。それを皆さんと一緒にあーだこーだと言いながら、お茶を飲んでいました。お茶好きの方が多くて、私自身色々と学ばさせて頂きました。皆さんがお茶に対する思いとか、考え方というのは当然皆さん違いますし、どのようにプーアル茶に流れて来たかというプロセスであったり、楽しみ方、経験など皆さん当然違います。そういう物も含めて一緒にお話させて頂き、非常に有意義な時間でした。

そして夕食を食べ終わり、皆さんと一緒に孟海のホテルへ。今回泊まったホテルは双佛大酒店です。昆明で泊まっていたホテルが良い物ではなかったので、凄く良く見えました。実際もそこそこ良いと思います。お茶の産地でここまで綺麗なホテルというのはなかなかないと思います。今後皆さんと一緒にお茶のツアーを企画しようと総経理の方とも話をしていましたので、その時にはこのホテルはしようかなと思います。今日は殆ど半日が移動で、そこからずっとプーアル茶尽くし、明日もっともっとプーアル茶尽くしに成ります。明日が楽しみですので、今日は早めに整理をして寝ます。

詳細情報

2010年9月24日 (15:16) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

プーアル茶交流会雲南省2日目

















本日は朝ホテルの下で巻き物を食べました。今まで見た事もないお米のパンみたいな物に油条を挟んで食べる、サンドイッチみたいな物を食べました。そして以前から関係のあるお茶屋さんに行きまして、色々なお茶を飲んでいました。そこでは紅茶とプーアル茶をメインで飲みました。その後、孟海の茶葉研究所の張さんとアポを取りまして、色々な話をしていました。

今回色々な形でプーアル茶を聞きたいという話をしたところ、是非という形で心良く受けてくれました。この張さんは以前は中国の有機茶、有機栽培を行う基準があるのですが、その有機茶の検査員として第一線で活躍されていました。その為有機栽培の技法や、後は肥料の話などもかなり詳しく聞きました。現在の中国の有機栽培の状況も、物凄く詳しいお方です。私も凄く勉強になりました。多くの角度でお茶を教えて頂きましたので、凄く良かったです。

それと黒陶と言い、黒い陶器を雲南民族大学の先生方にオーダーしていたのですが、その陶器のパッケージをしっかりして頂きました。ChineseLifeの店舗でも販売させて頂きたく思います。雲南省の最も有名な陶器の一つです。その後ホテルに戻り張先生に今回持って来ていた祁門紅茶をプレゼントさせて頂きました。

その後、昨日も見た茶膏と呼ばれる、プーアル茶で出来た飴みたいな茶膏を見に行きました。最終チェックをしました。これは開発から製品に成るまで凄く時間がかかった商品ですが、凄くしっかりした物が出来ていて良かったです。もっと綺麗な形にならない物かと思っていましたが、きちんとなっていました。後はプーアル茶の粉も販売させた頂きたいと思います。オフィスや自宅でなかなかお茶を淹れないという方におすすめの商品です。

プーアル茶を飲んでいるというイメージよりもインスタントコーヒーの感覚です。そしてその後、夜に昨日予約をしてきた表演を見に行く予定ですが、その前に少し時間がありましたので知り合いの方がマッサージに行こうという事でミャンマー式のマッサージをして頂きました。初めてミャンマー式をしたのですが、足を凄く使うマッサージで足の使い方が上手でした。どちらかというと足の裏で蹴るのが多かったです。足ですので力を入れる事ができますのでグッと押され痛いぐらいでしたがすごく良かったです。

そして9時半天恒大酒店という場所の五階で表演を見ました。表演は凄く有名な方達が出ていたみたいです。映像でCCTVの映像も出ていました、凄く有名な方達だろうと思われます。凄く音が大きくて、正直びっくりしました。スピーカのすぐ前の二列目で凄く良い場所ではあったのですが、そのような場所に席を取ってしまった為、凄くボリュームが大きく、気合いを入れて大きな声で話す時には音は何か分らないくらい大きかったです。今まで色んなところの表演を見ていすがこのような色々なショーがある表演は初めて見ました。良い経験になりました。

詳細情報

2010年9月23日 (15:16) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

プーアル茶交流会雲南省1日目



















本日、五時過ぎに起きまして、五時半に家を出て、六時発の中信から飛行場に向かうバスに乗りました。そして、七時五十五分の昆明行きのフライトに乗り、約二時間で昆明に着きました。荷物をピックアップしてそのまま知り合いの方がいる所まで移動しました。まずはホテルにチェックインして、少し歩いたところで食事をしました。僕は雲南省の過橋米線が非常に好きなので、それを食べに行こうと言い食べさせて頂きました。

広州で食べると結構いい値段するのですが、雲南省ですと当然本場ですので、安くて何元という価額です。本場はやはり広州で食べるより美味しいと思いました。その後、雲南省で作られている雲南紅茶をテイスティングしました。今年は干ばつ の影響を受けて、かなり生産量が落ちていました。その中で私は良い物を見つけられず、今まで取り扱っていません。

そして知り合いの方の所に行き、話をしながら何店舗も行かせて頂き、紅茶をテイスティングしていました。それなりに良いと言うのはありましたが、明日雲南省の茶葉研究所の方とアポを取っていますので、その方とお話してから決めようと思います。それと、今回プーアル茶の茶膏と言ってプーアル茶の煮出して練って造る物があるのですが、昔からあるものなのですが、これをCLでも取り扱いたいとずっと思っていました。

私自身お腹が痛いときとか、気持ちが悪いときにこの茶膏を飲んでいます。以前にお客様からもそれは販売しないのですかと質問を頂き、今回やっと作ることが出来ました。これは原料は非常に重要で、適当な原料で作っているメーカーもたくさんあるのですが、五年物のプーアル茶できちんと作った茶膏をChineseLifeで取り扱います。

そして昆明のちょうど一番良いメインロード、市内と呼ばれているところに天恒大酒店に行き、表演を見れると言うことで予約をしに行きました。以前成都で見た表演が非常に良くて、私は色々なところに行くと表演があるかないかと言うのを聞きながら歩いています。そして本日のチケットもぎりぎり販売していたのですが、一番後ろになってしまうので、それでは明日のチケットでお願いしますと言う形で予約だけして帰ってきました。そしてホテルに戻って資料をずっと整理していました。明日も午前中からびっちりアポが入っております。

詳細情報

2010年9月22日 (15:14) | コメント(0) / カテゴリ:出張関連

明日の準備は完了









本日午前中新しいスタッフと話をしていました。今日から入った新入社員がいますが、新入社員に少し話をしました。新しい茶芸の講師が一人増えまして、その社員と話をしていました。現状の茶芸であったり、中国茶がどのような流れになっているのか、それに対してchineselifeがどのようにしていきたいのかという話なども具体的にしました。きちんとした理解を得られなければ、教えるものや話すものもだんだんと変ってくると思います。そう意味でも少しでも多く、理解して頂きたいなと感じております。

その後、茶芸の教室にて昨日取り付けかけていたカーテンのレールをつけました。やっときちんとした形になりました。午後、店舗で整理をしまして、オフィスに戻り、オフィスもきちんと整理した後に家に戻り、そして明日朝一番のバスで飛行場に行き、昆明に行きますのでその準備をしました。家できちんと準備が終わった後に、店舗に戻りますといつもサッカーを一緒にしているメンバーが、お茶を買いに来てくれました。今回日本に戻るお土産にして頂きました。色々とお話をした後に、明日から中秋節でお店を四日間休むのですが、その前に皆で一緒に月餅を食べようと話し、月餅を食べながら話をしていました。

スタッフによっては故郷に戻っているスタッフもいましたが、残っているスタッフで月餅を食べました。僕にとって家族と一緒に過ごす時間という雰囲気を与えてくれた良い時間でした。その後、仕事の段取りをしましてすぐ近くのラーメン屋さんに行って夕食を済ませ。ジャスコ に行って明日から行く準備を整え、それほど遅くならないうちに今日は寝ることにしました。

詳細情報

2010年9月21日 (15:11) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

気質の素晴らしい女性









本日ChineseLifeの朝礼を行いまして、現在行っている全ての仕事を如何に改善するかという問題を投げ掛けました。仕事というのはすればするほど慣れて来て、ある一定のリズムを作り出します。そのリズムを改善出来るか出来ないかによって、仕事の品質というのはグッと変化します。この点を朝礼で話をしました。そのため仕事の段取りであったり、スケジュールと社内の整理などを含めて話をしました。一番重要なのは掃除だと思います。掃除が出来るスタッフは必ず良い仕事をします。掃除が出来ないスタッフはそれほど良い仕事が出来ません。これは私の経験上そのように感じています。そのためChineseLifeは良く整理や整頓、掃除をさせます。そうやって少しずつ人として能力上がる事を願っています。

午前中日本に帰国されているお客様がお茶を買いに来て頂きました。今回娘さんと一緒にChineseLifeの茶芸講座を十回ほど受講して頂きました。非常に以前からよく知って頂いている方です。去年広東外語大学で行われたお茶会の時に、私もお手伝いとしてカメラマンをさせて頂いたのですが、その時にもお会いした事もある娘さんです。非常に良い雰囲気を持たれている方だなと毎回思っています。お母さんも非常に優雅な感じて、落ち着いたイメージを他の方に与えられる方です。今回十回学んで頂いて、きっと中国茶の良さや面白さというのを理解して頂けるのではないかと思います。いかにお茶に触れるか触れないか、人間の心の状態であったり、後は考え方、落ち着いている具合なども含めて影響があると思います。

少しずつ落ち着いた雰囲気であったり、昔からの良いとされている物が少しずつ変化しています。これを時代の変化と言えばそうなのかも知れませんが、どんなに時代が変化をしても、人が重要とされる物というのはそんなに多くはないと思います。それを私達は茶芸で皆様にお伝えして行きたいと思います。その後、お客様が何人もいらっしゃり、一緒に色々なお茶を飲んでいました。色々なお話をさせて頂き、中国の事であったり、私がお茶に対してどう思っているかなどもお話をさせて頂きました。その中でちょうど同じ会社の方達がいらっしゃっり、お話をされていたのですが、凄く狭い世界だと思います。広州で暮らされている方、それほど多くないので、狭いと言えば当然狭いのですが、その中で、良いコミュニケーションを作れるか作れないかというので、生活に影響があるのではないかと思います。

この点も含めてChineseLifeは何か皆様のために出来る事がないか考えています。そして夕方来週の表演会のリハーサルをしました。全体的にさすがというクオリティの表演でした。学校の代表としてずっと表演をしていましたので、当然動きや表現方法、表現力というのは素晴らしい物があります。ただ、何点か細かい点を話しました。良いと思う事も当然大切だと思うのですが、少しでも足りない事、これに気が付いて頂ける事は彼女をより伸ばすことになると思っています。そしてイケアにカーテンのレールの道具を買いに行きました。

そして、戻って来てカーテンのレールを取り付けましたが、少し部品が足りませんでしたので、明日の午前中に取り付けたいと思います。そして、夜はChineseLifeの日本発送のネットショップのメルマガを書かせて頂きました。九月三十日で日本発送のネットショップを一度閉じます。そして、リニューアルして中国発送のホームーページに切り替えたいと思います。これはChineseLifeにとって大きな前進であると私は心得ております。

詳細情報

2010年9月20日 (15:05) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

奥様も元気でした!







本日午前中は茶芸教室の事で話をしていました。後は中国語の講師に対して小さな会議を開きました。会議の中で非常に重要な事だと私が思っているのですが、どのような価値を見出せるのかということを考えています。中国語の価格が変わりました。これは九月の十五日が変わったのですが、経験のある講師は一コマ五十元という価格になります。教える方法であったり、お客様との話し方、後は現状に対してどのように目標立てるのか、という面も非常に優秀だと私は判断しています。これからは二つの価格がございます。

その後、広州の親友がいらっしゃいました。そして親友の奥さんも前日戻られて店舗に来られたのですが、非常に顔色が良くて安心しました。そして今中国でどのように動いているか、どのような現状があるのか、という話なども色々していました。そしてお茶を飲みながら色々なお話をしていました。この時に今年祁門紅茶の中で最高級の祁門紅茶が五百グラムだけあるのですが、その最高級のお茶を飲みました。

このお茶は今年に入って二回目ですが、非常に繊細で溶けるような甘さを秘めた紅茶になります。この祁門紅茶が作られた事に私達は感謝しなければなりませんし、今日頂けた事にも当然感謝しながら大切に飲ませて頂きました。お茶というのは無限の可能性がある物だと私自身が思っています。その為、良い物が出来る年もありますし、出来ない年もあります。今年は良い物が出来た年になりまして、その恩恵に授かっている事に対してもきちんと感謝しなければならないと思います。

そして夕方、私が尊敬している青島の社長さんがいらっしゃいました。先日ドイツに行かれて色々市場視察やドイツでのお話なども聞きまいた。その中で凄く参考になったのがデザインという物が根本的な部分が違うという話をされていました。私もこの部分に非常に興味がありまして、もっと良い状態で何かを作り出せないかと考えているのですが、そのような角度や価値観など全く違っている処で戦っています。このような事は行かなければ感じ取れないと思うのですが、今回お話を通じて非常に参考になりました。

お茶もヨーロッパ市場で凄く飲まれていますが、色々改良されて飲まれているのが現実です。色々な香料や少し色を付けて、美味しく見えるようにする工夫であったり、アイディアというのが重要だということも分りました。そしてお話をしている時に、社長は仕事が好きだから、社長をしている話をしましたが、その通りだと思います。私もそのように感じます。好きだから、本当に良い物を作り出そうと思いますし、もっともっと価値のある物を作ろうと思います。

嫌々で行えば良い物も価値も創り出せないのではないかと感じております。そして夜は表演会の準備のために金具屋さんに行ってカーテンのレールを購入して来ました。ずっとどのようにしようか分らなかったのですが、金具屋さんに行って良いパーツをゲットして戻って来ました。明日、明後日で取り付けてみてどのような感じになるか、見てみたいと思います。

詳細情報

2010年9月19日 (15:03) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

可愛いお子さん





本日午前中に一緒にサッカーをしている方と奥様とお子さんの三人で店舗に来て頂きました。お子さんは二回目でしたが、非常に可愛くて、凄く愛嬌のある子だと思います。そして中国のお話を色々としてました。私は色々な所に行って、色々な農家の方達とどのように話しているか、これをどのように考えているかなどもお話をしました。その後他のお客様がいらっしゃり、中国で頑張っているお話をしました。

中国で仕事をするというのは日本人の方にとって凄く大変な事なのかも知れませんが、実は日本を出た時点でそれほど差はないのかと私は正直思います。最近のお話などをしました。その後、自宅で中国語を習われているお客様にお茶を飲みに来て頂きました。上海の方にプレゼントをするお茶で、何が良いですかと質問を頂きましたので、私は今年の祁門紅茶をお勧めしました。

祁門紅茶は中国で最も有名な紅茶ですので、イメージ的には旅行でも買えるようなイメージですが、祁門紅茶という名前のお茶は中国全土でも買えます。しかし、本当に価値のある伝統的の製法で作られた祁門紅茶というのは市場にはすごく少ないです。中国茶が好きな方であれば分かると思います。是非プレゼントにして頂いて楽しんで頂きたいと思います。日本にもプレゼントで非常に人気のお茶になります。今年は凄く出来が良いです。

その後もお客様がいらっしゃり、そのお客様達には中国茶の危険性などの話もしました。農薬、化学肥料と色々な問題がありますが、当然悪いのもあります。これは否定できない事実ですが、良い物も確実にあります。その消費者の方が選択出来る物が必ずしも良い物でないというのが凄く残念な現状だと思います。

お店を閉めてから、来週雲南省に行きますので、髪の毛を切りに行きました。いつも行っている所に行き、毎回同じ方に剪って頂いています。その後、IKEAに行きました。私が来週帰って来てすぐに表演会があるのですが、表演会の部屋がまだ完全には出来ていません。その為きちんと準備をした段階で雲南省に行きたいと思っています。今日IKEAに行ってきました。夜は雲南省に行くための準備をしています。簡単に言いますと、仕事の前倒しをずっとしています。

詳細情報

2010年9月18日 (14:53) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

新入社員との話





本日朝社内で仕事の整理をしまして、本日新しく入った新入社員と少し話をしました。今若い子はきっとほとんとの方がそうだと思うですが、凄く良い事を話します。ただ言っている事とやっている事に差がある若い子が大部分です。この点は仕方ないのかなと思いますが、もう少し良いほうに改善できないかなと私自身思います。きっと学校での学んできた事は環境がこのように偏ってしまうかなと思います。もう少し何か良い流れが出来ないかなといつも感じます。

そしてその後店舗に下りまして、昨日一緒に食事をさせて頂いた方が店舗にいらっしゃいましたので、挨拶をさせて頂き、少しお話をさせて頂きました。その後、良くして頂いているお客様が店舗にいらっしゃいました。そして最近のお話や、何をしているかなど、色々なお話をさせて頂きました。このお客様とお話をしていると、凄く心が和みます。いつも優しい雰囲気の方で、話せる内容も多く、豊富な知識量を持たれている方です。

先週から初級の講座始められたお客様がお茶を購入して頂きました。この方と少しお話させて頂いたのですが、個人の名刺を作っていて、デザインをしているのですが、書きたい事が余りにもあるので、少しごちゃごちゃした内容になってしまっています。

それを少し改善して頂きました。やはり プロの目というのは,全然違うなと思いました。凄く良いアドバイスを頂きましたので、これを参考にしながらきちんと良い名刺を作りたいと思います。その後本日勉強会の資料を作りました。そしてスタッフがプリントアウトをしてくれまして、7時からchinedelifeの勉強会を行いました。

本日はお金の基礎知識という内容で話をしました。なかなか話をしない内容だったので、私も少し考えながら話をしていましたが、内容としては良かったと思います。凄く学びの多い時間だったと思います。

詳細情報

2010年9月17日 (14:51) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

心の綺麗なスタッフ



本日朝からオフィスの整理をしまして、その後スタッフの一人と話をしました。彼女は入って来て、それ程日にちは経ちませんが、凄く成長しているスタッフの一人です。そして話をする中で、これからどうしていきたいのかとか、どのように考えているのか、後は今の仕事で会社が足りない部分、改善したほうが良い点は何かというような話をしました。そしてこれから講師をして行く上で必要な考え方や心の状態、後はどのようにしてこれから一歩一歩進んでいくかというを話しています。

非常に心の綺麗なスタッフで、これからもっともっと上に行く事か出来ると信じております。私はスタッフに最低でも五人、多くて、十人の部下を持ってもらいたいという話をしています。スタッフの一人一人がそのよう力を持った時に、会社として凄く強くなると思います。これから少しすづ頑張って行きたいと思います。

そして午後から店舗に下りまして、新しい名刺のデザインと内容を考えていました。この名刺は自分の事を書いている各名刺なのですが、今ある物よりも更に進化させた内容にしたいと思います。これからこうして行きたいとか、こういうものを作り出したいというミッションもその中に書いております。これをもっと綺麗な形で表現できたらいいなと思っております。

お客様がいらっしゃり、マックのパソコンの話をしていました。最近意外とマックユーザーの方も増えて来て、個人的にもマックの話は好きな人間です。(^^;)そして色々な話をしている中で、幾つか分からない点もありましたので、今後ちょっと調べて勉強しようと思います。その後、大雨が降り夕方からのキッズサッカー少し心配していましたが、雨も止んでいましたので、通常通りグランドに行きました。グランドでは既に子供達は集まっていて、練習を開始していました。ただ本日は雨が凄く降っていましたので、それが濡れていてグランドが滑るような状況で、少し危ないかなと思いましたが、少し気をつけて練習すればできるなと思っています。これから雨が降った時にどのような対応するかという事も少し考えながら、お母様とお話をさせて頂きました。

詳細情報

2010年9月16日 (14:50) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

優秀なスタッフが育つ





本日15日はChineseLifeの給料日ですので、午前中に全て給料の支払いを行いました。その後ブログを整理して、飛行機のチケットを購入しました。来週雲南省に国際茶会に参加させて頂くためのチケットを購入しました。今回自分の携帯番号を言えばそれも自分の情報インプットしてもらえるので、今後オーダーする時に非常に簡単になります。

午後からお客様がいらっしゃり、暫くお会いしてなかったお客様だったのですが、本日プレゼントを買いに来られました。そしてお茶を飲みながら色々なお話をさせて頂いたのですが、新しいビジネスなどもされています。経営者としても立派な方だと思います。考え方が柔らかく良い方向に向ける力が凄くある経営者の方だなと思います。話して元気を頂けるような方です。

その後スタッフの一人と時間を作って話をしました。彼女はうちで働いて一年弱ぐらいのスタッフですが、優秀で今のChineseLifeの中国語講師をしていますが、この部の中でも非常に重要なスタッフの一人になります。話をしていると、当然仕事の話が多くなりますが、そのほかに考えてることや悩みであったり、色々なことを話しました。

そこで気付いたのが普段上司として頑張っている姿と心で感じていることは違うのだなということを感じました。僕個人的には良い上司になっていると思っていますので、彼女への評価も高いです。これからもっともっと良い物を勉強してステップアップして頂きたいなと思っています。

その後六時から深圳和僑会のスカイプ会議を開きました。少し遅刻して、参加させて頂いたのですが、初めてこのような会議をして、個人的には良いなと思いました。このような会議の形で出来れば場所は関係ありませんし、他には移動時間も全く必要ないですので、効率よく会議を開けると思います。ただフリーディスカッションは難しいのかなと思いました。そして今後の流れやこれからどうして行くかということも話して凄く勉強になりました。もっともっと良い組織にして行きたいなと思います。私も外から応援できる部分はさせて頂きたいなと思っております。

詳細情報

2010年9月15日 (14:48) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

中国将棋

本日は私は休みになりますので、朝から自宅で 社内の整理とブログを全て整理していました。その後会社の資料を作り、私の個人の名刺の内容をずっと書いていました。午前中は会社の整理に使いました。

そして午後からAnnieさんとお話をさせて頂き、中国の将棋をAnnieさんとしました。中国茶の旅などに行って、外に行く時に中国将棋を持って行くのですが、広州にいるとしなくなってしまいますですので、せっかくの休みなので中国将棋をやりながら話しそうかということでしていました。今日は負けてしまいました。(^^;)

その後、店舗の水槽に入れる魚を買いに行きました。そして、色々な魚がいて迷ったのですが、お店の方がこの魚が良いという魚を選んで購入しました。その後十月の中旬以降予定しているお茶会で使用するお茶を淹れる机をオーダーしに行きました。その机の上に設置する大理石を見に行きました。お茶を淹れるテーブルの上に大理石の評茶台をオーダーしました。

色々な作り方で作ったのですが、その大理石をオーダーしに行きました。すごく良い物ができるのではないかなと思います、きちんとした凄く良い大理石で作って頂きますので、物は良いと思います。その後お茶市場に行きまして、いつも友達のところに行ったり、少し顔を出しながら色々なお茶を飲んでいました。皆さんお茶に関しては色々なものを飲んでいます。実際偽物がすごくたくさんあるですが、その偽物も皆さんきちんと飲まれていますし、そういうことは凄く大切だなと思います。

ただ売るために偽物を飲む方と偽物という認識で飲む方といらっしゃるので、そこが微妙な違いかな?といつも思っているのですが、ただ勉強という意味では良いのかなと思っています。今後私は持っている凄く良い七子餅も販売して行きたいなと考えています。その為にも現在日本のネットショップを中国からにシフトチェンジしているということでもあります。これから高級な中国茶も紹介して行きたいと思います。本日お店で今年一番良い鉄観音を飲んだですが、凄く幸せな気分になります。

鉄観音も実際色々な香りや味というのがあります。ただ頂上に立つというお茶が毎回同じ香りや味がします。そういう物は当然最高級ですので、量は少なく値段も高くなってしまいますが、販売させて頂こうかな?と思います。今後はそのような形で中国の最高級の物を販売させて頂きたいと思います。

その方とお話をしているとお友達がいらっしゃり、お友達は日本料理のお店を開きたいという話をしていて、回転寿司なのですが、そのアドバイスがほしいということでお話をさせて頂きました。色々と問題点があると思うのですが、福建省で回転寿司がないから、回転寿司をやりたいという凄く熱い方でした。できるかは分かりませんが、是非努力して頂きたいなと思います。

詳細情報

2010年9月14日 (13:28) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

磁器を語る









本日は朝礼をしまして、皆の良い顔を朝から見ました。最近はスタッフが凄くモチベーションが高く、やる気に満ち溢れていると思います。当然私も良い物をもっともっとスタッフに渡さなければならないと思っています。その中でも凄く良い状態で仕事が出来ているなぁと思います。それに比例して仕事のクオリティも上がって来ています。そのような話を朝からしました。良いモチベーションで仕事ができると思います。

午前中アメリカの華僑の方がいらっしゃり色々な話をさせて頂きました。その方は磁器に非常に興味があり、青花や粉彩の技法や時代にも詳しい方で私も話をしていて少しびっくりしました。当然磁器に詳しい方も当然いらっしゃるのですが、僕はあまりそいう方との接点がなく、磁器についての話というのは凄く少なかったのですが、本日アメリカの華僑の方とお話が出来て非常に面白く、 詳しい方だなと思いました。これから広州に来る機会もあるそうなので、色々な話をさせて頂ける機会が増えるかなと思っています。

そして、日本からいらっしゃったお客様が店舗にお越し頂き、お茶を紹介させて頂きました。その時に飲んだお茶は鳳凰単叢でした。凄く柔らかい味わい、お花みたいな香りがするお茶で飲みやすいお茶の一つだと思います。そしてお久しぶりにお客様がいらっしゃいました。以前から凄くよく知って頂いている方で、性格の素晴らしい方です。

そして色々な話をさせて頂き、最近の状況や日本に戻られたのですが、日本での話なども話しました。そして中国語の講師の会議を開き、これから生徒さん達の成績を付けていこうと思っています。これは当然成績表を生かして、次にどのような目標を立てるかというために作ります。当然弊社では皆様にステップアップして頂くことが基本だと思っています。

そのために私達がやらなければいけないことを少しずつ着実にやっていきたいと思います。そして会議の後にお客様がいらっしゃり、色々な話をさせて頂きました。来週日本に戻られてしまうお客様で今までに多くのお話をさせて頂きました。心が和む素晴らしいお人柄の方です。 心のやさしい方だと私はいつも感じておりました。そして、夜今月末に行います表演会のメールをさせて頂きました。

詳細情報

2010年9月13日 (13:26) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

資料完成





本日は店舗にいて大高勇気中国茶会、中国茶塾 の資料を完成させました。写真が足りてないものがいくつかありますが、きちんと完成させることが出来ました。そして午後日本から出張の方がいらっしゃいました。

今まで何度もお越し頂いた方だったのですが、今回工場の立ち上げでいらっしゃっていまして。全て完成して、これからは出張は無くなるとのお話しでした。最後になるのではないのかなと仰っていました。中国茶の話をしっかりとさせて頂きました。

その後お客様が何名がいらっしゃり、来週の予定をスタッフと話をしました。九月の目標を立てているのですが、その半分ぐらい、現状進んているかなと思っています。本日は鳳凰単叢、黄金桂、紅茶をテイスティングしまして、その中で鳳凰単叢は非常に香りの良いお茶で柔らかく花のような味わいがします。これが 鳳凰単叢 の特徴です。

紅茶は祁門紅茶をテイスティングしました。最近個人的にすごく好きなのでよくテイスティングしているお茶にもなりますが、毎回味や香りというのは微妙に違います。この微妙な変化、なぜこのように違うかというのを考えながらテイスティングしています。そして夜はAnnieと一緒に隣のラーメン屋さんに行って、食事した後に戻って仕事をしていました。大部分は現在販売を開始した世界、後は今月末に日本の通販をすべて変えるのですがその下準備になります。

詳細情報

2010年9月12日 (13:23) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

感じるもの







本日は朝からお客様がいらっしゃいました。店舗で一昨日焙煎した鉄観音を飲みました。焙煎して非常に香ばしく、甘味がしっかりしました。すごく良い状態になったと思います。お茶と言うのはどうしても時間を置くと少しずつ香りが薄れてきます。

あとは味がまろやかになったりと、色々な変化があります。それをきちんと良い方向に向けてあげるのも私の仕事なのかなと思います。そして本日、たくさんのお客様がいらっしゃり、淹れたお茶の種類は七種類淹れました。

鉄観音が二種類、黄金桂が二種類、祁門紅茶、恩施玉露、大紅袍と七種類のお茶を淹れさせて頂きました。やはり感じることは毎回淹れるお茶や毎日淹れているようなお茶もあります。そのお茶も、毎回感じるものが違いますし、甘味や、香りは一つずつ変わってきます。

そのような物もきちんと感じながらテイスティングすることが非常に大切だと思います。何か新鮮な物を感じたり、このお茶にとって良い物を探して行きたいなと思います。

詳細情報

2010年9月11日 (13:22) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

何事も結果が全て







本日は朝一番から倉庫の整理をしました。今日の整理で非常に綺麗になりました。これで今後は定期的に整理整頓すれば大丈夫だと思います。どうしても色々な物が同時進行していましたので、少しずつ綺麗に整理して行く事が大切だと思います。

一歩一歩着実に歩いて行きたいと思います。そして午前中はメールの返信と後はブログを行っていました。本日社内報告があり、少しずつ未来を見えるようになって来た思います。

そしてスタッフと時間を作って話をしていたのですが、知識面であったり、後はどのようにして行くかというビジョンについても話をしましたが、彼女は凄く成長したスタッフの一人で、見ている事や考えている事も段々良くなって来たと思います。

今後もっともっと良くなると信じております。そして金曜日の午後中国語講師の会議を開きました。この会議では来月から予定している価格の変動についてどのような価値を見出せるのかという事と、どれだけ速くお客様に中国語を学んで頂けるのかという事に特化した会議にしました。

何事も結果が全てだと思います。結果が出なければ、モチベーションも上がりませんし、講師の責任感も薄れてしまうと思います。その為結果が出せる中国語講座をずっと考えております。これからもより高い付加価値を提供できるように頑張りたいと思います。

そして夜、隣のJUSCOで買い物をしました。ペンを購入してきました。その時に日本の毛筆を購入して、これからAnnieさんと一緒に少しずつ練習して行きたいなと思います。自分で少しでも関わったり、携わったりする事が重要ではないかなと思います。ジャスコの中にあるお寿司を食べましたが値段と質で見ればそこそこだと思います。強くはおすすめしません。(^^;)

詳細情報

2010年9月10日 (13:17) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

ラジオで学ぶ中国語











本日は午前中オフィスにいまして、茶葉の整理とホームページの整理、後は十月一日から始めるネット販売の整理などをオフィスで会議を開いておりました。そして始めて焙煎の機械を使用 して、お茶を焙煎して見ました。今回は80度で一時間半ほど焙煎していました。凄く良い香りがして、焙煎の状態も非常に良いと思います。

これは明日テイスティングしてみたいと思います。そして午後から昨日もいらっしゃたお客様にお越し頂き 、中国語の授業をされました。中国語の授業は講師には拼音をきちんとする事と、四声をきちんとするという二点を、ずっと重点的に教えています。これはやればやるほど上手になると思います。

ただ拼音や四声というのはご自身で気付かれる事も非常に大切ですので、その点を踏まえてして頂ければと思います。その方は日本ではラジオで勉強されているそうです。ラジオはどうしても一方通行ですので自分が発音した音が、合っているか合っていないかというのは確認の使用がないと思います。

その為にも覚える物はご自身でして頂き、授業では会話を中心として頂ければ有効活用して頂けるとベストです。そして夕方からキッズサッカーがありました。今日は雨が降っていたのですがAnnieさんも一緒に見に行きました。

今回Annieさんは初めてキッズサッカーを見るのですが、彼らの礼儀や、きちんとした態度に凄く驚かれていました。僕はできない子はいないと思ってます。それをきちんとさせるかさせないかの違いだと思います。私ができる事をキッズサッカーの中で少しづつ子供達に伝えて行ければ良いなと思います。

詳細情報

2010年9月 9日 (13:16) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

オープン前にお客様が・・・。





お店のオープン前にお客様がいらっしゃり、少し慌ててしまいましたが、いつもいらっしゃってい頂いているお客様です。お茶を飲みながらお話をさせて頂いたのですが、心が休まると言いますか、凄く良い気分になります。

お茶というのは僕は不思議な力を持っていると思います。一緒にお茶を飲みながら話すだけで凄く心が安らいだり、ゆったりとした気分になると思います。本日は朝でしたので、今年の新茶の白毫銀針と完売していましたが、恩施玉露 というお茶を飲んでいました。

それでこれからの中国の事や 、日本の事なども少しお話ながら色々なトピックでお話をさせて頂きました。非常に有意義な時間でした。その後、茶芸を習いたいというお客様がいらっしゃり、少しお話をさせて頂きました。ただ現状では中国語のみでしか茶芸を教えられませんので、中国語を少し覚えてから来られた方が良いというアドバイスさせて頂きました。

そして午後授業を終わられた方がいらっしゃり、次の試験の話をしていましたが、十月の末ぐらいになるのではないかなと思います。こればかりは私は何も言えません。向こうから指定された日にちですので私もわかりませんので、 何とも言えないのが現状です。

そして夕方いつもよく知って頂いている企業のお方達がいらっしゃり、お茶を飲みながら色々なお話をさせて頂きました。最近のことであったり、これからどのように考えられていること、色々なお話をさせて頂きました。

その後前回中級を受けられた方が今回初級のお免状が届きましたので、一緒にお茶を飲みながら試験のことなどをお話させて頂きました。お茶が持つ力というのは毎日ひしひしと感じながら仕事をしているのですが、もっともっとお茶を煮詰めて行きたいなと私自身思います。

更に努力をして多くの方達に中国茶を伝えて行きたいと思います。そして昨日から販売開始させて頂いた大高勇気中国茶塾「世界」ですが、本日もお1人方からご注文頂きまして、トータルで二セット販売させて頂きました。 販売開始させて頂いたページはこちら→大高勇気中国茶塾・世界です。

これから中国茶をきちんと語り抜く決意ですので、中国茶にご興味のある方、もしくは私は中国のことに対してや、中国のスタッフに対してどう考えているか、中国のことなどにもお話をして行きたいと思います。そのような物に興味がある方はいらっしゃれば是非申込いただければと思います。

詳細情報

2010年9月 8日 (13:12) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

大高勇気中国茶塾世界販売開始





本日は朝からバタバタとしておりました。世界のホームページの販売開始をしまして、それと同時にお客様が購入して頂きました。中国茶を非常に好かれている方で、是非私もきちんと中国茶を話させて頂きたいと思っております。販売開始させて頂いたページはこちら→大高勇気中国茶塾・世界です。

そして本日火曜日は休みですので、今までずっと欲しかった携帯を買いに行きました。以前からiPhoneを使っているのですが、3Gを使っていました。今回は3GS中国語では三代目と言われていますが、3GSのiPhoneに買い替えました。3GSは3Gと比べるとだいぶ速くなっていて、全てのことが凄くスムーズにいきます。

全ての物は進化しているのですね。そして進化できなければきっと退化してしまうと思います。私達のしていくことも常に進化して行かなければなりません。もっともっと色々な形で情報提供できたり、色々な形で講座を開いたりして行かなければならないと思います。

今は広州にいらっしゃる方が対象となっておりますが、これからはネットで講座を受けられるようにしたり、色々と考えて行く必要があると思います。そして少し広州の町をぶらぶらとしまして、久し振りに散歩をしました。私は休み以外は自宅、オフィス、会社この循環を常にしていて、一日中仕事をしています。

大きくなるには当然自分にもゆとりがあったり、余裕がなければスタッフにも良い物を提供できないと思っています。そして今日良い買い物もできて良い気分で歩いていました。そして夕食を外で済ませて、自宅に戻り、新しい携帯を少し弄っていました。これから店舗で、お茶を淹れる時も少しずつこの携帯で写真を撮っていきたいなとい思います。

詳細情報

2010年9月 7日 (13:10) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

プレゼン能力





本日朝礼の場で、本日夜CLのお茶会がありますが。そこで発表する毎月の一言と言うものがあるのですが、そのルールを変えました。今回からプレゼン形式で行うという話をしました。これから人の上に立つ人間はやはりお話が出来なければいけないと私は言っています。必ずしもそうではありませんが、私はできればこの面を鍛えて頂きたいなと思っています。そのため形式を変更しました。

そして今IT部の中にデザイナーがいるのですが、今日非常に良いデザインを作りまして感動しました。今まで彼女とは私が欲しいデザインがなかなかできなく二人とももどかしいような感じだっだのですが、初めて「あぁこれだ!」というのが出来ました。

その後中国のお客様がいらっしゃり、貴州で私達のお茶や茶器を販売したいという代理店さんがいらっしゃいました。以前から少し知っている会社だっだのですが、規模が大きく、抱えている社員数も非常に大きな会社です。ただ私達の理念と少しいずれているかなと個人的には思います。

来年の中国茶の旅は貴州に行く予定を立てているのですが、その時に行ければ一度お話しをしに行こうかなと思いました。そして午後中国語講師の会議を開きまして、現状の報告とこれからどのようにして品質や提供できる価値を多くするかという会議を開きました。私達の中国語講座は現段階で広州で一番安い講座になっていると思います。

これは私達が今まで何のノウハウもなかったからです。中国語のポイントを理解しながら授業をさせて頂いていました。今後は中国語の授業料を30元から50元に変更させて頂きます。これは私達が培ってきたノウハウと、どうすれば中国語をより早く勉強学んで頂けるかという事を練りに練ってきました。

その形を作ることが出来ましたので、来月末から価額の変更を行います。これは私達がそれだけの価値が提供できると自負しております。何でもそうですが結果がすべてだと思います。私も講師にずっと生徒さんが話せないということは講師に問題があると言って来ています。

やはりそれぐらいのプロ意識を持って頂きたいなと思います。その中で、今までして来ている事を形にしてお客様に見て頂くことというのを重要視して行きたいと思っています。

簡単に例えると学校に行って学期末に成績表をもらうのと同じです。そいうイメージで考えています。自分の中国語能力であったり、どの発音があっていってどの発音が間違っているというのを理解して頂くことによってより早く勉強して頂けると思っています。

どんな時でも己を知るという事が大事だと心得ています。そのためにもこれからきちんと考えていきたいと思います。そして夜はお茶会でCLの表彰会を開きました。詳細は老師のブログでお伝えしたいと思います。

詳細情報

2010年9月 6日 (13:08) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

祁門紅茶のテイスティング









本日朝からお客様がいらっしゃいました。こちらのお客様は以前うちで茶芸を習われて、去年日本に戻られて、今年お母様と一緒に広州に来られました。初めて赤ちゃんを見させて頂いたのですが、凄く可愛かったです。何とも言えない幸せな気分になりました。

お子さんは凄く人に幸せや笑顔を与えて くれるなと思います。凄く可愛いお子さんでした。そして一緒に黄金桂と鳳凰単叢と祁門紅茶をテイスティングしました。

その中で色々とお話をしていました。その時にも何名かお客様がいらっしゃり、座る事はできなかったのですが、お茶を少し飲んで頂きました。そしてお昼午後とずっとお客様がいらっしゃり、お茶を淹れながらお話をさせた頂きました。

お茶は良いなと改めて思います。今日も鳳凰単叢、祁門紅茶、鉄観音、六安瓜片、苦丁茶、後は原味の鉄観音と、様々なお茶を飲みました。昨日一日お茶を飲む事ができませんでしたので、禁断症状にかられていました。

本日たくさんのお茶を飲む事が出来て、昨日の分も飲んだと思います。お茶がない生活というのは私にとって、考えられません。お茶を飲みながら他の人とお話をさせて頂き、そけで多くの方の笑顔や幸せを一緒にシェアしたいなと思います。

その為にも、もっともっとお茶を知り、お茶を伝えて行かなければいけないと思っております。これからもっともっと中国茶を勉強して、もっともっと中国茶を伝えられよう頑張りたいと思っています。

詳細情報

2010年9月 5日 (12:58) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶テイスティング

学び学びの一日











本日朝8時半に新時代ホテルに着きまして、色々と準備をしていました。そして9時から、正銘コンサルティングの調査のセミナーを行いました。セミナーの内容は中国のマーケットはどのように進出するかという事をメインにお話されていました。

その中で中国での難しい点やなかなか解りにくい部分などをきちんとお話しされていました。非常に分り易い制度の高いセミナだと思います。その後移動をしまして、本日のメインイベントとなる試食をしました。

この試食会では日本からいらっしゃたお客様の商品の試食をしました。今回合計8社の方がプレゼンをしながら、試食を進めました。初めての試みでしたので、私自身学ぶ事も多かったです。プレゼンの方法やどのように進めていくかなど、お手伝いさせて頂きながら、見させて頂きましたが色々と参考になりました。

その後、バイヤーの方達とのビジネス交流会ではもう少し落とし込んだ内容や、現状はどんな感じですか?など色々な話がありました。そこでお煎餅を取り扱われる会社の通訳としてお話をさせて頂いたのてすが、凄く面白い内容の話でした。

もっともっと良い物を供給して行く必要性があるんだなと深く実感しました。凄く可能性のあるマーケットだなと思います。そして百貨店の方達との商談会を終えて、その後今回会場として使わせて頂いた火間土さんの社長野村さんにお話を聞かせて頂きました。

野村さんは今まで、色々な業務を行いましたので、経験が凄くあります。中国では知識よりも経験が大切ではないかなと日頃感じていますが、お話を聞いていて、素晴らしい話でした。

そして開場を移しまして、落語の会の開場に 行きました。そして4時から落語が始まりまして、非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。落語というのは、聞いたのは2回目なのですが、凄く楽しくて、簡単に言いますと、知的好奇心がくすぐられる と感じています。これも一つの教養だと思います。

この教養を高めれば高める程、人としてするべき事だと思います。これからはこのような勉強も時間を作ってしたいと思います。そして落語をたっぷリ楽しませて頂き、その後で皆様と一緒に食事をさせて頂きました。

今回テーブルが三卓ありまして、30名以上の方が食事懇談会に参加していました。その場でもお酒を飲みながら色々なお話をさせて頂き、多くの気付きがありました。その後、皆さんと次に行こうという話になりまして、私も参加させて頂きました。

近くにある万歳屋さんのイタリアンを食べに行きました。非常にセンスの良いワインを楽しみながら、色々なお話をさせて頂き、席は白川先生とすぐ近くでしたので、色々な極意を学びました。白川先生とお話させて頂いた、時間は私にとって非常に掛け替えのないものになりました。

すごくなる為に何をするかや、何を決めて頑張るのかっていうのを教えて頂きました。これからもっともっときちんと見据えて頑張っていきたいと思います。

詳細情報

2010年9月 4日 (12:55) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

深圳で多くを学ぶ







午前中BAFの中尾さんがいらっしゃいました。そして私たちが新しく販売する商品の撮影取り をお願いしております。つい先日お話をさせて頂き、非常に多くの学ぶ事がありましたので、今回商品のデザインと一式をBAFの中尾さんにお願いました。

豊富な経験を持っていられますので私も非常に安心してお願いできます。その撮影取りが十時から始まって約十二時過ぎぐらいまで行いました。そしてその後 午後からお昼ごはんを食べてすぐに深圳に向かいました。本日は三時に白川先生と約束しています。

そして三時白川先生とお話をさせて頂きました。今回は中国市場で働いている日本人と言う取材もして頂きました。その中で素晴らしいアドバイスも何点か頂きました。これは私にとって大切なものです。これからの方向性やしなければならないことと言うのが凄く見えてきました。

その後、深圳和僑会の熨斗さんがいらっしゃり、一緒にお話をさせて頂きました。その後深圳のスターバックスに行き、wifiを利用して、ホームページを作っていました。先ほど白川先生から頂いたアドバイスをもとに自分の方向性やウィッシュなどをきちんとばぁーと書きました。

これからどんどん作っていきたいと思います。そしてスターバックスで仕事をしながら自分の名刺やこれからのホームーページなどをすべて作りました。明日は深圳和僑会のイベントがありますので頑張って行いたいと思います。

詳細情報

2010年9月 3日 (12:50) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

茶芸表演会準備





今日は午前中からブログの整理をしていました。現在ブログは文字起こしの形で作って頂いているのですが、まだスタッフが慣れないため少しいタイムラグが出てしまっています。ただほどんどのブログが完成しつつありますので、これからはだいぶタイムラグも少なくなると思います。

そしてその後 会社の倉庫を整理しました。今月茶芸表演会を行いたいと思っています。その表演会を準備するためにも、まず各場所をきちんと整理していこうと考えています。

そのあと、先日深まで一緒に行かれた方がご来店して頂きいろいろの話をさせて頂きました。そして茶器を見て頂き、色々な茶器の話もさせて頂きました。そして夕方キッズサッカーがありまして、今日は夕方五時ぐらいからすごい雨が降ったためグランド使用できませんでした。

中信の上で筋トレをしました。小さい部屋だっだんですが。一時間半ぐらい筋トレするとみんなぐったりするほど疲れていまた。筋トレも基礎体力の一つだと思いますので、非常に大切なことだと思います。これからは雨が降った場合そのような方法もあるんだなと思いました

詳細情報

2010年9月 2日 (12:43) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

ブログは文字起こし





午前中はブログを整理していました。私はブログの文章は書いていません。全てボイスレコーダーで録音しています。それをスタッフに文字起こしをしてもらっています。

このようにすることによりスタッフの日本語能力も引き上げられますし、彼女達のタイピング 速度なども上げることができます。そうすることにより、日本語を打ったり、聞いたり、後は書いたりする機会が増えれば増えるほど、日本語能力は上がって行くと思います。

スタッフに全部ての文字起こしをしてもらっています。その起こしたものを整理して、ブログに出していきますので、少しタイムラグがあります。このタイムラグをこれから少しずつ埋めていかなければならないと思っています。

そして、お昼に韓国のお客様がいらっしゃいました。最初スタッフがお茶を淹れながら、紹介をしていたのですが、後になって私もその方と一緒にお話をしていました。最初はずっと中国語で話をしていました。当然私は韓国語を話せませんので、共通語には英語の選択肢もなく、中国語しかなく中国語で話していたのですが、途中から、その韓国方が日本語を話されてしかもかなり上手でびっくりしました!

小学校の時に 二年間日本語を勉強していたそうです。何十年も経っているのに上手でした。プーアル茶がすごく好きということでプーアル茶を購入して頂き、他にも祁門紅茶の最高級の茶葉を購入して頂きました。

その後すごく良くして頂いているお客様がいらっしゃり茶葉を予約されました。十月に日本に戻る時に、欲しい茶葉をリストアップされて、今回予約をして頂きました。予約して頂いた茶葉のほとんどは太平猴魁と言う茶葉になります。このお茶は私も非常に好きなお茶でです。

次回の大高勇気中国茶塾・世界では一番目の茶葉が太平猴魁になります。そしてその後中国の成年と少し話をしていました。いつもというか 大部分の中国の方が、今ほとんど頑張れなくなっています。

頑張れない理由は環境が良すぎたというのとご両親がなかなか手を離せないというのが現状ではないかなと思います。ただこのような方達が社会に入り非常に苦労されています。今日その方もそうでしたがそれほど対したことないことでもすごいことに感じてしまう。

僕個人的には可愛そうなだと思います。私は結構忍耐力の強いほうだと思います。忍耐力というのは若い時に鍛えなければ、大人になってからでは鍛えられるかと言うとかなり厳しいと思います。その為、教育では忍耐力を鍛えることも非常に大切な事だと正直思います。

そして 夕ですね。お客様がいっらしゃり先日 いらっしゃった社長さんの広州の代表の方です。前回この方もドリプラに参加されていまして すごく感動したというお話をして頂きました。非常に有難いお話だと思います。

そして何か出来ることがないですか?というお話を頂き、私も今悩んでいることと新しい物を作っているのですが、その話をさせて頂きました。そうすると是非一緒にという話になりまして、私も非常に感動しました!

すごく自分が悩んでいた。パッケージなのですがそのパッケージのデザインしてあげるよと言って頂き、すごく嬉しかったです。感謝の気持ちでいっぱいです。今まで あまり外の人とコラボみたい形でしたことがないので実際にどのようなすれば良いかもあまり解っていません。

どちらかというと単独解決タイプなので、社内の中で成るべく解決しようとするのですが、このような形で仕事がすんなりする事は今まで初めてです。正直私もどのようになったら良いのかわかりませんでしたが、本日すごく良い形で 見出せたと思います。

これからもっともっと多くの方達と一緒に何か出来ないかなと考えています。これからも是非多くの方達と力を合わせてもっともっと良い方向に行く事をしなければならないと感じております。

詳細情報

2010年9月 1日 (12:41) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

このページの先頭へ