プレゼン能力





本日朝礼の場で、本日夜CLのお茶会がありますが。そこで発表する毎月の一言と言うものがあるのですが、そのルールを変えました。今回からプレゼン形式で行うという話をしました。これから人の上に立つ人間はやはりお話が出来なければいけないと私は言っています。必ずしもそうではありませんが、私はできればこの面を鍛えて頂きたいなと思っています。そのため形式を変更しました。

そして今IT部の中にデザイナーがいるのですが、今日非常に良いデザインを作りまして感動しました。今まで彼女とは私が欲しいデザインがなかなかできなく二人とももどかしいような感じだっだのですが、初めて「あぁこれだ!」というのが出来ました。

その後中国のお客様がいらっしゃり、貴州で私達のお茶や茶器を販売したいという代理店さんがいらっしゃいました。以前から少し知っている会社だっだのですが、規模が大きく、抱えている社員数も非常に大きな会社です。ただ私達の理念と少しいずれているかなと個人的には思います。

来年の中国茶の旅は貴州に行く予定を立てているのですが、その時に行ければ一度お話しをしに行こうかなと思いました。そして午後中国語講師の会議を開きまして、現状の報告とこれからどのようにして品質や提供できる価値を多くするかという会議を開きました。私達の中国語講座は現段階で広州で一番安い講座になっていると思います。

これは私達が今まで何のノウハウもなかったからです。中国語のポイントを理解しながら授業をさせて頂いていました。今後は中国語の授業料を30元から50元に変更させて頂きます。これは私達が培ってきたノウハウと、どうすれば中国語をより早く勉強学んで頂けるかという事を練りに練ってきました。

その形を作ることが出来ましたので、来月末から価額の変更を行います。これは私達がそれだけの価値が提供できると自負しております。何でもそうですが結果がすべてだと思います。私も講師にずっと生徒さんが話せないということは講師に問題があると言って来ています。

やはりそれぐらいのプロ意識を持って頂きたいなと思います。その中で、今までして来ている事を形にしてお客様に見て頂くことというのを重要視して行きたいと思っています。

簡単に例えると学校に行って学期末に成績表をもらうのと同じです。そいうイメージで考えています。自分の中国語能力であったり、どの発音があっていってどの発音が間違っているというのを理解して頂くことによってより早く勉強して頂けると思っています。

どんな時でも己を知るという事が大事だと心得ています。そのためにもこれからきちんと考えていきたいと思います。そして夜はお茶会でCLの表彰会を開きました。詳細は老師のブログでお伝えしたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  祁門紅茶のテイスティング


大高勇気中国茶塾世界販売開始  次の記事へ →

詳細情報

2010年9月 6日 (13:08) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/796

コメントする




このページの先頭へ