18歳のプレゼン





本日は午前中、プレゼン資料を作っていました。そして、世界の資料を最終確認しまして、バランスや写真の位置、大きさ、後は写真を選んだりしていました。そして、本日夜にCLの勉強会を行いましたが、この勉強会で茶芸部のスタッフが今回三か月働いて、学校に戻るのですが、最後に良い機会なのでプレゼンをしましょうという話をしました。そして、彼女が資料を作ってきて、本日の夜、プレゼンをしました。

その内容は彼女がここに来て、どのようなことを学んだか、どのようなことを知ったかという事を話していました。初めてのプレゼンにしては、すごく良いものになっていたと思います。友達になった同僚との別れや楽しさを思い出し涙を流しながらの感動のプレゼンになりました。


その後、私が少し話をしましたが、物の見方、後は分析の仕方という方法を話しました。物事の核となる部分をパッと見れるのは、一つの能力だと思います。ただその能力が低いと、何回も話したり、何回も理解をしなければならないので、出来るだけ、速く理解をしましょうという話をしました。このような勉強会を定期的に開いていて、彼女達の考え方や物事の見方というのは少しずつ変わってきたと思います。今後もっともっと成長して頂きたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  プレゼンの方向性


新しい棚設置  次の記事へ →

詳細情報

2010年10月12日 (13:58) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/881

コメントする




このページの先頭へ