時間管理能力引き上げ





本日朝社内でブログの整理と財務関係をしていました。この財務関係は今私が行っていますが、来年はスタッフにさせようと思っています。これも違う意味で勉強ではないかと思います。そして午前中、現在のホテルの教室518と519のカーテンを設置しました。せっかくオーダしましたので、なるべく速く取り付けたかったのですが、昨日はどうしても時間がなくて、今日午前中に終わらす事ができました。カーテンを付けて見ての感想は凄く良くなったと思います。ここまで良いとは思っていなかったので、逆にびっくりしております。ぜひ授業をされている方はご覧下さい。

そして午後お客様がいらっしゃり、中国茶をほとんど接した事の無い方でしたので、簡単な所からきちんと中国茶を話させて頂きました。やはり中国茶をきちんと話すという事は私達にとって使命だと思います。きちんとした理解をして頂ける方が増えば増えるほど中国茶は良くなっていきます。その為私達はできる事を、しなければならない事を、きちんと考えて整理をして、お客様がいらっしゃた時にお話をする。

そのお客様達と白豪銀針と紅芯鉄観音、ジャスミン茶、プーアル茶などをテイスティングしました。中国茶の事を少しでも多く理解して頂きたいという気持ちで色々なお茶を淹れさせて頂きました。そして夕方前にいつも弊社のお茶を飲んだ頂いているお客様がいらっしゃいました。本日初めてお伺いしたのですが、紫砂壷で毎日毎朝お茶を飲まれているそうです。私もほぼ毎日飲むように心掛けていますが、朝バタバタしていて飲めない日もございます。(^^;)お客様は毎日飲まれているおっしゃっていまして、私も見習わなければならないと思います。

きちんとした時間管理も能力の一つだと思います。そしてその時間の中で中国茶を楽しむ事は凄く素敵な時間に成ると仰て頂きました。 私もこれからきちんと中国茶を淹れたいと思います。そしてその方と今年できた最高級の雲南紅茶を一緒にテイスティングしました。こちらは有機栽培の工場で作られた雲南紅茶に成りまして、価格は他の物よりも高くなってしまいます。しかし品質は雲南省で見ても最高級に位置すると確信しております。この雲南紅茶の柔らかい味わいや香りをきちんと楽しめて非常によかったと思います。

これからこのような最高級の茶葉を少しずつ皆様にお伝えして行きたいと思います。その後祁門紅茶も飲みました。祁門紅茶も今年最高級の物を飲んだのですが、祁門紅茶の方がほんのりと甘い感じが強いです。これが祁門紅茶の特徴でもあり、魅力でもあると思います。このようなお茶を楽しむ事、色々なお茶を飲みながら、楽しんで頂く事が中国茶にとって、凄く良い事になっていくと思います。ぜひ、忙しい毎日ですが、心を落ち着けてお茶を飲める時間。こういう時間を大切にして頂きたいと思います。

その後お客様がいらっしゃり、二つのお茶を淹れながらお話をさせて頂きましたが、以前は殆ど話せなかったのですが、今はきちんと二組のお客様と同時にお話をさせて頂けるように成りました。これも日頃から鍛えている整理能力であったり、表現方法であったり、こういう物を少しずつ自分の中で鍛えています。自分で意識して鍛えるという事が非常に重要だと思います。これからもっともっときちんとお茶を淹れられるように頑張りたいと思います。夜は来年の計画を作っていました。そろそろ社員に来年を見せてきちんとした足取りで動いて行きたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  仕事のスケジューリング


大高勇気中国茶塾・世界プレゼント  次の記事へ →

詳細情報

2010年10月 9日 (13:46) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/878

コメントする




このページの先頭へ