プレゼンの方向性





本日朝礼にて目標を立てる必要性を話しました。これは今まで色々な形でスタッフに伝えてきていきますが、どのような目標を具体的に立てるかという事を話しています。目標がなければしていることがより早くなったり、スムーズにいったりということはあり得ないと私自身思っています。その為、きちんとした明確な目標を立てて、それを毎日こなす事が大切だという話をしています。

そして、午前中面接の人材がいらっしゃいました、日本語がまずまずでしたが、中国語の母国語は少し直せないのではないかというレベルでした。弊社では中国語をきちんと見ています、広東訛りというのは広東人の方ですと仕方がない事なのですが、広東訛りのスタッフは採用しておりません。中国語を勉強するという事は皆様がきちんとした中国語を学びたいと思います。その為、私達も採用の時点で篩分けをしております。

お客様がいらっしゃり、お茶を飲みながらお話をしていました。今日は黄金桂を淹れていました。この黄金桂は非常に香りがよくて、金木犀のような香りがしっかりとします。これは良い茶葉の証拠だと思います。そして、午後に上司の会議を開きました。私が今目標としている事はお店で如何にお客様に分り易く中国茶を紹介するかという事が私が今考えている事です。現状を把握して頂き、具体的に見て頂く事、これを常に考えて来ています。今回は日本でも流行っているiPadを使用して、お客様に写真であったり、映像などによってより中国茶がリアルに分かるような物をクリエイトしようと考えています。簡単に言えばプレゼンです。

その目標をスタッフに伝え、これからスタッフ達がどのように目標を設定して資料を上げられるかというのを話しています。全てはチームワークが非常に重要だと思います。チームワークがなければ、他の部門の仕事は全く捗る事がありませんが、それをきちんと行う事によって私達がどのような方法でどのような目的を持って進んでいるかというのは分かると思います。

その為にも目標や目的、後はどのように進んで行くかというのを成るべく具体化した状態というのを作り出せようにしています。この中国茶をもっともっと分り易い形で多くの方に伝える為にはどうすればいいのかというのを前提に色々な事に取り組んでおります。夜は、エニーさんと一緒に食事に行きました。今日湖南省から戻って来ました。今回湖南省でも色々な動きがあったようです。今後形になりましたら伝えていきたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  大高勇気中国茶塾・世界プレゼント


18歳のプレゼン  次の記事へ →

詳細情報

2010年10月11日 (13:55) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/880

コメントする




このページの先頭へ